「気持ち先行で嘘なく」、『オイディプス王』三浦涼介(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「気持ち先行で嘘なく」、『オイディプス王』三浦涼介(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2023年7月4日

世界最高峰のギリシャ悲劇の大作『オイディプス王』が、2023年7月8日(土)から7月17日(月・祝)に東京・パルテノン多摩 大ホールで、8月19日(土)に兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホールで上演されます。主役のオイディプス王を三浦涼介さん、オイディプスの母、後にオイディプスの妻となるイオカステを大空ゆうひさん、イオカステの弟クレオンを新木宏典(荒木宏文改め)さん、預言者テイレシアス役を浅野雅博さん、オイディプスの出生の秘密を知る羊飼い役を外山誠二さん、コリントスの使者役を吉見一豊さん、神官と使者のニ役を今井朋彦さんが演じます。
演出は、石丸さち子さんです。アイデアニュースでは、三浦さんにインタビューしました。インタビューは上下に分けてお届けします。

「上」では、稽古の中で感じていること、石丸さんからの言葉について、芝居の中で「考える」ということ、オイディプスを演じる難しさなどについてお話してくださった内容を紹介します。「下」では、この作品に今出会えたことに対しての想い、「演じる」とはご自身にとってどういうことなのか、「三浦さんのオイディプス王を見せて欲しい」という石丸さんの言葉に応えたいという想いなどについてお話ししてくださった内容と、お客さまへのメッセージを紹介します。

三浦涼介さん=撮影・岩村美佳
三浦涼介さん=撮影・岩村美佳

ーー石丸さち子さんが、「オイディプス王を演じることは、三浦さんにとって苛烈な経験」ということをTwitterに書かれていました。「苛烈な体験」ってすごい言葉だなあと思ったのですが、ご自身ではどう感じていらっしゃいますか?

しんどいですね。「あれ、芝居心どこへいっちゃったんだろう」と。役とつながっていく感覚や、相手に対して求めたり、与えたり、そういういつもならあるものが消えてしまったんじゃないかというくらい、押しつぶされそうな感覚があります。石丸さんが、僕がどうしたらやりやすくなるのかを、すごく考えてくださっています。

難しいことを言われると、すごく考えてしまって一歩前に進むどころか、二歩・三歩と下がってしまうことが多いんですね。今回に限らず、いつもそうなんです。だから、とてもわかりやすい言葉で「こうだよ」って言ってくださって、それが自分の中で嵌った瞬間、足踏みしていたことが五歩くらい先に進めるということがありました。

その感覚をなんとか逃さないように、必ず自分の中にちゃんと掴んで、基本ラインをそこへというところから、さらにもう一歩掘ってというところまで頑張っていきたいなという段階です。相手の役者さんとのコミュニケーションのところまでは、まだ全然練れていなくて、セリフに追われている感じです。

ーー「いつもだったら、相手に求めたりする」というのは、いつもなら芝居の中での受け渡しをもっとしながら、稽古を進めていけるということですか?

次のセリフが出てこない時って、頭の中で別のことを考えてしまっていたり、心が進んでいっていなかったりする感じなんだと思います。考えるのではなく感じていると、すらすらと出てくるんですよ。今回、それがすごく難しいんです。セリフの量というより、普段使い慣れていない言葉があったり、同じようなセリフがたくさんあるので、ノッキングを起こしてしまうというか。考えているから、気持ちが後回しになってしまうんです。どっちかというと、僕は気持ち先行ですし、「なるべく嘘なく」というところを求めたいし、求めないと何も出てこないし始まらないんです。

ーーオイディプス王という役を演じることよりもまずは、戯曲のセリフが体になかなか染み入らないという感覚ですか?

「染み入らせよう」と考えると、染み入らないんだと思うんです。

ーーそれは、内容が入ってこない感じなんですか?

内容というよりも、言葉自体が入ってこないんです。この前、『桜姫東文章』に出演したのですが、歌舞伎の言葉で書かれていたんです。辞書を引いても、そういう言葉は出てこないですよね。なので、いかにその言葉を自分の体験というか、体感するというか。相手の芝居を見て、受け取って、出していくみたいなことをやっていたら、だんだん意味がわかってきたんです。嵌っていく感覚があって、楽しくなっていったんですよ。オイディプス王では、「涼介、楽しんで動けていないな」って、客観的に今の自分を見て思うんです。僕、よく言っているのですが、お芝居する上で「発散」を大事にしているんです。

ーー発散ですか?

