「戦争に自ら行くジョン。その選択はできないかも」、『ジョン&ジェン』森崎ウィン(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「戦争に自ら行くジョン。その選択はできないかも」、『ジョン&ジェン』森崎ウィン(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2023年12月9日

​​2023年12月9日(土)から12月24日(日)まで、よみうり大手町ホールで、12月26日(火)から28日(木)まで新歌舞伎座で上演されるミュージカル『ジョン&ジェン』に、ジョン役(1幕=弟、2幕=息子)で出演する森崎ウィンさんのインタビュー後編です。無料部分では、楽曲のこと、二人のジョンを演じる上で感じること、作品を通して伝えたいメッセージなどについてお話ししてくださった内容を、有料部分では、ジェンの変化について、ジョンを演じていて見えないところ、共感できない時にどう演じるかというお話やお客さまへのメッセージなど独自取材の内容を紹介します。(有料部分で、物語のラストシーンに少し触れていますので、観劇前の方はご注意ください)

森崎ウィンさん=撮影・岩村美佳
森崎ウィンさん=撮影・岩村美佳

ーー楽曲は、主にどういったジャンルになりますか?

クラシックがベースにあって、その中にポップスみたいな要素もあります。セリフをほぼ歌にしていたりするので、変則的な拍子がとても多く、気持ちと連動させて作っているんだなと感じます。

ーー1幕では弟のジョン、2幕では息子のジョンになるかと思いますが、冒頭は5歳から始まり、とても幅広い人生を演じられることになりますよね。このふたりの人間を演じ分けていく上で、意識していることがあればお聞かせください。

キャラクターとしてそれぞれの人物が持つリズム感を、しっかり捉えていきたいと思っています。見た目や、セリフの言い回しで作る部分は、最終的に照明や衣装、パーカッションなどによって、勝手についてくると思うんですが、まずは人として根本的に、奥底に持っているリズムや何がしたくて生きていて、何が悩みでということに対して注目しています。

例えば、運動が得意なのか苦手なのか、何が好きで嫌いなのか、人の目を見て話すのか見ないのかなど、そういうポイントを捉えつつ、このリズムでいくと脚本と流れてくる音楽がハマるなとか考えます。2幕のジョンはこんな感じだとすると、1幕のジョンはもっと活発だから、彼の中で刻んでいるビートは早いんだろうななど、そういうことが少しずつ見えてきていますね。

ーーそうやって掴んだリズム感が、最終的には役の喋り方やリアクションの仕方に生きてくるイメージですか?

勝手に繋がっていくんだと思います。稽古前の「こういうふうに喋ろう」というイメージには頼らないようにしていますね。せっかく稽古期間があるので、試せるというか。試してみてここは違うな、ここはこういう意図でやってみたけど、「もう少しこうして」と言われるから伝わっていないんだなと自分の中で思うこともあります。「ここは、もう少し子どもっぽさが欲しいんだな」など、洋二郎さんに言われたことを修正していく感じですね。正直、かなり難しいので、まだわからないですし、本番に入りながらも、ずっと模索している自分がいると思うんですが。

ーー前半は姉と弟、後半は母と息子という形ですよね。姉と弟は守り合う、絆が強い姉弟(きょうだい)だと思いますが、このふたりの関係性について森崎さんはどんなふうに捉えていらっしゃいますか?

家庭環境は人それぞれあると思いますが、僕からすると「普通」とはなんだろうと。「普通の家庭」とみんな言いますが、「普通」とは、みんな全然違うものを持っていると思っていて。だけど、僕が共感できる部分としては、例えば、子どものころは親が無敵状態な感じがするんですが、いつか親はひとりの人間なんだと気付いたり、こういうところがよくないよねと思い始めたりする。僕も弟がいるので、親に対してや家に対して、お互いに話すことがあるんですよね。

だから、人間味が溢れていれば溢れているほど、あえて言うなら、みんなが感情的になればなるほど、その家庭が、兄弟の絆が強くなっていくと思っていて。共通の敵ができるということではないですが、そういうことで兄弟が強くなっていく。だけど、その兄弟でも歳が離れていたり、生まれる時代、親の気持ち次第で変わっていくから、「そっちにはこう見えているけど、僕にはこう見えている」というふうになることもありますし。

作品の中では、「何を信じ、何を信じてはいけないのか」となってくるので、冒頭の姉弟のシーンに、僕はとても共感できます。でも共感できることと、それを表現できるかどうかは、全く違うものだと思っています。表現となると別のスキルになると思うんですよね。描かれている時代を過ごしていないからといって、その芝居ができないというわけではないですから。

