「尊重しながら高めあう5人」、舞台『BACKBEAT』加藤和樹・上口耕平(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「尊重しながら高めあう5人」、舞台『BACKBEAT』加藤和樹・上口耕平(上)

筆者: 村岡侑紀 更新日: 2023年4月19日

2023年4月23日(日)に東京・江戸川区総合文化センター 大ホールでプレビュー公演が開催され、4月28日(金)から5月3日(水・祝)まで兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホールで、5月6日(土)から5月7日(日)まで熊本・市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)大ホールで、5月20日(土)と5月21日(日)に、大阪・枚方市総合文化芸術センター 関西医大 大ホールで、5月24日(水)から5月31日(水)まで東京・東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)で、舞台『BACKBEAT』が上演されます。2019年の初演時の“令和のビートルズ”のメンバーが再び集結します。アイデアニュースでは、ジョン・レノン役の加藤和樹さんと、ピート・ベスト役の上口耕平さんにインタビューしました。インタビューは上下に分けてお届けします。

「上」では、バンド合わせが始まった時の感覚、5人の関係性について、加藤さんの声がジョンの声に変わっていたというお話、上口さんがピートを演じながら感じていること、ジョンとピートはそれぞれお互いをどう見ているのかということなどについて伺った内容を紹介します。「下」では、ピートが去った時のジョンとしての気持ち、リヴァプールで実際に彼らの足跡を追った時の想い、初演時に印象に残ったシーン、この作品に出演したことで聴いた時の印象が変わった曲のことなどについて伺った内容と、お客様へのメッセージを紹介します。

加藤和樹さん(左)と上口耕平さん=撮影・NORI
加藤和樹さん(左)と上口耕平さん=撮影・NORI

ーーバンド合わせの感触はいかがですか?

加藤:制作発表もありましたが、リハーサルと人前で演奏するのとではやっぱりテンションも違いますし、「バンドっていいね!」という手応えをすごく感じました。

上口:全員がもう、同じベクトルで弾けるんです。その弾け方に、それこそ無言の信頼関係があるというか。制作発表の演奏で、久々にそれを感じることができました。リハーサルとは違っていて、人前に立った時の弾け方が本当に同じ方向なんですよ。「やっぱり、そうだよな!」と思いました。

加藤:こうやって、どんどんパワーアップしていきそうな気がしていますね。

ーー懐かしい感じが戻ってきた感じでしょうか?

二人:そうですね!

上口:ね、やっとなんかそれが戻ってきたという。

加藤:うん。

ーーみなさんでずっとやりとりを続けられていたというお話も、オフィシャル動画の中でされていましたよね。

加藤:我々のつながりは、ちょっと異常なくらい…(笑)。お互いが尊敬し、それぞれの活動にも注目している。ただ仲が良いというわけではなくて、いい意味での距離感があります。一人一人がアーティストであり、表現者であり、役者でありという中で、成長もしています。それを「すごいね」とただ褒め合うのではなく、それぞれを尊重しながら認め合っているというような関係性ですね。そこがビートルズっぽいなと。認め合いながら、高めあっていて。居心地がとても良い。

二人:(笑)

ーー上口さんは、いかがですか?

上口:初演から今回の再演までの間に、世界の状況が大きく変わり、常識にも変化がありました。その中で、各々の心の中に、うごめくものがあったと思うんです。そこを経ての今回なので、格別な深みといいますか、より一層、音楽に対する喜びであったり、みんなで音楽をかき鳴らす瞬間への感謝が大きくなって、舞台上で炸裂しそうな気がしています。お芝居の部分でのそれぞれの関係性の描写が、もっと濃くなりそうですし。お客様もやはり、ずっとライブや舞台に行けないような時期があったと思うんです。そういう時期をそれぞれに経て、この作品でお客様と僕たちとの喜びがマッチした時に、奇跡のような時間が生まれるんじゃないかなと思っています。

ーーライブという話も出ましたが、この作品では20曲以上が生演奏されますよね?

加藤:はい!もう、やばいですね。

上口:(笑)。

加藤:前回、ぶっ飛びました(笑)。なんだかんだいって、すごいことをやっていたんだなと。

上口:うん。

加藤:1日に2公演ある日は、最初の公演が終わってすぐにシャワーを浴びて、髪の毛を乾かして、次の公演に向けてまたリーゼントを作って…っていう。

上口:特にジョンは本当に舞台上で、命を削るよね。

加藤:そうだね。

上口:歌も、当時のジョン・レノンはシャウトしていて。その歌い方を、ずっとひとつの公演で、しかも毎日やるので普通の舞台とはもう、比べものにならないくらいの消費量だよね。今回もそれを覚悟の上で。

加藤:そうです。頑張ります!

