YouTubeで学ぶ英語:(2)「ムーブメントの始め方」TEDのスピーチより  | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

YouTubeで学ぶ英語:(2)「ムーブメントの始め方」TEDのスピーチより 

筆者: 松中みどり 更新日: 2015年7月7日

 

YouTubeで学ぶ英語、2回目はTEDのスピーチを使って勉強しましょう。TEDは、「ideas worth spreading 広める価値のあるアイデア」を世界中の人に伝えることを目的に、世界的な規模の講演会を主催している非営利団体です。素晴らしいスピーチが無料で公開されているので、英語の勉強にはもってこいです。とはいえ、最先端の技術や、最新の研究や、一流のエンターテインメントなど、各分野のトップクラスのスピーカーが練り上げたスピーチですから、歯ごたえは十分あります。一緒に勉強して消化し、自分のものとなるようにがんばりましょう。

 

 

企業家で、音楽家でもあるDerek Sivers さんは滑舌がよく、よく通る声の持ち主。練り上げられた分かりやすいスピーチをするので、TEDでも人気のスピーカーなのです。特に今回取り上げる「How to start a movement ムーブメントの始め方」は、軽妙な語り口ながら感動的な内容で、筆者も何度か英語の授業で使っています。約3分の短さなのも、いいですね。最初に一番言いたいことをはっきりと述べています。(   )の中を聞き取ってください。

 

※再生した後に、もう一度指定位置から再生する場合は、ページを更新して下さい。

 

Ladies and gentlemen, / at TED / we talk a lot / about leadership / and how to make a movement./  So let’s watch a movement (     1       ),/ start to finish, /in under three minutes /and (      2          ) some lessons /from it./

 

1   happen        So let’s watch a movement happen は、watch +目的語+動詞の原形「~が・・・するのを見る」 という意味になります。「movementがhappenするのを見よう→ムーブメントが起こるところを見よう」となります。

2   dissect      「解体する」「分解する」 「詳細に吟味する」 という意味の他動詞です。名詞はdissection 「解剖」という意味があります。 「そこからlessonを切り出しましょう」→「そこから教訓を引き出しましょう」となります。 dissect の発音は「ディセクト」でも「ダイセクト」でもOKですが、Derekさんは「ダイセクト」と発音し、前にand があるので  and dissect some lessons    最後のdが一緒になって聞き取りを難しくしています。

 

全体の意味は「みなさんこんにちは/ TEDでは/ よく話し合われます/ リーダーシップについて/ それからムーブメントの起こし方について/ではムーブメントが起きるところを見ましょう/ 最初から最後まで/ 3分もかかりません/ そしていくつかの教訓を引き出しましょう /そこから」となります。

 

リーダーというのは、この動画では最初にたったひとりで踊っている上半身裸の人のことです。Derekさんは、「リーダーにはひとりで目立って注目を浴びる勇気と、もうひとつ〇〇が必要」と言っています。何が必要なのでしょうか?ヒントは受動態。

 

※再生した後に、もう一度指定位置から再生する場合は、ページを更新して下さい。

 

First, / of course you know,/ a leader needs the guts / to stand out / and be ridiculed.  /    最初に/ もちろんお分かりでしょうが/ リーダーは(次のことに耐える)/勇気が要ります/ 目立つことと/嘲笑されること

 

ridicule は、「嘲る、冷笑する」という意味の他動詞です。リーダーには 「be ridiculed 笑われても」、そこでstand out するguts が要るのですね。

 

たったひとりで、人から注目を浴びて、「なにバカなことやってんだ」という視線に耐えるリーダーのところに、一人のfollower (追随者・信奉者)がやってきました。この最初のfollower こそ、大きな役割を果たしているのです。他の人たちに、こうやってfollowしたらいいんだよ、とお手本を見せています。リーダーがfollowerを平等に扱うところを見てください。もうリーダーはひとりではありません。ひとりのleaderと最初の followerで複数です。Derekさんは、この最初のfollower は、あまり評価を受けていませんが、リーダーシップのひとつの形であると話しています。こんな風に一緒になって目立つことだって、相当の勇気が要ります。それから、もうひとつなんと言っているでしょう。(    )の中を聞き取ってください。

 

Now, / if you notice /that the first follower is / actually an underestimated form / of leadership in itself/.  It takes guts /to stand out /like that. /

The first follower is what transforms a(     1       ) (     2      ) into a leader.

 

※再生した後に、もう一度指定位置から再生する場合は、ページを更新して下さい。

 

1 lone  形容詞 「孤独な  周りに誰もいない」

 

「孤独な」という形容詞で思い出されるのは alone という形容詞ですが lone と違ってalone は叙述用法だけに使える形容詞なので、名詞の前に出て修飾することが出来ないのです。たとえば I am alone という風に主語の補語として使用することしか出来ません。

 

このような形でしか用いられない形容詞の代表的なものは afraid  asleep alive などの a-で始まる形容詞です。 He seems afraid.   The child is asleep のように使い、「×afraid man 怖がっている男」「×asleep child  眠っている子ども」のような使い方は出来ないのです。

