「おもちゃ箱をひっくりかえしたようなコンサートに」 浦井健治さんインタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「おもちゃ箱をひっくりかえしたようなコンサートに」 浦井健治さんインタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2016年9月23日

 

舞台を中心に活躍する俳優の浦井健治さんがデビュー15周年を迎え、8月3日にファーストアルバム「Wonderland 」を発売しました。そして、9月29日に東京国際フォーラム・ホールAでアルバム発売を記念したコンサート「KENJI URAI 15th Anniversary Concert 〜Wonderland〜」を開催します。「歌あり、ダンスあり、何でもありの、おもちゃ箱をひっくりかえしたようなコンサートにしたい」という浦井さん。コンサートに向けて、お話を伺いました。

 

浦井健治さん=撮影・岩村美佳

浦井健治さん=撮影・岩村美佳

 

 

――初めての単独コンサート開催ですね。ずっとやってほしいと思っていたんです。

 

ありがとうございます! そう言って頂けるのが一番嬉しいです。というのも、私事ですがデビュー15周年を迎え、記念のソロアルバム発売とソロコンサート開催をさせて頂けることが本当に嬉しく、新たな大きな一歩に繋がると思っています。その一歩を沢山の方たちに支えられながら、「Wonderland」と題した、歌あり、ダンスあり、何でもありの、おもちゃ箱をひっくり返したようなコンサートにしたいと思って取り組んでいます。しかも、国際フォーラム・ホールAという素晴らしい会場で開催させて頂くことになりました。

 

――一番最初のコンサートがとても大きなホールというのもすごいですね。

 

本当に恐れ多いですが、劇場関係の方も含めて関わってくださるすべての方への感謝の思いを大切に、誠心誠意やりたいと思っています。

 

 

■役ごとに歌うと反射的に歌い方が変わる。自分は役者なんだと改めて思いました

 

――リハーサルはいかがですか?

 

とても楽しいです。今まで僕の15年間に関わってくださった方々の存在と、出会った楽曲、そこで生まれた感情と経験すべてが、一夜限りのコンサートに詰まっています。ひとつひとつを思い返したり、紐解いたりしていくと、改めて多くの人に支えられていたことに気づきました。楽曲を役ごとに歌うと、その役、そのときの空気、相手役、カンパニー、楽曲などすべてが思い返されますね。細胞が覚えているというか、反射的に一曲ごとに歌い方が変わっている自分に驚きます。

 

――意識的に思考を変えなくても蘇ってくるんですね。

 

ヴァレンティン、シャルル、夜神月など……すべて体が覚えていて、そのときの歌声になってしまうんです。逆にそのときの歌い方じゃないと心地悪く感じるくらい。自分は役者なんだと改めて思いましたし、不思議だなと思いました。というのも、ソロアルバムとコンサート制作にあたって、協力してくださるみなさんとどんな歌が歌いたいかと考えたとき、理想のアーティストやシンガーの方が思い浮かばなかったんです。

 

 

■包容力や責任感を問われる役が増えてくるにつれ、もっと歌と向き合う時間がほしいと

 

――今までにも憧れた方はいなかったですか?

 

考えたことがなかったんですよね。僕はミュージカルで歌う歌を「芝居歌」と表現をしていますが、今中堅といわれる年代にさしかかり、包容力や責任感を問われる役が増えてくるにつれ、もっと歌と向き合う時間がほしい、やらなければいけないと強く思い、今回歌に向き合っています。自分は役者を目指していて、尊敬し憧れる役者の先輩はいても、アーティストやシンガーの方はいないんだと、改めて気づいたことがとても大きな発見でした。

 

浦井健治さん=撮影・岩村美佳

浦井健治さん=撮影・岩村美佳

 

 

<KENJI URAI 15th Anniversary Concert ~Wonderland~>
【東京公演】2016年9月29日(木) 東京国際フォーラム ホールA
http://uraikenji.net/live/detail.php?id=1042416

 

<関連サイト>
浦井健治 avex オフィシャルサイト
http://uraikenji.net/
浦井健治オフィシャルファンクラブ
http://www.fanclub.co.jp/k_urai/?id=8

 

<アイデアニュース関連記事>
ドラマ「ニーチェ先生」主演、浦井健治インタビュー(上)
ドラマ「ニーチェ先生」主演、浦井健治インタビュー(下)
4000万部発行の少女漫画「王家の紋章」、ミュージカル製作発表記者会見
浦井健治さん、8月3日に初ソロアルバムをリリース、9月には初ソロコンサート
「おもちゃ箱をひっくりかえしたようなコンサートに」 浦井健治さんインタビュー(上)
「まだ2合目、3合目ぐらいだと思っています」 浦井健治さんインタビュー(下)

 

 

<浦井健治さんのサイン色紙と写真を3名さまにプレゼント>
浦井健治さんに書いていただいたサイン色紙と写真1カットを、アイデアニュース有料会員(月額300円)3名さまに抽選でプレゼントします。応募締め切りは10月9日(日)。当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。応募は以下のフォームからお願いします。応募の際に記入いただいたメッセージは、記事下のコメント欄などにニックネームで掲載させていただきます。(このプレゼントの募集は終了しました)

 

 

※アイデアニュース有料会員向け部分には、インタビューの全文と写真を掲載しています。インタビュー後半には、帝国劇場単独初主演を果たして来年4〜5月に再演を控える「王家の紋章」について、さらに、今後目指す俳優像について伺った内容の全文を収録しています。

 

<有料会員向け部分の見出し>

 

■考えてできることではなく、無我夢中でやることが背中に表れてくると思うんです

 

■荻田さんは、お互いに感じることがあると思うので、成長や変化も言い合えるんです

 

■役者仲間たちの積極的な発言を楽しんでいる演出家の方が多いんだと

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースの、ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. さくらそう より:

    記事の内容は聞きたかったことを聞けた部分と、想像していなかったことを聞けた部分と両方あって、読めて良かったです。女性目線ならではなのかな、とも思うのですが、浦井さんのいい表情を捉えた、ファンにとって嬉しい写真ばかりで、それも嬉しかったです。

  2. おけい より:

    素敵なお写真とともに、役者として歌うこと、演出家さんとの関係、今の立場での想いなど興味深い内容で心に沁みました。

  3. はぐ。 より:

    浦井さんのコンサートに向けての意気込みを知る事が出来て嬉しかったです。

  4. ねこぽん より:

    浦井さんのインタビューを取り上げていただきありがとうございます! お写真もすごっく素敵で、女性のカメラマンさんだからか、見たいというショットが多くて嬉しかったです。思わず全部見たくて、有料会員になってしまいました。(下)も楽しみにしています。サイン色紙、どうぞ当たりますように!

  5. 夏みかん より:

    浦井君を初めて舞台で観てから12年になります。今年は帝国劇場初主演、そしてこのコンサート、ますます飛躍していく浦井君を観ることができて幸せです。来年はぜひ博多座に!ステキな記事をありがとうございます。後編も楽しみにしています。



最近の記事

■ 2019年7月掲載分
■ 2019年6月掲載分
■ 2019年5月掲載分
■ 2019年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.