「今、自分がようやく見えるようになってきた」、中川晃教さん単独インタビュー | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

「今、自分がようやく見えるようになってきた」、中川晃教さん単独インタビュー

筆者: 岩村美佳 更新日: 2017年3月6日

 

第24回読売演劇大賞最優秀男優賞を受賞した中川晃教さん。2017年2月15日に行われた受賞記念取材会の後、中川さんに単独インタビューさせていただきました。まずは、その一部を動画でご覧ください。授賞式の様子を撮影した写真も掲載します。アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、動画で紹介した部分以外のインタビューの全文を、テキストと写真で掲載しています。
 

 

 

※有料会員限定部分では、これまでの経験と今の繋がり、そして30代半ばを迎えた現在のご自身についてなど、色々な角度から伺ったお話の全文を、テキストで掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■「みんなのおかげなんだ、やった!」という思いを持って取材会に向かいました。

 

■(歴代受賞者は)三津五郎さん、平さん、段田さん、木場さん、幸四郎さん……すごいですね。

 

■今までどおり変わらず、ブレることなく、自分を持って、ひとつひとつに向き合っていきたい

 

■「うわぁ! やばい! 時速105kmも出てる! 減速しなきゃ!」みたいな感じ

 

■『精霊の守り人』では肌を真っ黒に塗るので、つい先日『フランケンシュタイン』で…。

 

■山と山の間の時間があったから自信を持てていて、自信が持てているから集中出来る

 

■本質で向き合って自分を磨いていこうと思ったときに、頑張れるようになったんです

 

 

中川晃教さん=撮影・岩村美佳

中川晃教さん=撮影・岩村美佳

 

 

中川晃教 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

※授賞式の様子を写真で紹介します。

 

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

 

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

 

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

 

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

 

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

 

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

 

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

 

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

 

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

 

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

 

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

 

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

 

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

 

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

 

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

 

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

 

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

読売演劇大賞授賞式にて=(C)えんぶ、撮影・岩村美佳

 

 

※中川晃教さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは3月20日(月)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. かのん より:

    中川さんまずは受賞改めておめでとうございます。
    まだまだ新米ファンである私には、中川さんのいう山と山、その間にあったろういくつもの谷、本当には存じ上げておりません。それでも、中川さんを応援するたくさんのファンの方々からお話を聞かせて頂いたり、ブログを読ませて頂いたり、中川さんの歩んできた長い月日を新米なりに受け取って喜びも痛みも感じてきました。私が出会ってからの中川さんはいつも光輝く姿ばかりですが、痛みや苦しみも乗り越えてきた月日あってこその今ここに立っている姿なのだろうと思っています。応援してきた月日をこれからどんどん超える先までずっと応援したいと思っています。岩村さんいつも素敵なインタビュー・記事をありがとうございます。

  2. mimi より:

    受賞おめでとうございます(*^^*)
    中川さんの舞台は恥ずかしながらまだ拝見したことがなく…
    12月1日に行われたAAAで初めて拝聴した歌声は衝撃的でした!
    ジャージーボーイズの再演も決まっていることですし、ぜひ次の機会には劇場でお会いしたいと思います。

  3. めいたま より:

    15周年という節目の年にやって来た作品・役がこのような名誉ある賞を受けることになるとはたぶんデビュー当時の中川晃教さんは想像すらしていなかったでしょう。応援してきて良かった!ととても嬉しく思っています。
    山と山の間と表現されていましたが、その間に主演以外の役をやるようになってから、お芝居への向き合い方が変わったような気がしていました。端から見ていると心配なこともありましたが、きっといろんなことにトライしようとしているんだと、その時の作品を楽しみながら応援してきました。
    年齢的にもキャリアも、中堅と言われる立場になったことがなんだか不思議な感じですが、しっかりと踏みしめながらステップアップして来たことがちゃんと結果に繋がった。こんなに嬉しいことはないですよね。
    長くなりましたが、本当におめでとうございます。信じて応援してきて良かった!これからもずっと応援していきたいと思います。

  4. あのは より:

    受賞おめでとうございます。ノミネートもですが聞いた時改めて嬉しかったです。15周年という節目に受賞で言葉以上に色々な思いが伝わってくる表情の映像が見れた事と繰り返しファンへの感謝の気持ちを真摯に語る記事に胸が熱くなりました。ジャージー・ボーイズ、フランケンシュタインという素敵な作品との巡り合わせと新たなファン層の獲得でこれからもますます飛躍される事を祈ります。

  5. 猫八 より:

    岩村さんの記事は、アッキーファン目線で、いつも素敵な写真とインタビューをしてくださるので、毎回楽しみにしています。今回も素のアッキーの人懐っこい笑顔が溢れていて、ファンにはたまりません‼︎
    山と山の間の時間、今のアッキーの本質を追求する姿勢の原動力として存在しているのですね。ますますファンであって良かったなと実感しました。次回も楽しみにしています。

  6. pure pure より:

    賞の重みをしってからの受賞はアッキーにとってもファンにとっても一層の喜びとなりました。共演者やスタッフ、ファンのことを忘れないアッキーの気持ちが嬉しくて,これからも応援していこうと思っています。授賞式の写真を多く載せて頂いたので様子がよくわかりました。ありがとうございました。

  7. まえ より:

    初舞台で受賞された読売演劇大賞優秀男優賞、16年を経て「最優秀」と更に大きく認められてファンとして感激しています。この先、天空まで、さらに高みへ飛翔していってください!

  8. 珊瑚 より:

    アッキーの最初の山である初演の「モーツァルト!」は見ていなくて、私にとって最初の山は「SHIROH」です。それから、小さな“谷”も深く深く底が見えないほど深く感じた“谷”も、ずっと彼と共に彼を見つめて歩いてきました。一緒に歩いてきた、そんな風に勝手に思っています。ここ数年のすごい勢いで山に登って行ったアッキーを、心から誇りに思っています。役柄のふり幅の大きさも彼の魅力の一つですし、ファン思いな彼を、これからも応援し続けて行きたいと思っています。(素敵な話を引き出してくださった岩村さんに感謝です。)

  9. Weeber より:

    「山と山の間の時間があったから自信を持てていて、自信が持てているから集中出来る」という言葉が印象的です。どんな時も、音楽を軸に、ぶれずにご自分の役割を果たしていらしたこともよくわかりました。
    記事から、中川さんの思いが伝わってきて、大切に読ませていただきました。有難うございました。

  10. おすし より:

    私は最近になって中川さんをよく拝見するようになったのですが(以前も拝見しておりましたが)、記事の通り、すごいことは知っていたが最近になって改めてすごいと感じております。
    なのでフランケンシュタインはたくさん拝見できて良かったですし、ジャージーボーイズは見ることができなかったので再演がとても楽しみですし、他の作品も見てみたい、これからの作品ももちろん楽しみ!
    本当にファンを大切にされていることが記事からわかりますし、ミュージカル、エンターテイメントを愛していらっしゃるのが伝わります。
    日本のエンタメ界を盛り上げていってほしいですし、こちらも全力で楽しみたいです!
    楽しみにしております!

  11. こまめ より:

    いつも素敵な記事をありがとうございます。そして素敵な写真の数々。岩村さんと中川さんのお話は毎回楽しく、時に涙しつつ読ませていただいています。写真も本当に素敵で中川さんの魅力が写真からも感じられます。いつも本当にありがとうございます。

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年12月掲載分
■ 2017年11月掲載分
■ 2017年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.