 

lone は逆に補語としては使えず、名詞を直接形容することしか出来ない限定用法の形容詞です。 lone wolf 一匹狼、とは言えますが、「× a wolf is lone 狼は孤独だ」とは言えないのです。普通の形容詞はどちらでも使えるのですが、たまに、決まった形でしか使えない形容詞があります。lone の仲間にはdrunken  elder  previous などがあります。  a drunken man とは言えますが He is drunken は×  my elder sister は〇でShe is my elder は×です。

 

2 nut   名詞  「変わり者」  木の実のナッツもこれですが、スラングでnut というと、「変わったやつ」、「頭のおかしい人」「何かにすごく夢中になっている人」という意味になります。

 

最後の1行を訳すと、「この最初のfollowerこそ、孤独な変わり者をリーダーに変えたのです」となります。

 

ここからは第二、第三のfollower がやってきて、だんだん集団になっていき、このmovementはpublicになっていくと語られます。弾みがついて、どんどん人がやってきて大きな集団になります。もう立ち上がって参加することに笑われるリスクはなく、むしろ参加しない方が笑われそうな勢いです。「これが、movementの起こし方です」とDerekさん。ではその部分を聞いて下さい。

 

※再生した後に、もう一度指定位置から再生する場合は、ページを更新して下さい。

 

Now, / here come two more people, /and immediately after,/ three more people./ Now we’ve got momentum. /This is the tipping point. /Now we’ve got a movement./  So, /notice that,/ as more people join in,/ it’s less risky./ So those /that were sitting on the fence before /now have no reason not to. /They won’t stand out,/ they won’t be ridiculed, /but they will be part of the in-crowd /if they hurry. /So, /over the next minute, /you’ll see all of those /that prefer to stick with the crowd /because eventually they would be ridiculed /for not joining in./ And that’s /how you make a movement./

 

難しい単語や表現だけメモを書いておきます。

momentum 名詞 はずみ、勢い、推進力

tipping point  転換点 そこから一気に物事が広がっていくポイント

as more people join in, it’s less risky   「人がたくさん参加すればするほど、リスクは小さくなっていく」

have no reason not to  ~しない理由はない

but they will be part of the in-crowd if they hurry 「急げば集団の中心部分に入れるかもしれない」

 

最後にDerekさんはこの動画からふたつの教訓をもう一度まとめておさらいしてくれます。ひとつは、もしあなたが最初に立ち上がって踊るタイプなら、followerを大切に平等に扱うことを忘れるなということ。大事なのは自分じゃなくて、movementだからです。

 

そして最も大事なlessonは、(     )の中を埋めながらもう一度味わって聞いてくださいね。

 

The biggest lesson, if you noticed — did you catch it? — is that leadership is (       1         ). Yes, it was the shirtless guy who was first, and he’ll get all the (     2    ), but it was really the first follower that transformed the lone nut into a leader. So, as we’re told that we should all be leaders, that would be really (    3     ).If you really (     4      )about starting a movement, have the courage to follow and show others how to follow.And when you find a lone nut doing (     5       ) great, have the guts to be the first one to stand up and (     6       ) in.  And what a perfect place to do that, at TED. Thanks. 

 

※再生した後に、もう一度指定位置から再生する場合は、ページを更新して下さい。

 

The biggest lesson, /if you noticed — /did you catch it?/ — is that leadership is (    over-glorified   )./ Yes, it was the shirtless guy /who was first, /and he’ll get all the (  credit   ),/ but it was really the first follower /that transformed the lone nut into a leader. /So, as we’re told /that we should all be leaders, /that would be really (   ineffective )./If you really (   care   )about starting a movement,/ have the courage to follow /and show others how to follow./And when you find a lone nut /doing (   something    ) great, /have the guts to be the first one /to stand up /and (    join     ) in.  /And what a perfect place to do that, /at TED. /Thanks. 

最大の教訓は/ 気づかれたかもしれませんが/ 気づきました? /それはリーダーシップは過大評価をされているということです。/ そう、確かにシャツを脱いで裸で(踊っていた)男が /最初の人物で / 彼が名声を得ることでしょう / でも最初のfollowerこそが /変えたのです /ひとりの変わり者をリーダーに。/ ですから、 /よく言われるみたいに /みんなリーダーにならないとなんてことは /それは効果的ではありません/ もしあなたが movementを始めることが大切だと思うのなら /ついていく勇気を持つことです。/ そして他の人にどうやってついていけばいいのかを示すことです。/ ひとりぼっちの変わり者が、/何かすごいことをやっているのを見つけたら/ 最初のひとりになる勇気を持ってください/ 立ち上がって / その人にやっていることに参加する勇気を。/それをするのにパーフェクトな場所ですよね /TEDという場所は。 / ありがとう/

 

誰もがlone nut :leader になれるわけではないけど、ひとりぼっちでなにか素敵なこと、素晴らしいことをしている人を支える最初の人になることは、私にもあなたにもできる。勇気さえあれば!元気がもらえる素晴らしいスピーチだと思います。何度も聴いて味わってみてくださいね。

 

—————————————

 

アイデアニュース有料会員向け【おまけ的小文】    このスピーチはとても素晴らしく、本当は全てご紹介したかったので、有料会員の方には全文スクリプトをお見せします。 (松中みどり)

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主催。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年7月掲載分
■ 2018年6月掲載分
■ 2018年5月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.