「役者なんだから、どんな役でもできる」、『赤と黒』三浦宏規(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「役者なんだから、どんな役でもできる」、『赤と黒』三浦宏規(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2023年12月7日

2023年12月8日(金)から12月27日(水)まで、東京芸術劇場プレイハウスで、2024年1月3日(水)から1月9日(火)まで梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演されるフレンチロックミュージカル『赤と黒』で、主人公・ジュリアン・ソレルを演じられる三浦宏規さんのインタビュー後編です。

「下」の無料部分では、キービジュアルがソロ撮影であったこと、役への向き合い方、演出家のジェイミーさんとお話ししたことなどについて伺った内容を、有料部分では、表現する上でいつも思っていること、役とご自身との距離感と演じやすさ、初舞台から10年ほど経った今思うこと、周りの人に恵まれてきたことへの感謝などについてお話ししてくださった内容を紹介します。

三浦宏規さん=撮影・岩村美佳
三浦宏規さん=撮影・岩村美佳

ーー今回は、大きい座組で、座長で、キービジュアルも三浦さん一人ですよね。

これは本当に、「ちょっとちょっと!」です。

ーーこれまでの作品はダブルだったり、4人だったりと、わりと分け合える感じが、今回はお一人でというのは結構大きいことなのかなと思いました。

確かに。言われてみたらそうですね。

ーービジュアルからは、「三浦さんの作品です」というイメージを受けますよね。

『赤と黒』は、ジュリアン・ソレルの物語ですからね。僕がではなく、ジュリアンあっての『赤と黒』ですから。撮影も、力の入れ具合がすごかったです。

ーー薔薇がたくさんあったり。

今、池袋に広告まで出てます(笑)。

ーー宣伝ですもんね。

本当にありがたいことです。親は喜んでいますよ。自分的には、今は重くは受け止めていないです。

ーー視野が広がったタイミングで、重みについてなど、改めて考えたりされるのかしらと思ったりしますがいかがですか?

それを今考えたら終わりです。いつもそうなんですよ。もちろん、常に考えてはいるみたいなんですが、全部終わってから気づくことが多いです。役をいただいたタイミングでは、「絶対大丈夫」「いける」と自分で取り繕っているんです。『キングダム』でも、そうでしたね。最初は、「絶対僕は信じゃない。政じゃん」と思ったんです。共演者からも、めっちゃ言われていました。

でも役者なんだから、どんな役でもできるんだと、感情を全部グッとこらえて挑みました。お客様も、きっとそう思っていた方もいらっしゃるでしょうし、でもそれをプレッシャーに感じたら終わりなので、「舐めるなよ」「見とけよ、お前ら」という気持ちでやっていたんです。いざ本番が始まったら「政の方が合っていた」という声は、そんなにありませんでした。大千秋楽が終わったあとに「信として受け入れられてよかった」と思っていたんですが、そのときは、ぐわーっと思わないようにして生きていましたね。

今演じている千秋もそうなんです。まだ2日しか経っていないのでわかりませんが、実は結構、相当悩んでいたみたいで。取材の時には「舞台は舞台の千秋なので」「俺なりの千秋を作ります」と思っていたし、そう言っていたんですが、初日が開いて、ゲネプロでの関係者の方やお客さんからの反応が届いて、「大丈夫そうだ」とホッとしたんです。「やっぱり自分は緊張していたんだ、構えていたんだ」とその時に気づきました。だから、今回のジュリアンについても、「そんなに気負ってないですね」「ありがたいことです」とこうやって取材では話していますが、初日が開いたら「よかった」と言っていると思います。今は「余裕です」と言っておきます(笑)。

ーー演出家のジェイミーさんとは、リモートで画面越しですが、お話はされたと伺っています。どんな言葉を交わしたか、お話しできることがありましたら教えてください。

稽古のときは来日してくださるんですが、それよりも前にお話しできたのは、とても貴重で、ありがたたかったです。ジェイミーさんとそもそも初めましてなので、「いま僕はライブをやっています」「何歌うの?」とか、近況の話から始まって、いろいろと他愛もない話もしながら、作品についても質問をしたりしました。ジュリアンさんはどんな方ですか?とか、今回バンドは後ろに置くんですか?など、いろいろなことを聞きました。とても親しみやすく、すごく心がまっすぐで温かな方だと感じました。来日されるのを楽しみにしています。早くお会いしたいなという気持ちが高まりました。

ーーワークショップも、もう始まっているんですよね?

