「日常を、ビッグナンバーで歌う」、 『東京ラブストーリー』、柿澤勇人(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「日常を、ビッグナンバーで歌う」、 『東京ラブストーリー』、柿澤勇人(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年10月20日

【お詫び】11/5追記 プレゼント内容を、「写真1カットと色紙」とご案内しておりましたが、正しくは「サイン入りチェキ」です。心よりお詫び申し上げます。

ミュージカル『東京ラブストーリー』が、2022年11月27日(日)から12月18日(日)まで東京建物Brillia HALLで、12月23日(金)からと12月25日(日)までに大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで、2023年1月14日(土)に愛知・刈谷市総合文化センターアイリス 大ホールで、1月21日(土)と1月22日(日)に広島・JMSアステールプラザ大ホールで上演されます。

『東京ラブストーリー』の原作は、1988年に柴門ふみさんが発表した漫画で、1991年にはフジテレビがテレビドラマ化し、「月曜の9時には渋谷から人がいなくなる」と言われるほどの社会現象を巻き起こしました。ミュージカル版では、作品設定を2018年に置き換え、空キャスト(柿澤勇人、笹本玲奈、廣瀬友祐、夢咲ねねのみなさん)と、海キャスト(濱田龍臣、唯月ふうか、増子敦貴、熊谷彩春のみなさん)のチーム別ダブルキャストで上演されます。アイデアニュースでは、永尾完治を演じる柿澤勇人さんにインタビューしました。

「上」では、ワークショップのこと、曲調のこと、この作品をミュージカルとして表現することの難しさ、『デスノート THE MUSICAL』の時のことなどについて伺った内容を紹介します。「下」では、赤名リカというキャラクターのこと、ミュージカルにおける歌と芝居のことについて思うこと、『メリー・ポピンズ』で経験されたこと、廣瀬友祐さんとの久しぶりの共演への想いや、ジェイソン・ハウランドさんの音楽の魅力のこと、どのような作品になりそうかということ、柿澤さんご自身の見どころなどについて伺った内容を紹介します。

柿澤勇人さん=撮影・岩村美佳
柿澤勇人さん=撮影・岩村美佳

ーーワークショップが行われたと伺いましたが、どのようなことをされましたか?

ブロックごとにセリフも入れながらやりましたし、特に音楽の精査をしていきました。役者によって声も違うので、ここはカットするのかとか、キーや音符を変えようとか、そういうことをざっくりと、時に細かくもやって全幕通したという感じです。

ーー以前初演から出演された『デスノート THE MUSICAL』でも、同じようなプロセスがありましたか?

デスノートのときは、キーを現場で変えることはありましたが、上がってきたものをとにかく一生懸命やるという感じでした。稽古が始まるこれほど前に、こういうことをやるのは初めてですが、ブロードウェイなどでは結構当たり前なことで、5年、10年かけてブラッシュアップして、ようやく舞台に立てるという感じなんです。今回、8月頭にワークショップを行えたのは、有意義なことだったと思います。日本ではそういう時間がありませんから、なかなか同じようにはできないんですよね。

ーー本稽古に入る前に、一歩進んだ感じがありますか?

そうですね。演出家にとっても、全体を見れる場となるので、「ここはセリフを変えなきゃ、カットしなきゃ」ということがあるのでしょう。

ーー台本や楽曲の感想はいかがですか?

とにかく、曲の数が多いです。30曲以上あるんじゃないかな。キャッチーで、1回聞けばだいたい覚えられるような大曲が多いイメージです。

ーー曲調やリズムは、現代的ですか?

ポップスですね。

ーーでは、歌い上げるというよりは……?

いえ、歌い上げる曲もあります。ジェイソン(・ハウランド)さんは、やはりブロードウェイの作曲家ですし、「最後は歌い上げる」みたいな曲が多いです。シーンによってはいいのですが、僕自身は日本人ですし、完治という役も感情表現が下手な人物なので、歌い上げて、音が高ければいいというものではなさそうだと感じています。稽古しながらジェイソンさんに相談したいです。

ーー『東京ラブストーリー』は、2021年にリメイクされたドラマもありますが、1991年のドラマのイメージが強い方も多いと思います。今回は漫画を原作に2018年設定で描かれる『東京ラブストーリー』とのことですが、何がどう変わるのでしょうか。今の価値観に、どうハマるのかというところを、お聞きしたいです。 

『東京ラブストーリー』の1991年ドラマ版には、「当時携帯があれば、すれ違わなかったのに」という部分がありましたが、設定を現代にしたことで、物理的なすれ違いというよりは、本当に心の中のすれ違いになったといいますか。「携帯があったらできるじゃん」みたいなところは基本的にないです。誰のベクトルがどこに向いているのかがとてもシンプルになっていて、現代に置き換えても違和感はないんじゃないかと思っています。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、「上」では、この作品をミュージカルとして表現することの難しさ、『デスノート THE MUSICAL』の時のことについて伺った内容など、インタビュー前半の全文と写真を掲載しています。21日掲載予定のインタビュー「下」では、赤名リカというキャラクターのこと、ミュージカルにおける歌と芝居のことについて思うこと、『メリー・ポピンズ』で経験されたこと、廣瀬友祐さんとの久しぶりの共演への想いや、ジェイソン・ハウランドさんの音楽の魅力のこと、どのような作品になりそうかということ、柿澤さんご自身の見どころなど、インタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■全てを歌い上げるとコンサートになってしまう。感情を表現するシーンが難しい

■『デスノート』の時も、「それは違う」となったところは歌詞を変えたりしていた

■全部をミュージカルでやろうとするとしんどい作品。そこを突き抜けて飛び越えたい

■リカに出会うことで、少し大人になっていく完治。その過程を丁寧にやっていく

<ミュージカル『東京ラブストーリー』>
【東京公演】2022年11月27日(日)〜12月18日(日) 東京建物Brillia HALL
【大阪公演】2022年12月23日(金)~25日(日) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
【愛知公演】2023年1月14日(土) 刈谷市総合文化センターアイリス 大ホール
【広島公演】2023年1月21日(土)~22日(日) JMSアステールプラザ大ホール
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/love2022/

『東京ラブストーリー』 関連記事:

⇒すべて見る

柿澤勇人 関連記事:

⇒すべて見る

※柿澤勇人さんのサイン入りチェキを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは11月20日(日)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

柿澤勇人さん=撮影・岩村美佳
柿澤勇人さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. Yun より:

    音楽がどんな仕上がりになるのか、むちゃくちや楽しみになりました。
    カッキーがこの作品に向き合う強い思いが伝わってくる記事で嬉しくなりました。
    それにしても岩村さん撮影の1枚目のお写真の
    満面の笑顔、見てる私も笑顔になれます(笑)
    どんなふうに撮影されたのか気になります。

  2. ずっち〜な♡ より:

    柿澤さんの優しい表情と丁寧なインタビュー記事ありがとうございます。
    「東京ラブストーリーのミュージカル?
    ドラマが あまりにも有名過ぎるので
    ミュージカルって どうなの?」と正直 最初は思っていました。ごめんなさい。こうやって お話を伺って皆様方の
    思いが伝わり内気で不器用だけど誠実な
    カンチを柿澤さんが どのように表現してくださるのか今は とても楽しみでチケット取りました。ミュージカルならではの東京ラブストーリーの開幕が待ち遠しいです♡無事に幕が上がりますよう心より お祈り申し上げます。

最近の記事

■ 2022年11月掲載分
■ 2022年10月掲載分
■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.