まばたきすることも惜しい圧倒的な映像の力 「圧殺の海 第2章『辺野古』」 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

まばたきすることも惜しい圧倒的な映像の力 「圧殺の海 第2章『辺野古』」

筆者: 松中みどり 更新日: 2016年6月17日

 

2014年7月の辺野古の新基地建設着工から、11月の翁長沖縄知事誕生までを記録したのが、ドキュメンタリー映画「圧殺の海」でした。それから17ヶ月。その後、沖縄では何が起きていたのでしょうか。代執行裁判の「和解」という新たな段階に入った沖縄を、2016年5月6日まで撮影した映画「圧殺の海 第2章『辺野古』」が、大阪・十三の「シアターセブン」で上映中です。さっそく見に行ってきました。

 

圧殺の海 第2章「辺野古」のパンフレット=撮影・松中みどり

圧殺の海 第2章 辺野古のパンフレット=撮影・松中みどり

 

沖縄での公開を皮切りに、今後は本土各地で上映されるこの映画が、関西では「シアターセブン」で2016年6月11日(土)から7月29日(金)まで長期間の公開です。

 

6月11日から19日までは、映画上映後、監督やゲストが連日トークイベントを開催するということで、大好きなきむきがんちゃんのミニライブが行われた6月16日(木)に鑑賞してきました。

 

映画の主題歌も担当しているきむきがんさんのミニライブ=撮影・松中みどり

映画の主題歌も担当しているきむきがんさんのミニライブ=撮影・松中みどり

 

10万票という圧倒的な差をつけて「辺野古に新基地は作らせない」という翁長知事が誕生したにもかかわらず、日本政府は工事を「粛々と」進めます。人々はキャンプシュワブのゲート前に座り込み、海ではカヌーに乗ってフロートを乗り越え、辺野古の海を守る行動に出ます。映画は、そんな人々の姿を丁寧にとらえ、伝えていました。撮影時間は1300時間に及んだそうです。

 

107分の映画上映の間、まばたきすることも惜しいほどの場面の連続でした。市民による非暴力の闘いは熱く、悲しいほど真摯でした。美しい辺野古の海の上で、小さなカヌーに乗って漕ぎ出す人。大きさも能力も圧倒的に違う海保のゴムボートにぶつけられ、転覆させられ、海水を飲んでも、また海に漕ぎ出す姿が目に焼き付いています。ゲート前では、最後の最後まで工事車両に指をかけ、互いに腕を組み、機動隊が排除しようとしても必死に抵抗を続ける人の顔、涙、悲鳴。映画は、海の場面、ゲート前の場面、集会の場面と巧みに切り替わり、息つく間もなくそれぞれの現場の緊迫した状況が示されます。よくこんな場面が撮れたなと感嘆し、脱帽しました。

 

挨拶される共同監督の影山あさ子さん=撮影・松中みどり

挨拶される共同監督の影山あさ子さん=撮影・松中みどり

 

「その場に、みんなと一緒にいることが当たり前になっていました。何かあってから行ったのでは遅い。私たちも一員として現場にいたから撮影できた。カメラも何台か、ダメになったり、海の底に沈んでいたりしますよ」と、共同監督の影山あさ子さん。

 

あさ子さん(左)ときがんさん=撮影・松中みどり

あさ子さん(左)ときがんさん=撮影・松中みどり

 

市民が非暴力で抵抗を続けていても、逮捕者が出ることがあります。そんなときは、なによりも仲間を取り返すことが第一。名護警察を取り囲み、声を張り上げて抗議をします。仲間を返せ!という叫びの中で、きむきがんさんは「人間をかえせ」という曲を歌っていたのだそうです。それを聴いた監督のあさ子さんは、「すごいなあ。この歌は今回の映画の主題歌にぴったりだ」と思ったといいます。

 

きむきがんさん=撮影・松中みどり

きむきがんさん=撮影・松中みどり

 

107分の映画のうち、実に7分がエンドロール。この映画に協力した人の名前が何百人と映し出される中、「人間をかえせ」が流れます。人間の尊厳を、平和をかえせと、低く強く、声をしぼりだすように歌うきがんちゃんの歌を聴きながら、その名前を見ていると胸が痛いような、何とも言えない気持ちになりました。

 

沖縄・辺野古に行かれた人も、まだ行ったことのない人も、圧倒的な映像の力に驚かれると思います。ぜひ、ぜひ、足を運んでいただきたい映画です。

 

「圧殺の海第2章」上映日程=シアターセブンホームページより

「圧殺の海第2章」上映日程=シアターセブンホームページより

 

6月19日までは上映後に監督の他、ゲストによるトークライブやミニコンサートが行われます。

 

「圧殺の海第2章」トークイベント日程=シアターセブンホームページより

「圧殺の海第2章」トークイベント日程=シアターセブンホームページより

 

詳しくはシアターセブンのホームページをごらんください→ http://www.theater-seven.com/

 

きがんさんの友人でチェジュから来られたシンガーソングライター、サンドンさん=撮影・松中みどり

きがんさんの友人でチェジュから来られたシンガーソングライター、サンドンさんも連帯の歌を披露=撮影・松中みどり

 

 

沖縄 関連記事:

⇒すべて見る

 

<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主宰。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeとInstagramで、日々発信しています。いずれも登録は無料ですので、フォローしてくだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube ⇒Instagram

最近の記事

■ 2019年5月掲載分
■ 2019年4月掲載分
■ 2019年3月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.