「新しい柿澤が見られると思います」、『スクールオブロック』柿澤勇人(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「新しい柿澤が見られると思います」、『スクールオブロック』柿澤勇人(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2023年8月26日

ミュージカル『スクールオブロック』が、2023年8月17日(木)から9月18日(月祝)まで東京建物Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)で、9月23日(土祝)から10月1日(日)まで新歌舞伎座で上演されます。売れないロッカーが名門進学校の臨時教師になりすまし、生徒たちにバンドを組ませるコメディ映画として2003年に同名映画が公開され、2015年にはアンドリュー・ロイド=ウェバーのプロデュース・音楽によってブロードウェイでミュージカル化されました。新型コロナウイルス感染拡大によって全公演中止となった2020年から3年の時を経ての日本初上演です。

主人公のデューイ・フィンを演じている柿澤勇人さん(西川貴教さんとダブルキャスト)のインタビュー、後編です。バンドメンバー役の2チーム制の子供たちについて、演出の鴻上尚史さんについて、『ジキル&ハイド』で感じたことと『スクールオブロック』に挑む中で感じることの違いなどについて伺ったお話を紹介します。

柿澤勇人さん=撮影・岩村美佳
柿澤勇人さん=撮影・岩村美佳

(※このインタビューは8月上旬に実施しました)

――バンドメンバーである生徒役の子供たちは、<チーム・コード>と<チーム・ビート>の2チーム制ですが、どんな違いがありますか?

全然違いますね。

――両チームの推しどころを伺いたいです。

どっちがどっちとは言わないですが(笑)、片方のチームは何があっても、例えば自分も含めて誰かの台詞が飛ぼうが、物語を完走出来ると思うんです。そういうことが何故か理解できているチームだと思います。

もう一方はまったく分かっていないチーム。劇場に入ったらパニクるだろうなと(笑)。怪我とかが怖いですよね。そこはとても不安です。だからといって不安な方のチームは、全部が全部不安なのかと言うと、そうではなくて、とある瞬間にものすごく光ったりするんです。それも彼らは無意識なんだと思います。

本当に生徒たち各々、僕と西川さんでも同じだろうけど、各々弱点があって、強みもあって、というのはあります。まったく違いますよね。

――面白いですね。特に日本では複数キャストが多いので、観る方は違いが面白かったりしますが、チームだとその違いが大きそうです。

正直なところ固定して欲しかった(笑)。今はコロナもあって、ダブルキャストなどのシャッフルにも対応していかなければと思います。覚悟して臨まないといけないですね。

――演出の鴻上(尚史)さんとご一緒されるのは、『ハルシオン・デイズ2020』以来2回目ですが、いかがでしょうか?

本当にリスペクトしています。普段は芝居で生き残ってきた大人たちを相手にダメ出ししてやっていくのが常ですが、子供たちを相手に毎日毎日、昨日言ったことを今日もまた言わなきゃいけないとか(笑)。

本当は僕ら大人たちがそういうところに助け舟を出せるといいんですが、みんな各々やるべきことでいっぱいいっぱい(苦笑)。鴻上さんはそれも分かっていて、僕らに負担がないように、役に集中できるように稽古をしてくれている。心から尊敬します。

――全員で24人というと、学校ひとクラスみたいな人数ですよね。その子供たちひとりひとりに指導をしつつ、大人の役者たちも、ということですね。

そうですね。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、『ジキル&ハイド』で感じたことと『スクールオブロック』に挑む中で感じることの違いなどについて伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■『ジキル&ハイド』でひとつ燃え尽きました。でも、もうひと踏ん張りしなきゃ

■『ジキル&ハイド』はたぶん合っていた。今回は自分の役者人生の中でもかなり難しい

■理解してもらえず悩んでいたことも、十何年も積み重なると、「見とけよ」と

■デューイが真正面から作品と向き合う疲弊具合と、子供たちのエネルギーを楽しんで

<ミュージカル『スクールオブロック』>
【東京公演】2023年8月17日(木)~9月18日(月・祝) 東京建物Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)
【大阪公演】2023年9月23日(土・祝)~10月1日(日) 新歌舞伎座
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/sor2023/

柿澤勇人 関連記事:

⇒すべて見る

スクールオブロック 関連記事:

⇒すべて見る

ハルシオン・デイズ2020 関連記事:

⇒すべて見る

ジキル&ハイド 関連記事:

⇒すべて見る

※柿澤勇人さんのサイン入りチェキを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは9月25日(月)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

柿澤勇人さん=撮影・岩村美佳
柿澤勇人さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. momo より:

    実朝役で柿澤さんを知り、完治ジキハイそして今回のデューイと、全く違うイメージの柿澤さんを見られて嬉しいのですが、インタビューを読んで大変な思いをしながら挑んでいるだと知りました。物凄い汗をかきながら、子供たちと全力でお芝居している東京公演を観て、また観たいと思いました。
    素敵なインタビュー&写真、ありがとうございました。

  2. ゆず より:

    ジキル&ハイドは柿澤さんにぴったりのハマリ役でしたが、今回のデューイは想像を軽く超えてハマっていたし、柿澤さんのお芝居が大好きだと改めて思いました。
    毎公演その時の感情で動作や出てくる言葉も違ったりするので、何度も見ても飽きずに楽しめるのでチケットをさらに増やしたくなりました。
    素敵なお写真とインタビュー記事をありがとうございました。

最近の記事

■ 2024年4月掲載分
■ 2024年3月掲載分
■ 2024年2月掲載分
■ 2024年1月掲載分
■ 2023年12月掲載分
■ 2023年11月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.