客観的に脚本を読んだとき、とてもわかるなと思いました。2幕のジョンも親に対して気を遣っていますが、うちも外国に出てきて、僕は長男だったので我慢させられることも多かったですし、すごく親に気を遣うこともありました。うちはシングルマザーではないので、全く同じ状況ではありませんが、すごくわかるんですよね。「ジョンは怒っているから、そう言うんだよね」という部分がわかるんです。そういう意味では自分の持つバックボーンと重ねても……でも、重ねすぎたらしんどいから、そこはジョンというフィルターを通してうまい具合に調理できたらいいなと思います。頭で理解していても、実際に舞台の上に立つと、やることは他にもいっぱいありますから。

結局僕らは、そこで感じていることを見せる瞬間もあれば、伝える瞬間もあるから、それを伝えなくちゃいけないとなったら、またギアが違ってくるんですよ。そういう意味でも共感できる部分は多いし、多分観に来る方にとってもそうかなと思います。国が違っても家族問題は変わらないんだなとすごく感じています。

ーーふたりミュージカルだからこそ、漏れなくお客様に伝わりそうですね。

そうですね。今回の作品は、決して重苦しいものを舞台上でやっている、みたいなことではないので。最後はとてもいい曲を歌うし、人によっては泣けると思いますし、スッキリすると思います。これでいいんだなとか、ゆっくり始めてみようかななど、そういう意味でパンフレットに「一歩を踏み出す」と書いてありましたが、まさに本当にその通りだなと思いました。これをエンターテイメントとしてやる意味は、そこにあるんじゃないのかなと感じましたね。

ーー森崎さんが作品を通して伝えたいメッセージがあれば教えてください。

カタカナの名前や地名が出てきて、自分から遠いなと感じてしまうかもしれませんが、家族の話は普遍的なもので万国共通だとすごく感じます。人間は誰しも完璧ではないし、それに対してどうにかして向き合っている人もいれば、向き合ってない人もいたりして、それはそれで人それぞれタイミングがあると思います。

この作品は、何か自分に大きな欠点があったとしても、そこに向き合ってどうやって生きていこうかという話でもあると思うんです。「もしかして、こういう欠点を持っていてもいいのかもしれない」と思える勇気をすごくもらえると思いますし、そういう勇気を与えられる作品になればいいですね。 

<取材協力>
Hair&Make-up KEIKO
Styling AKIYOSHI MORITA

※アイデアニュース有料会員限定部分には、ジェンの変化について、ジョンを演じていて見えないところ、共感できない時にどう演じるかというお話やお客さまへのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■「これからも間違えるかもしれない」と言う2幕のジェン。ジョンはそれを受け入れる

■ジョンは「戦争に行く」という選択をするが、僕にはその選択はできないかも、と

■共感できないときは「伝えること」に重きを置く。自己満足の演劇にはならないように

■もしも、「観よう」と選んでもらえて、何かを感じて帰ってくださったらとても嬉しい

<ミュージカル『ジョン&ジェン』>
【東京公演】2023年12月9日(土)~ 2023年12月24日(日) よみうり大手町ホール
【大阪公演】2023年12月26日(火)~ 2023年12月28日(木) 新歌舞伎座
公式サイト
https://stage.parco.jp/program/johnandjen

『ジョン&ジェン』 関連記事:

⇒すべて見る

森崎ウィン 関連記事:

⇒すべて見る

※森崎ウィンさんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは2024年1月9日(火)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

森崎ウィンさん=撮影・岩村美佳
森崎ウィンさん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. きぃ より:

    登場人物の性格や人柄をリズムで捉えたり、その人の中に流れるビートに当てはめたりと、音楽人である森崎さんらしい役作りだなぁと、とても印象的でした。
    稽古を通し演出家とキャストが一丸となって、ここまで作品や人物のバックボーンを固めていく事例はあまり聞いたことがありませんでした。描かれる場面の前後をここまで考えさせられたのも初めてかもしれません。
    自分の今後の観劇の仕方も変わりそうな良い体験となりました。

  2. バダウの花束 より:

    東京での初日から大阪での千秋楽まで4回拝見しました。記事を読んで作品への思いを再確認して各シーンを思い返しています。出ずっぱりの舞台という初めての体験と感動をありがとうございました。。apple musicでオフブロードウェイ版の楽曲を今も聴いています。親子や兄弟姉妹の関係は万国共通であり、森崎ウィンさんの涙に打たれ、子供の頃を演じる可愛さに微笑み、自分の子育てを振り返って毎回涙しました。特にクリスマスに両親が喧嘩しているときのジョンさんと目が合ってしまい(と勝手に思っています)その目と表情は忘れられません。

  3. ちるん より:

    ジョンアンドジェン、拝見致しました。2人芝居、演者様の想像以上の運動量に驚きました。さらに歌とお芝居、本当に素晴らしかったです。家族のあり方はそれぞれだけれど、きっとどんな方にも共感できる部分のある作品だと思いました。記事を読み直して観劇の感動が蘇りました。ありがとうございました。

最近の記事

■ 2024年3月掲載分
■ 2024年2月掲載分
■ 2024年1月掲載分
■ 2023年12月掲載分
■ 2023年11月掲載分
■ 2023年10月掲載分
■ 2023年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.