「マチルダに圧倒され、セリフを忘れた」、 ミュージカル『マチルダ』小野田龍之介・昆夏美(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「マチルダに圧倒され、セリフを忘れた」、 ミュージカル『マチルダ』小野田龍之介・昆夏美(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2023年3月22日

2023年3月22日(水)から3月24日(金)までのプレビュー公演と、3月25日(土)から5月6日(土)までの東京公演は東急シアターオーブで、5月28日(日)から6月4日(日)までの大阪公演は梅田芸術劇場メインホールで、ミュージカル『マチルダ』が上演されます。海外クリエイティブスタッフによる厳しいオーディションを経た、日本オリジナルキャストによる日本初演です。

本作は、英国ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーが2010年に製作し、2013年にはブロードウェイへ。英演劇賞ローレンス・オリヴィエ賞において、ミュージカルとしては過去最多の7部門受賞し、米演劇賞トニー賞では5部門を受賞しました。ウエストエンド、ブロードウェイの他、オーストラリア、韓国でも上演され、全世界で1100万人以上を動員し、100もの国際的な演劇賞に輝いています。原作は、映画「チャーリーとチョコレート工場」でも有名な英国の国民作家ロアルド・ダール著「マチルダは小さな大天才」。口ずさみたくなる音楽、ポップで印象的な美術、普遍的ながらもするどい脚本、そして彩り豊かなキャラクター達は世界中で熱狂的に愛されています。

アイデアニュースでは、ミス・トランチブルを演じる小野田龍之介さん(大貫勇輔さん、木村達成さんとトリプルキャスト)と、ミス・ハニーを演じる昆夏美さん(咲妃みゆさんとダブルキャスト)にインタビューしました。インタビューは上下に分けてお届けします。「上」では、稽古のこと、ミス・トランチブルとミス・ハニーのこと、それぞれの役の内面のことなどについて伺った内容を紹介します。「下」では、「体育」のシーンのこと、ミス・トランチブルの内面について考えていること、この作品では大人役の方が子供であるというお話、音楽的な見どころなどについて伺った内容と、お客様へのメッセージを紹介します。

小野田龍之介さん(左)と昆夏美さん=撮影・NORI
小野田龍之介さん(左)と昆夏美さん=撮影・NORI

(2月中旬にインタビューしました)

――稽古が始まって3週間ぐらい経ったと伺いましたが、稽古場はどんな感じですか?

昆:スピーディーです。これに尽きますね。どの役も一通りミザンスをいただいて、大人キャストとマチルダたち子供キャストが別々に稽古しているのですが、ここからはそれをフィックスしていく時間が増えるのかなという感じです。

――『マチルダ』の世界が一通り明らかになった今、作品の印象はいかがですか?

昆:ハニーは、特にマチルダに影響を受けて進んでいく物語だと言われています。ハニーの成長の物語なんだなということは、韓国で観た時も思ったんですが、ディレクションを受けた中で、改めてそういう印象が強いです。まだ、マチルダちゃんたちとあまり一緒にやれていないんですが、先日、とある重要なシーンをやったんです。マチルダちゃんたちの目がすごくて、圧倒されてしまって、セリフを忘れました(笑)。

――経験豊富な昆さんがですか!?

昆:本当にパワーというか、瞬発力が4人とも全員違って、歩み方もそれぞれなんです。もっとマチルダと一緒にお稽古をやって、深めたいと思っている段階です。

小野田:まだ子供たちと合わせてはいないのですが、本当にマチルダ役の子たちが、いい目をしているんですよ。特にトランチブルというのはひとりでいて、ひとりでハニーや生徒たちに何かを言ったりというシーンばかりなので、今のところの稽古だと本当に「ただの情緒不安定な小野田が徘徊してる」みたいな稽古なんですが(笑)。

