「劇団ならでは…」、小沢道成・一色洋平『もうひとつの地球の歩き方』対談(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

「劇団ならでは…」、小沢道成・一色洋平『もうひとつの地球の歩き方』対談(上)

筆者: 達花和月 更新日: 2018年1月15日

 

2018年1月19日(金)に開幕する虚構の劇団の2年ぶり新作『もうひとつの地球の歩き方〜How to walk on another Earth.〜』に出演する小沢道成さんと一色洋平さんにインタビューしました。フライヤーに書かれている「これは記憶とシンギュラリティと天草四郎の物語」という作品について、ネタバレにならないように語っていただきました。

 

小沢道成さん(左)と一色洋平さん=撮影・伊藤華織

小沢道成さん(左)と一色洋平さん=撮影・伊藤華織

 

 

――「虚構の劇団」久々の新作『もうひとつの地球の歩き方』、どんな作品でしょう?

 

小沢:2年ぶりの新作です。内容は、本当に鴻上(尚史)さんの話って全部ネタバレになっちゃうんですけど、鴻上さんがすでに話していることで言うならば、フライヤーに書かれている「これは記憶とシンギュラリティと天草四郎の物語」っていうのが、既に内容を知っている僕たちが「あぁ、なるほど!!確かにそうだわ。」って思えるという物語です。

 

一色:うんうん。

 

小沢:多分「シンギュラリティってなんなんだ?」とか、よくわからなかったり「天草四郎って、誰だっけ?有名な人だよね?」っていう感想だと思うんですけど。

 

――そうですね。

 

小沢:「シンギュラリティ」っていえば、ざっくり言うと…なんていうんでしたっけ?

 

一色:「シンギュラリティ」は、「技術的特異点」っていう言葉だとWikipediaで(笑)。

 

小沢:そう、それでも難しい言葉なんです。コンピューターが人間の知能を超えること、超える力、超える瞬間のことを「シンギュラリティ」って言うんです。説明として出てくるんですけど、最近でいうと囲碁とか。

 

一色:パソコンが勝手に囲碁をしたりとかね。

 

小沢:よくある、パソコンが人間に勝った!とか、そういうことですよね。そういうのが人間の能力を超える人工知能のことを「シンギュラリティ」っていうんですけど、2045年にはそれがもう人間を完全に越えるであろうということが言われているらしい、という。2045年っていったら、もうすぐじゃないですか。

 

――あっという間ですね。

 

小沢:なんかそういう「シンギュラリティ」っていうことと、あとはまぁ、その「AI」ですよね。人工知能の話。その「シンギュラリティ」というのと、あとは「天草四郎」が出てきたりもする、…かもしれない。

 

――かもしれない?

 

小沢:僕たちも「天草四郎」が出てくるかもしれないって情報だったから、ネットとかでどんどん調べていったんですけど、例えば“盲目の少女の眼を治した”とか、“海の上を歩いた”とか…。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、「劇団」でしか出来ない作品の意味や、一色さんが今回はオーディションに来たということなどについて語ってくださったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。16日掲載予定のインタビュー「下」では、お互いの印象や、お2人のユニット「一色洋平×小沢道成」について語っていただいたインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■小沢:「天草四郎」って、すごい謎な人物なんですよ。調べれば調べるほど

 

■一色:小沢さんが「これ、次の新作かも」と言うんです。で、ホントに出てる

 

■一色:「つき合いがあるけど、オーディション受けて大丈夫かなぁ」って(笑)

 

■小沢:オーディションってこうやって勝ち取ればいいんだ、って見せて貰った

 

<第13回公演『もうひとつの地球の歩き方〜How to walk on another Earth.〜』>
【東京公演】2018年1月19日(金)〜1月28日(日)座・高円寺1
【大阪公演】2018年2月2日(金)〜2月4日(日)ABCホール
【愛媛公演】2018年2月10日(土)〜2月11日(日)あかがねミュージアム あかがね座
【東京凱旋公演】2018年2月15日(木)〜2月18日(日)東京芸術劇場 シアターウエスト

 

<関連サイト>
『もうひとつの地球の歩き方』
http://kyokou.thirdstage.com
虚構の劇団 Twitter https://twitter.com/kyokou_gekidan
小沢道成プロフィール
http://www.thirdstage.com/management/ozawa.html
小沢道成 Twitter
https://twitter.com/MichinariOzawa
一色洋平プロフィール
http://www.grand-slam.co.jp/Artist/yoheiIsshiki.html
一色洋平 Twitter
https://twitter.com/yohei_isshiki
EPOCH MAN
http://epochman.com/index.html/

 

虚構の劇団 関連記事:

⇒すべて見る

 

小沢道成 関連記事:

⇒すべて見る

 

一色洋平 関連記事:

⇒すべて見る

 

※小沢道成さんと一色洋平さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは1月29日(月)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

小沢道成さん=撮影・伊藤華織

小沢道成さん=撮影・伊藤華織

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 不朽の名作少女漫画の金字塔「ベルサイユのばら」がきっかけで、2次元沼にハマり、二次創作界をほんのり揺蕩っていたが、某俳優さんとの出会いによって、3次元復帰なるも、今度は演劇沼にドップリ浸かる。ミュージカルからストレートプレイ、能楽堂と小劇場、日比谷・新宿・池袋・下北界隈に滞留多し。慢性金欠病の為、歌舞伎に手を出したくても出せないのがジレンマ~(>_<)な、今日この頃。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年1月掲載分
■ 2017年12月掲載分
■ 2017年11月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.