「やればやるほど、間の意味がわかる」、舞台『管理人』溝端淳平インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

「やればやるほど、間の意味がわかる」、舞台『管理人』溝端淳平インタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2017年11月20日

 

2017年11月26日開幕の舞台『管理人』に出演する溝端淳平さんにインタビューしました。(上)(下)に分けてお届けします。溝端さんは、宿無し老人デーヴィス(温水洋一)を家に連れてきたアストン(忍成修吾)の弟、ミック役。家の所有者であると主張するミックと、家のリフォーマーと称する兄アストンは、口の減らない図々しいデーヴィスに、それぞれ別々に、この家の「管理人」にならないかと提案します…。稽古が進むなか、ハロルド・ピンター作品ならではの魅力や難しさ、森新太郎さんの演出について伺いました。

 

溝端淳平さん=撮影・岩村美佳

溝端淳平さん=撮影・岩村美佳

 

 

ーー森(新太郎)さんの稽古場はいかがですか?

 

長いですね(笑)。妥協をせずにいつまでも追求してくださるので有難いです。役者が出し切るまで諦めないというか。ただ追い込むのではなく、溢れるようにアイデアや思いが出てくる方なので、やっていてものすごく刺激的です。僕が演じるミックは、脈絡がなかったり、説明をまくしたてるように言うセリフが多いのですが、その言葉ひとつひとつをどう見せればいいのかを考えてくださり、台本にあるヒントを元に、役者から出るものを汲み取って広げてくれる感覚があります。森さんの要望に忠実に答えようとこっちも意地になってくるというか(笑)。

 

ーーむしろやる気が出る?

 

悔しいじゃないですか。「出来ないか、じゃあ次に行こう」ではなく、「出来ます」と言いたいので。単純に負けず嫌いなんです。役者が苦しんでいっぱいいっぱいになっていても、それでも出来るようにならないと。本番で何が起きるかわからないですしね。本当にじっくり稽古しているなと感じます。

 

ーー台本を拝見させて頂きましたが、細かく長いセリフですね。句読点も細かくて。

 

シェイクスピアや他の演劇作品は、言葉ひとつひとつが大きな目的に向かって論理的に語っていますが、今回の僕のセリフに関しては、読んでいてもこの人は何を言いたいのだろうか、と思うセリフが多く、ものすごく難しいです。さらに話の展開も早い。最初に読んだときはわからなかったのですが、毎日森さんと稽古を重ねているうちに、わかってくるものもありますし、単純なんだと気づくようなところもあります。すごく技術やテンションが必要ですね。

 

台本を読んで「?」と思ってしまうようなセリフを、論理的に、早く、的確に伝えなければいけませんが、「わかりやすく言ってくれているのに情報量が多すぎて全然わからない」とお客さんが引いてしまうくらいに思わせなければいけないので、そのハードルが高いのかもしれません。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、筆者の質問に対して長い沈黙を実際に作って、この舞台の特徴でもある「間」について説明してくださった、インタビュー前半の全文と写真を掲載しています。11月21日掲載予定のインタビュー「下」では、デビューから10年を迎えた今の思いや、2016年に亡くなられた蜷川幸雄さん、松本雄吉さん、平幹二朗さんへの思いなどについて語ってくださったインタビュー後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■話の流れは関係なく、役の力技でその空気感に変えなければ

 

■なぜか噛み合っていない3人なので、その意味での「間」が多い

 

■お芝居は、言葉、言葉、言葉。特に今回はそうだと思います

 

■キャラクターをちゃんと作った方が、ピンターの作品は面白いと

 

 

<舞台『管理人』>
【東京公演】2017年11月26日(日)~12月17日(日) シアタートラム
https://setagaya-pt.jp/performances/201711kanrinin.html
【兵庫公演】2017年12月26日(火)、12月27日(水) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
http://www1.gcenter-hyogo.jp/contents_parts/ConcertDetail.aspx?kid=4290112355&sid=0000000001

 

<関連サイト>
溝端淳平 オフィシャルウェブサイト
http://www.mizobatajunpei.com/
PROFILE 溝端淳平
http://www.evergreen-e.com/profile/?pid=mizobata_junpei

 

舞台『管理人』 関連記事:

⇒すべて見る

 

溝端淳平 関連記事:

⇒すべて見る

 

※溝端淳平さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは12月4日(月)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

溝端淳平さん=撮影・岩村美佳

溝端淳平さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. たにちゃん より:

    溝端淳平さんのファンで、舞台『管理人』をとても楽しみにしています。
    ハロルド・ピンターの作品は初めてなので、どんな舞台になるのか?!とてもドキドキしているのですが、インタビューで、淳平君が考えていらっしゃること、演出家の森さんがキャストの皆さんと作り込まれている舞台の様子、そんな部分がとても詳しくわかりました!
    なんと言っても、『間』の部分!
    舞台で、この『間』を演じるのもとても難しそう。
    一瞬、観客にこの間は何?と思わせておいての、お芝居!
    どんな反応になるのか、私自身も自分の反応に楽しみです。
    後半のインタビューも楽しみにしています。

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年12月掲載分
■ 2017年11月掲載分
■ 2017年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.