たまにマチルダ役の子たちが入ってきたりした時に、この子たちがマチルダに選ばれた意味が、すごくひしひしと伝わってきます。今はマスクをしながら稽古をしていて、目元だけなのですが。普段はすごく元気なはっちゃけた少女たちなんですが、マチルダの言葉を語っている時などは、本当に目力がすごくて。今まで出会ったことのない異質の子供に、トランチブルなどは影響されてどんどんおかしくなっていくので、それを楽しんでいきたいと毎回思います。

トランチブル以外の、ハニーとマチルダのシーンなどは、結構静かな時間が多めですが、曲がそれに反して激しいので、そのアップダウンがお客様を惹きつけるんだなというのは、やりながら感じています。

――おふたりはご一緒に稽古をされていますか?

小野田:やっています。

――よく知っている間柄として、お互いにいかがですか?

小野田:昆さんはもう素晴らしいですから。僕の次くらいに素晴らしいです。僕は素晴らしいんですけど(笑)。

昆:素晴らしいです。モンスターみたいです(笑)。

小野田:これまでいろんな形で共演させてもらってきましたが、ほとんどが割とずっと密に一緒にいたりする役だったので、こういう役は初めてですね。敵対する役は『マリー・アントワネット』くらい。『マリー・アントワネット』も結託しているつもりでやっていましたから。

昆:ハニーは、この方に影響されて育ってきてしまったがゆえの、今ですから。

小野田:何が言いたいんだよ(笑)。

昆:トランチブルさんの影響を過大に受けている……。

小野田:だからそれは普段の関係性と一緒かなと。僕は芸能生活20年ですが、昆ちゃんは、僕の影響を非常に受けて10年歩んでこられたので、その集大成がこの『マチルダ』に出ているんじゃないかなと。

昆:同い年ですが、もちろん芸歴は大大先輩で(笑)。

小野田:なんで笑ってんの。

昆:いつも「俺は先輩だ」とおっしゃっていますけど、同い年で、いろんな作品で、いろんな形で携わらせてもらえる役者さんは、私にとってはあまりいないので、今回はまたどんな関係性になるのか楽しみです。でも、トランチブルとのシーンでは、あまり交わらなくて。

<取材協力>
■小野田龍之介さん
ヘアメイク:エムドルフィン

■昆夏美さん
ヘアメイク:米尾太一
スタイリスト:下平純子

※アイデアニュース有料会員限定部分には、ミス・トランチブルとミス・ハニーのこと、それぞれの役の内面のことについて伺った内容などインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。23日掲載予定のインタビュー「下」では、「体育」のシーンのこと、ミス・トランチブルの内面について考えていること、この作品では大人役の方が子供であるというお話、音楽的な見どころについて伺った内容やお客様へのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■小野田:トランチブルとハニーの間の「異物的な空気感」を阿吽の呼吸で

■小野田:昆さんと咲妃さんだからこそ楽しめる、ハニーのやりとりだと思う

■小野田:なんで朝から、小野田の長い話をって(笑) 昆:本当にそう思う(笑)

■昆:トランチブルが閉めたハニーのドアを、マチルダが開けてくれる

<Daiwa House presents ミュージカル『マチルダ』>
【プレビュー公演】2023年3月22日(水)~3月24日(金) 東急シアターオーブ
【東京公演】2023年3月25日(土)~5月6日(土) 東急シアターオーブ
【大阪公演】2023年5月28日(日)~6月4日(日) 梅田芸術劇場メインホール
公式サイト
https://matilda2023.jp

ミュージカル『マチルダ』 関連記事:

⇒すべて見る

小野田龍之介 関連記事:

⇒すべて見る

昆夏美 関連記事:

⇒すべて見る

※小野田龍之介さんと昆夏美さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは4月22日(土)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

小野田龍之介さん(左)と昆夏美さん=撮影・NORI
小野田龍之介さん(左)と昆夏美さん=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近の記事

■ 2023年11月掲載分
■ 2023年10月掲載分
■ 2023年9月掲載分
■ 2023年8月掲載分
■ 2023年7月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.