メインキャスト全員が2役、真逆を堪能できるオイシサ ミュージカル『フランケンシュタイン』 | アイデアニュース
Arrow
Arrow
Slider

メインキャスト全員が2役、真逆を堪能できるオイシサ ミュージカル『フランケンシュタイン』

筆者: 中本 千晶 更新日: 2017年1月11日

 

韓国発のミュージカル『フランケンシュタイン』が1月8日、日生劇場にていよいよ開幕した。たっぷり3時間で休憩は20分、重みのある一作だけに、受け止めるのに気力と体力が必要だ。アイデアニュースでも事前にインタビューをさせてもらった小西遼生さんの初日でもある、8日18時の部を観劇したので、さっそくその様子をお届けしよう。

 

ミュージカル『フランケンシュタイン』公演より= 写真提供/東宝演劇部

ミュージカル『フランケンシュタイン』公演より= 写真提供/東宝演劇部

 

 

■怪我から復帰の柿澤勇人、孤独な天才ビクター役を大熱演!

 

この作品は、メインキャストがそれぞれ2役を演じ、さらに、「ビクター・フランケンシュタイン/ジャック」役は中川晃教と柿澤勇人の、「アンリ・デュプレ/怪物」役は加藤和樹と小西遼生のWキャストという複雑なキャスティングになっている。「ビクター/ジャック」と「アンリ/怪物」の組み合わせでも4通りあるわけで、Wキャストの演じ方の違いに加えて、組み合わせから生まれてくる違いも気になるところだ。私が見た回は柿澤×小西だった。

 

19世紀初頭のフランス、ワーテルローの戦いでナポレオンが敗北した時代から物語は始まる。戦場でビクター(柿澤)がアンリ(小西)の命を助けたことがきっかけで2人は深い絆で結ばれる。じつはビクターは「死んだ人間の命を再生させる」という神をも恐れぬ野望を抱いていた。故郷の人々の白い目をよそにビクターは研究に没頭し、アンリも手伝うようになる。

 

ミュージカル『フランケンシュタイン』公演より= 写真提供/東宝演劇部

ミュージカル『フランケンシュタイン』公演より= 写真提供/東宝演劇部

 

昨年の『ラディアント・ベイビー』を怪我で休演した後、初の舞台復帰となる柿澤が、孤独な天才ビクター役を大熱演。繊細さと傲慢さを併せ持つ役柄が柿澤の持ち味に良く似合っていた。カーテンコールで「舞台をやめようと思ったこともあったけれど」と感極まって語った柿澤だったが、再スタートに相応しい一作になった。

 

 

■小西アンリの凛々しい軍服姿に目を見張る

 

孤独なビクターの数少ない理解者は、アンリの他、従姉妹で婚約者のジュリア(音月桂)と姉のエレン(濱田めぐみ)、そして執事のルンゲ(鈴木壮麻)だけだ。アンリ役の小西の凛々しい軍服姿には、ただただ目を見張るばかり。

 

ミュージカル『フランケンシュタイン』公演より= 写真提供/東宝演劇部

ミュージカル『フランケンシュタイン』公演より= 写真提供/東宝演劇部

 

ジュリア役の音月も純白のドレスがよく似合い、役柄とも相まって天使のような存在感。エレン役の濱田は、その聖母のような歌声でビクターを温かく包み込む。鈴木演じるお茶目なルンゲは、重苦しさの漂うこの作品の中でホッと一息つかせてくれる貴重な存在だ。

 

ミュージカル『フランケンシュタイン』公演より= 写真提供/東宝演劇部

ミュージカル『フランケンシュタイン』公演より= 写真提供/東宝演劇部

 

ジュリアの父であり、ビクターの叔父でもあるステファン(相島一之)は、そんな彼らを複雑な面持ちで見守っている。

 

ミュージカル『フランケンシュタイン』公演より= 写真提供/東宝演劇部

ミュージカル『フランケンシュタイン』公演より= 写真提供/東宝演劇部

 

