「七変化できるような女優さんになれたらいいな」、実咲凜音インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

「七変化できるような女優さんになれたらいいな」、実咲凜音インタビュー(下)

筆者: きた あつこ 更新日: 2017年11月7日

 

2017年12月5日から東京、大阪など全国各地で上演されるミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』に長女ツァイテル役で出演する実咲凜音(みさき・りおん)さんへの、アイデアニュース単独インタビュー部分です。『屋根の上のヴァイオリン弾き』についてのほか、宝塚歌劇団でのサヨナラ公演『王妃の館 -Château de la Reine-』の思い出や、トップコンビを組んだ凰稀かなめ(おうき・かなめ)さんや朝夏まなと(あさか・まなと)さんについてなど、インタビューで伺った内容の全文と写真を掲載します。

 

実咲凜音さん=撮影:アイデアニュース・橋本正人

実咲凜音さん=撮影:アイデアニュース・橋本正人

 

 

――合同取材会でも伺いましたが、『屋根の上のヴァイオリン弾き』は、宝塚歌劇団退団後、初のミュージカル出演となりますが、期待と不安と、どんなお気持ちですか?

 

今は、ワクワクする気持ちの方が勝ってます。初めは「不安? ワクワク?」みたいな感じでしたが、こうやって取材を受けさせて頂いてお話する中で、鳳さん(母親ゴールデ役の鳳蘭さん)とも今回こうやって長い時間ご一緒させて頂けて、ワクワクの方が強まっています。不安もありますが、環境が違うという部分では「お稽古場で、何着たらいいんだろう」とか、本当に些細なことから気になってしまいます。今までと全然違うじゃないですか? 今までは宝塚の娘役ってレオタード着て、お稽古のスカートをつけてって感じだったので、お稽古で「何着てもいいよ、Tシャツでも」って言われて。悩みますよね。

 

――なんでもいいよ、と言われると、かえって分らなくなりますね。

 

宝塚で着ていた格好で行ったら「派手だ、そんなに頑張らなくてもいいよ」と言われるらしくて。単純にそんなことも「どうなんだろう」って思います。

 

――結局、どんな格好で行かれる予定ですか?

 

どうしよう。ピンクとかではなく、ちょっと黒めの格好で行こうかなぁ(笑)。

 

――まだお稽古が始まっていないということなんですけれど、直接的な相手役になる「仕立て屋」モーテル役の入野自由さんの第一印象はいかがでしたか?

 

すごく優しそうで、お話がしやすそうな爽やかな方でした。

 

――「学生」パーチック役の広瀬友祐さん、「ロシア人青年」フョートカ役の神田恭兵さんは?

 

お3方とも人当たりが良く、お話しやすい感じでした。時間がそんなになかったので、皆さん全員とちゃんとお話しすることはできなかったんですけど、第一印象はとても良かったです。

 

――4月に宝塚歌劇を退団後、半年経ちましたが、宝塚時代を振り返ってみていかがですか?

 

怒涛でしたね(笑)。怒涛の中でも、すごく充実はしていました。

 

――忙しかったですか?

 

忙しかったです。でも、その時は自分の中では普通なんですよ。これが当たり前だと思って。

 

――退団して初めて忙しかったとわかったと?

 

そうです。だから今、現役の同期とかを思って「あ、宙組はお稽古始まって、東京公演が始まって…。やっぱり、忙しいなぁ」って。客観的にみると、そう思いますね。でも、その中にも、忙しいからこそ深まる絆もあるし、家族以上になる関係もあるし。なんか深いんですよ、関係性が。

 

――ブログなどを見せていただくと、いつも誰かと会ってる感じですね。

 

いつも誰かがいるんですよ。東京にも、関西にも。今までは「東京に公演へ行って」という感じだったので、そんなに東京に滞在してる感覚がなく「公演に行ってる」という感覚だったので、東京に住むとなったら不安な部分があったのですが、今は「誰かしら、いるなぁ」と(笑)。

 

――いいですね、安心ですね。

 

仲間がたくさんいるっていうのは、安心だと思います。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、宝塚時代の思い出など、単独インタビューで伺った内容の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■サヨナラ公演『王妃の館』はお芝居もショーもあって、宝塚らしい作品で良かった

 

■凰稀さんからは、こうやって役を作るのかということを間近で学ばせて頂きました

 

■朝夏さんとはよく見る並びだったので「新鮮味を忘れないコンビでいたいね」と

 

■楽しいなと思うのは、やっぱりミュージカル。でも色々なことに挑戦していきたい

 

 

<ミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』>
【東京公演】2017年12月5日(火)~12月29日(金) 日生劇場
【大阪公演】2018年1月3日(水)~8日(月・祝) 梅田芸術劇場メインホール
【静岡公演】2018年1月13日(土)~14日(日) 静岡市清水文化会館(マリナート)
【愛知公演】2018年1月19日(金)~21日(日) 愛知県芸術劇場大ホール
【福岡公演】2018年1月24日(水)~28日(日) 博多座
【埼玉公演】2018年2月10日(土)~12日(月・祝) ウェスタ川越大ホール
公式サイト http://www.tohostage.com/yane/

 

<関連リンク>
実咲凜音ホリプロオフィシャルサイト
http://www.horipro.co.jp/misakirion/
実咲凜音オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/mirion-misaki/
実咲凜音インスタグラム
https://www.instagram.com/misaki_rion/

 

ミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』 関連記事:

⇒すべて見る

 

実咲凜音 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

※実咲凜音さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは11月20日(月)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

実咲凜音さん=撮影:アイデアニュース・橋本正人

実咲凜音さん=撮影:アイデアニュース・橋本正人

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール> きた あつこ/アイデアニュース編集部で1番フツーな人。2人の女のコのママ。サザエさんのタマに似ていると言われる。いろんなことに興味津々で、ちょっと楽しい、ちょっと知りたい情報をHAPPYと共にお届けできるよう、常にウロウロ、常にキョロキョロすることが元気の源。 ⇒きた あつこさんの記事一覧

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年11月掲載分
■ 2017年10月掲載分
■ 2017年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.