そうなんです。しかもジュリアンさんがいるロンドンでしているんですよね。なぜロンドンでやっているんだろう?

ーー(梅田芸術劇場制作担当者)今回、演出のジェイミーも振付のアレクザンドラも、日本での上演作品を手がけるのが初めてなんです。しかも、日本人とのクリエーションも初めてなので、少しイメージを膨らませるために、ロンドンでいくつかのシーンを作ってみたいとおっしゃったんです。

日本人のダンサーは現地に行っているんですか?

ーー(梅田芸術劇場制作担当者)行っていないです。日本から振付助手の渋谷さんと私が行って、ウエストエンドのダンサーさんを集めていただき、その方々と一緒に5日間で4つくらいダンスシーンを作ってみて。そこでアレクザンドラが作った振付に対して、日本語の歌詞だとこのタイミングで、この動きは合っているのかを確認してもらったりしました。やりたいことと、演出の意図との流れが合っているかを確認して、「もう少しはここは爆発させたい、ここは流れを止めないでほしい」というジェイミーのコメントもあって、振付がどんどん膨らんでいって立体的になっているところです。

超楽しそうじゃん。なにそれ!やば! そこまで詳しく知らなかったので、今知りましたが、楽しそう。

ーーそこで形になったものが、三浦さんにおりてきますね。

楽しみです。やはり初めて作るものは大変ですが、楽しいですよね。作品自体は何度も上演されていますが、今回はオリジナル演出で新たに作るわけですから。だから、あらかじめ決まっている指示に従わなくていいということなんですよね。そういうのがない分、本当に一からの楽しいものづくりになると思います。DIY的なね。元はありますが、それをよりよくする。「DIYミュージカル」……意味がわかりませんね(笑)。 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、表現する上でいつも思っていること、役とご自身との距離感と演じやすさ、初舞台から10年ほど経った今思うこと、周りの人に恵まれてきたことへの感謝などについてお話ししてくださった内容などインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■いかに余計なことを考えず、舞台上に「生きて」立っていられるかを思いながら

■『キングダム』の信みたいに、かけ離れている役の方が、やりやすくガッとなれる

■ボロクソに言われながらも「何くそ根性」で楽しくやってこれた。メンタル強いなと

■昔から、皆さんのたくさんの力添えがあり、周りに恵まれてきたことに感謝している

<フレンチロックミュージカル『赤と黒』>
【東京公演】2023年12月8日(金)〜12月27日(水) 東京芸術劇場プレイハウス
【大阪公演】2024年1月3日(水)〜1月9日(火) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
公式サイト
https://www.umegei.com/rouge-noir2023/

『赤と黒』 関連記事:

⇒すべて見る

三浦宏規 関連記事:

⇒すべて見る

※三浦宏規さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは2024年1月6日(土)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

三浦宏規さん=撮影・岩村美佳
三浦宏規さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. 三浦くん応援してます より:

    三浦くんの記事を上下とも拝見しました。大ボリュームの内容で三浦くんがどんなに努力されているかを知ることができとても嬉しかったです。これからも飛躍していく三浦くんを応援してます。

  2. 抹茶 より:

    三浦さんの舞台に対しての情熱は、客席にも伝わっていますし、本当に素晴らしいものだなといつも感じています。舞台で生きていく上での覚悟が本当に強く大きなものなんだなと感じました。生き様が強くまっすぐで素敵です。三浦さんの俳優観が伝わってきました。素敵なインタビューをありがとうございました。

最近の記事

■ 2024年7月掲載分
■ 2024年6月掲載分
■ 2024年5月掲載分
■ 2024年4月掲載分
■ 2024年3月掲載分
■ 2024年2月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.