二人:(笑)

加藤:覚悟を決めて。

上口:ほんと尊敬です。


<取材協力>
スタイリスト:ゴウダアツコ
ヘアメイク:国府田雅子[b.sun]、田坂貴恵、伊藤こず恵

※アイデアニュース有料会員限定部分には、加藤さんの声がジョンの声に変わっていたというお話、上口さんがピートを演じながら感じていること、ジョンとピートはそれぞれお互いをどう見ているのかということなどについて伺った内容などインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。20日掲載予定のインタビュー「下」では、ピートが去った時のジョンとしての気持ち、リヴァプールで実際に彼らの足跡を追った時の想い、初演時に印象に残ったシーン、この作品に出演したことで聴いた時の印象が変わった曲のことなどについて伺った内容やお客様へのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■加藤:前回の本番音源を聴いてみたら、ジョンの声に近づいていた気がした

■上口:ピートは、淡々と。僕自身はみんなと一緒に「イェーイ!」って弾けたいけど

■加藤:ピートは、ビートルズの「お母さん」的存在。だから三人はワーワーできる

■上口:「やめろよ」とジョンに反発はするが、はみ出てくれることを期待している

<舞台『BACKBEAT』>
【プレビュー公演】2023年4月23日(日) 江戸川区総合文化センター 大ホール
【兵庫公演】2023年4月28日(金)~5月3日(水・祝) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
【熊本公演】2023年5月6日(土)~5月7日(日) 市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館) 大ホール
【大阪公演】2023年5月20日(土)~5月21日(日) 枚方市総合文化芸術センター 関西医大 大ホール
【東京公演】2023年5月24日(水)~5月31日(水) 東京建物 Brillia Halll(豊島区立芸術文化劇場)
公式サイト
https://www.backbeat-stage.com/

『BACKBEAT』 関連記事:

⇒すべて見る

加藤和樹 関連記事:

⇒すべて見る

上口耕平 関連記事:

⇒すべて見る

※加藤和樹さんと上口耕平さんのサイン入りチェキを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは5月19日(金)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

加藤和樹さん=撮影・NORI
加藤和樹=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>村岡侑紀(むらおか・ゆき) 広告制作会社に入社し、企業ブランディングやコピーライティングを経験。その後、化粧品メーカーのマーケティング担当として多くのブランドを育成し、ベンチャー企業で広報も。ミュージカルや舞台作品そのものの魅力はもちろん、そこに携わる方々のことを伝えたい。 ⇒村岡侑紀さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. みぃ より:

    加藤さんも上口さんも大好きな俳優さんですが、この記事を読んであらためて二人の関係性、更にビートルズのメンバーの関係性が良く分かりました。
    実際の彼らの人間関係とそれがよく似ていることもとても興味深いです。
    命を削ってシャウトするジョン!
    くれぐれも喉に気をつけて、素晴らしい歌声を届けてくれる日を心待ちにしています。
    いつも素敵な写真と奥深い記事をありがとうございます。

  2. ゆうこ より:

    初演時にBACKBEATに熱狂し、再演を心待ちにしていた一人です。
    今回も取り上げていただきありがとうございます。
    アイデアニュースさん独自の切り口からのインタビュー、更に初日が、そして日増しに高まっていくだろう熱気が楽しみになりました!
    インタビュー後半も楽しみにしております!

  3. より:

    初演観劇させて頂いております。
    冒頭のダンスではダンサーとしての上口さん、バンド場面ではご自身名義のライブもされている加藤さんの良さが出る演出でした。
    親族にビートルズのファンがいる為ほぼ楽曲を耳にした事のあるものばかり。
    再演では更に深く作り込みされていると期待しています。

  4. より:

    BACKBEAT、私も初演の時に衝撃を受けてその時からずっと再演を待っていたファンの1人です。
    なのでその時の思い出と共に語られる今の2人の言葉が嬉しくてたまりません!
    素敵なインタビューをいつもありがとうございます。
    後半も楽しみにしています。
    (お写真も最高です!!)

  5. あすか より:

    素敵な記事をありがとうございます!
    もう二度と会えないと思っていた彼らに再び会える喜び。覚悟を決めてオファーを受けてくださったことに感謝しかありません。
    目と記憶に焼き付けに通いたいと思います。後半も楽しみです!

  6. りかりん より:

    記事をとても楽しみにしておりました。
    待ちに待ったBACKBEAT再演、全てにワクワクしていますが、なかでも普段からソウルメイトと呼びあう加藤さんと上口さんがこの作品について互いの役についてなどを語ってくださる貴重なインタビューですね!後半も期待しています。

  7. きゃっびー より:

    2019年の初演に…衝撃を受けた「BACKBEAT」を再び…
    このメンパーで観れること、すごく嬉しく思います。
    まだパワーアップしたビートルズに会えるのを楽しみにしています。
    何しろカッコよすぎるビジュアル。
    そして…生演奏、観るしかないですね。
    兵庫公演の初日は…私の誕生日でもあり、すごく楽しみです♡

最近の記事

■ 2024年3月掲載分
■ 2024年2月掲載分
■ 2024年1月掲載分
■ 2023年12月掲載分
■ 2023年11月掲載分
■ 2023年10月掲載分
■ 2023年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.