「楽曲の豊かさが内面を」、ミュージカル『マチルダ』小野田龍之介・昆夏美(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「楽曲の豊かさが内面を」、ミュージカル『マチルダ』小野田龍之介・昆夏美(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2023年3月23日

ミュージカル『マチルダ』のプレビュー公演が、2023年3月22日(水)に開幕しました。本作は、3月24日(金)までのプレビュー公演を経て、3月25日(土)から5月6日(土)までの東京公演は東急シアターオーブで、5月28日(日)から6月4日(日)までの大阪公演は梅田芸術劇場メインホールで、上演されます。本作で、ミス・トランチブルを演じる小野田龍之介さん(大貫勇輔さん、木村達成さんとトリプルキャスト)と、ミス・ハニーを演じる昆夏美さん(咲妃みゆさんとダブルキャスト)のインタビュー後編です。「下」では、「体育」のシーンのこと、ミス・トランチブルの内面について考えていること、この作品では大人役の方が子供であるというお話、音楽的な見どころなどについて伺った内容と、お客様へのメッセージを紹介します。

小野田龍之介さん(左)と昆夏美さん=撮影・NORI
小野田龍之介さん(左)と昆夏美さん=撮影・NORI

――昆さんからご覧になって、ミス・トランチブルを演じている小野田さんの印象はいかがですか?

昆:切り裂くように入ってくる印象というか、そういう役なので。

小野田:ずっと無理してるんですよ。体に合ってない。

昆:体育というと、二幕でトランチブルが、子供たちにお仕置きというか…。

小野田:体育の授業をして、生徒たちを痛めつけるというかね。

昆:韓国で観た時も印象に残りましたし、すごく楽しみなんです。そのシーンのナンバーだけ稽古で飛ばされているから、まだ見たことがなくて。

小野田:長いんですよ。7分くらいあるから。

昆:それを見てもハニーは何もせずに「そこに座っていなさい」と言って、子供たちはトランチブルの体育の授業をやらされるんです。ハニーも、かつてそれをやらされていた人間だと思うんですが、「それを見ている」というシーンも非常に楽しみです。早く稽古しないかなと思っていますね。

小野田:なるべくやりたくない。

昆:いつも飛ばされちゃう。

――もう出来上がっているんですか?

小野田:はい。

昆:全部やったの?

小野田:やったよ。

昆:どう?

小野田:大変。やっているとそんなに長さは感じないんですが、その1曲の中で急にブルースっぽく歌ったり、思い切りわーっと歌ったり、いろんなバリエーションがあるんですよね。跳び箱も飛ぶし。その楽曲の豊かさが、トランチブル校長の情緒不安定な面を表していたり。

昆:なんであんなにトランチブルは情緒不安定なんだろう。「トランチブル先生。でも、誰もしゃべっていません」という台詞があるんです。子供たちが何もしゃべっていないのに、「静かに!」と言いだすんです。ハニーは驚いて「誰もしゃべっていません」と言ったんですが、そういうことがよくある人間で、ちょっとおかしい?

小野田:ちょっとおかしいよね。

昆:だから、演出補のジョーさんに、「『また始まった』という感じで言ってみて」と言われて。そういうちょっと不思議な、頭の中はどうなっているんだろうと脚本を読んだ私が思ってしまうくらい、不思議な言動や行動、感情を持っている人物なので、稽古を見ていても、どういう生活でそうなってしまったんだろうとか、トランチブルの人生の背景も気になり出すくらい不思議です。

他の方が個性豊かな中で、ハニーはどちらかというと普通。内面は渦巻いているけれど、外に出ているものは普通なんです。ジョーさんも一見「あの先生はいい先生だよね」という先生だという風におっしゃっていて。ずっと影があるのが漏れ出るとか、発言に出るということもないです。だから逆に難しかったりもするんですが。

<取材協力>
■小野田龍之介さん
ヘアメイク:エムドルフィン

■昆夏美さん
ヘアメイク:米尾太一
スタイリスト:下平純子

※アイデアニュース有料会員限定部分には、ミス・トランチブルの内面について考えていること、この作品では大人役の方が子供であるというお話、音楽的な見どころについて伺った内容やお客様へのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■小野田:トランチブルは、物語の中で一番子供。「自分」か「自分以外」しかいない

■昆:この作品では大人役のほうが子供。視覚と内面が逆になっているところも面白い

■昆:「Revolting Children」という歌が好き。手拍子などで一緒に楽しめる曲

■小野田:トランチブルはひとりで大騒ぎ。情けでもいいから、大笑いしてもらえたら

<Daiwa House presents ミュージカル『マチルダ』>
【プレビュー公演】2023年3月22日(水)~3月24日(金) 東急シアターオーブ
【東京公演】2023年3月25日(土)~5月6日(土) 東急シアターオーブ
【大阪公演】2023年5月28日(日)~6月4日(日) 梅田芸術劇場メインホール
公式サイト
https://matilda2023.jp

ミュージカル『マチルダ』 関連記事:

⇒すべて見る

小野田龍之介 関連記事:

⇒すべて見る

昆夏美 関連記事:

⇒すべて見る

※小野田龍之介さんと昆夏美さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは4月22日(土)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

小野田龍之介さん(左)と昆夏美さん=撮影・NORI
小野田龍之介さん(左)と昆夏美さん=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. まいまい より:

    お二人の息ぴったりのインタビュー、とても楽しく拝読しました。観劇して、トランチブルのあまりのハチャメチャぶりに「この人の頭の中はどうなってるの?」と思ったのですが、昆さんも同じことをおっしゃっていて面白かったです(笑)本当にどう生きてきたらああいう風になるのか、自分の身近には絶対にいてほしくない存在です(笑)
    小野田さんのトランチブルは何度見ても必ず笑ってしまうし、昆さんの傷を負いながらも優しいハニー先生には共感するところが多くて毎回癒されます。マチルダは奥深い作品ですね。

  2. みい より:

    稽古場での出来事や印象的なシーンなどから、小野田さんと昆ちゃんがトランチブル、ハニーのことをどのように解釈して演じているかを深く知ることができて、面白かったです!インタビュー下の、「この作品では大人役のほうが子供。視覚と内面が逆になっているところも面白い」の見出しで語られていることは、「マチルダ」の作品の核となる部分だと思うので、読んでいてとてもはっとさせられました。共演経験の多いお二人によるインタビューということもあり、作品の魅力はもちろんのこと、文面から賑やかで和気あいあいとした雰囲気が伝わってきて最後まで楽しく読むことができました。素敵な記事をありがとうございました!

  3. ゆん より:

    上、下とも興味深く拝読いたしました。特に、小野田さんの語るトランチブルの過去のトラウマについてなどなるほどと納得しました。あと、無料記事の「彼の頭の中は〜」という部分は「彼女の頭の中は〜」ではないでしょうか。(トランチブルは女性ですので)

最近の記事

■ 2024年7月掲載分
■ 2024年6月掲載分
■ 2024年5月掲載分
■ 2024年4月掲載分
■ 2024年3月掲載分
■ 2024年2月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.