「芝居は発散」というところに、まず思いを送るのですが、思いを送ることに自信がなかったり、人前に立つことにびびってしまって緊張する時に、自分に「発散」という言葉を語りかけるんです。そうすると、前を向けるというか胸を張れるんですが、今はまだそこに行けていなくて。原因が、セリフの量なのか、言葉の難しさなのか、他の何かなのかはわからないんですが。でも、そこを石丸さんがすごく探ってくださっていて、言葉にしてくれることでだいぶ広がったりしました。一気にドーンと広がる感覚があるんですよ。石丸さんとじゃなかったら、この感覚は掴めないかもしれないなと……。

<取材協力>
ヘアメイク:春山聡子 スタイリング:村瀬昌広

※アイデアニュース有料会員限定部分には、石丸さんからの言葉について、芝居の中で「考える」ということ、オイディプスを演じる難しさについてお話してくださった内容などインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。5日掲載予定のインタビュー「下」では、この作品に今出会えたことに対しての想い、「演じる」とはご自身にとってどういうことなのか、「三浦さんのオイディプス王を見せて欲しい」という石丸さんの言葉に応えたいという想いなどについてお話ししてくださった内容やお客さまへのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■「覚悟を持って喋って」という石丸さんの言葉で、ひとりでにセリフが出るように

■セリフを喋っての掛け合いのはずが、「考える」と全然違う次元で喋ってしまう

■5回くらい同じシーンをやってしまうこともあるが、だからこそ見出せることも

■喜んだり落ち込んだりと、波がすごすぎるオイディプス。数分で表現するのは難しい

<『オイディプス王』>
【東京公演】2023年7月8日(土)~7月17日(月・祝) パルテノン多摩 大ホール
【兵庫公演】2023年8月19日(土) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
公式サイト
https://www.oedipus.jp

『オイディプス王』 関連記事:

⇒すべて見る

三浦涼介 関連記事:

⇒すべて見る

※三浦涼介さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは8月4日(金)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

三浦涼介さん=撮影・岩村美佳
三浦涼介さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. シヅク より:

    素敵なインタビュー記事とお写真、ありがとうございます。
    様々な苦悩や、それを持ったうえでどのように読み解いて行くのか。三浦涼介さんご本人の言葉で詳細に語られていて、とても読み応えのある記事でした。
    いつでも全力で真摯に向き合う三浦さんの表現に、今回も夢中になって圧倒されること間違い無しだな、と確信しました!
    観劇するにあたって、とても為になります。どうか全公演無事に駆け抜けられますように…!

  2. puchi より:

    三浦さんの舞台は、毎回心が締め付けられるほどの素晴らしさで感動します。
    オイディプス、心から楽しみにしています!

  3. サクラ より:

    三浦さんがオイディプスとどのように向き合っているかが伝わってきました。このような過程を経て演じるオイディプス王はいかなる王になるのか。観劇するのが、より楽しみになりました。

  4. にざかな より:

    初日までもうすぐですね
    原作となる脚本は読みましたが
    どんな舞台になるのかますます楽しみになるインタビューでした
    お写真、どれも素敵です
    記事の後編も楽しみにしております

  5. もといけ より:

    お芝居を探っていく感覚的な作業について、今までに無いほど言葉にして伝えて下さっていることに感動しました。戯曲や役柄にこんなにも誠実に向き合って作られた世界を見られるのは、とても幸せなことに思えます。
    柔らかく繊細な三浦さんの魅力が伝わる素敵なお写真もありがとうございます!
    後半も楽しみにしています。

  6. より:

    涼介さんと石丸さんが作り出すオイディプス王、どんな反応が起きるのか楽しみです!
    みなさんお身体お大事に…
    無事に幕が上がりますように!
    そして最後の幕が無事に降りますように✨

  7. りえ より:

    嘘がつけない涼介さんだからこそファンは信頼しているんだと思います。難しい作品だと思いますが、涼介さんが20年かけて芝居と向かい合って培ってきたものを感じ取れるよう、しっかり受け止めたいと思います。

  8. れん より:

    こんなにも読みごたえがあるのに、まだ後半もあるなんて!!
    アップされるのが楽しみです
    文章だけでなく、岩村さんの撮られる写真も大好きです

  9. うまし より:

    独特な感性や表現がありのままに伝わってくるインタビューで、三浦涼介さんの話す姿が目に浮かぶようでした。演技と同じように、語られた言葉にも嘘がないことが感じられました。ありがとうございます。
    続きも楽しみにしています。

  10. しまっころ より:

    三浦さんが今この『オイディプス王』という戯曲に真正面から向き合い、ぶつかりながら苦悩しながら限りなくリアルを突き詰めようとする姿が、オイディプス王の恐れながらも真実を追求する姿と正に重なっているように感じ、益々観劇する日が楽しみになりました。
    三浦さんの嘘なく飾ることなく語っている様子がよく伝わってくる素敵なインタビューでした。後半も楽しみにしています。

最近の記事

■ 2024年7月掲載分
■ 2024年6月掲載分
■ 2024年5月掲載分
■ 2024年4月掲載分
■ 2024年3月掲載分
■ 2024年2月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.