ある時、ビクターが火種をつくった殺人事件で、アンリが無実の罪を着せられてしまう。友の命を救うためにアンリは自らギロチンにかけられ、ビクターは研究の成果を使って友の命を蘇らせようとする。ところが、実際に蘇ったのはかつてのアンリとは似ても似つかぬ、恐ろしい「怪物」だった……。

 

ミュージカル『フランケンシュタイン』公演より= 写真提供/東宝演劇部

ミュージカル『フランケンシュタイン』公演より= 写真提供/東宝演劇部

 

と、ここまでが1幕だ。1幕だけでも十分お腹いっぱい!と感じてしまうほどの濃密さである。だが、この作品の真骨頂は2幕以降にあるのだった。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分では、ミュージカル『フランケンシュタイン』の2幕以降の様子を紹介しています。

 

<有料会員向け部分の小見出し>

 

■鞭を手にした女主人エヴァも、聖母のようなエレンも似合う濱田

 

■同じ心根を持ちながら真逆の運命に。それは「同じ魂の両極」なのか

 

■怪物になっても美しいアンリ。ビクターへの思いを切々と歌いあげる

 

 

<ミュージカル『フランケンシュタイン』>
【東京公演】2017/1/8(日) ~ 2017/1/29(日) 日生劇場
【大阪公演】2017/2/2(木) ~ 2017/2/5(日) 梅田芸術劇場メインホール
【福岡公演】2017/2/10(金) ~ 2017/2/12(日) キャナルシティ劇場
【愛知公演】2017/2/17(金) ~ 2017/2/18(土) 愛知県芸術劇場大ホール

 

<関連サイト>
日生劇場 http://www.tohostage.com/frankenstein/index.html
梅田芸術劇場 http://www.umegei.com/schedule/565/index.html
キャナルシティ劇場 http://canalcity.co.jp/news/event/1249
愛知県芸術劇場大ホール http://search-event.aac.pref.aichi.jp/p/event_month_kouen.php

 

 

アイデアニュース記事一覧:
フランケンシュタイン

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者に本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭は一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、優待チケット購入などのサービスを利用できるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>中本千晶(なかもと・ちあき)/フリージャーナリスト。兵庫県生まれ、山口県育ち。東京大学法学部卒業後、株式会社リクルートに勤務ののち独立。舞台芸術、とりわけ宝塚歌劇に深い関心を寄せ、独自の視点で分析し続けている。宝塚歌劇関係の著作に『宝塚歌劇に誘(いざな)う7つの扉』『宝塚歌劇は「愛」をどう描いてきたか』(いずれも東京堂出版)など。「日経MJ」「朝日新聞デジタル」でも、舞台関連の記事を執筆中。NHK文化センター講師、早稲田大学非常勤講師。⇒中本千晶さんの記事一覧は、こちら

コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、コメントを書き込めます

最近のコメント

  1. Yun より:

    私も同じ回を観ました。
    柿澤くんの復活に感動!
    作品が持つオリジナリティにも目を見張りました。
    中本さんが書かれているように、進化していく作品を期待をもって目に心に残して、大千穐でどうかわるのかを見届けたいと思います!

  2. かのん より:

    同じ感想です、一度では足りなくて、もう一回見たい、別キャストでも見たい!
    見たときの思いが記事を読んで甦りました。

    歌は高低差が激しく、アクションもあるし、皆さん大変そう…限界超えてるのでは?と心配しつつも、見ている方はドキドキ、ハラハラ目が離せない、ハマってしまう

    アンリの時も悲しいのですが、怪物になってからはもっと哀しい…
    悲惨な目に合っているのに美しい…
    今までの小西さんが新たに生まれ変わった位に進化されていました…

    中毒性のあるミュージカルですよね、素敵な記事をありがとうございました。

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に数回発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年4月掲載分
■ 2017年3月掲載分
■ 2017年2月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
該当する投稿は見つかりませんでした。