「ヤングフランケンシュタインは、思い切って」、瀬奈じゅんインタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

「ヤングフランケンシュタインは、思い切って」、瀬奈じゅんインタビュー(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2018年1月30日

 

2018年2月7日に開幕する「A NEW BROADWAY MUSICAL『FUN HOME ファン・ホーム ある家族の悲喜劇』」に主演する瀬奈じゅんさんのインタビュー、後半です。有料部分では、昨年の出演作品などについても伺いました。

 

瀬奈じゅんさん=撮影・岩村美佳

瀬奈じゅんさん=撮影・岩村美佳

 

 

――ブロードウェイの映像を拝見すると、アリソンが父がいたときを振り返っていく描き方ですよね。小学生時代、大学生時代の自分と父を舞台上で見ているシーンが多かったですが、当時の父を想像して見ているというのはどう思いますか?

 

多分、私が演じる43歳の役のアリソンというのは、その想像だけで現在生きていて、「どうしてパパは自殺したんだろう、どういう思いでいたんだろう」という想像を張り巡らせながら、父を思いながら漫画を描いていたりするわけじゃないですか。でも小学生時代や大学生時代のアリソンは、実際にそういう事がわからない間に、父の葛藤とかをわからない間に過ごしているから、まだあまり父を思い巡らしていない段階。でも、きっと何か感じるものがあって、感じる事はあるけれども、日々自分が生きて行く事に一生懸命になっている。だから、この3人の中で、父を思い巡らす場面があるのは私だけなんですよね。そういう意味では、孤独な戦いですが、誰とも絡みがないので(笑)。最後に、お父さんと時空を超えた絡みがあるけれども、孤独な戦いの中でどうやって表現していこうとは思いますね。

 

――逆に、小学生時代、大学生時代は、むしろ『エジソン最後の発明』の時の父と娘のような感じですよね?

 

そうだと思いますし、あそこまではぶつかれていないですよね。でも、きっと父親は何か隠している、何か翳をもっている、何か違和感があるという事は思いながら生活している。現実として父は存在しているから、思い巡らせる暇もないというか。小学生時代、大学生時代、43歳の3人のアリソンを一人に見せる事が、とても大変そうだなとは思います。

 

――楽曲のイメージはいかがですか。

 

こういう題材にしては、のどかというか。ただ明るい感じの曲調の割には、歌詞が悩みを吐露していたり、問いかけであったりします。私はまだ、日本語で、その曲調に合わせて歌っていませんし、聞いていませんので、まずは日本語でどうなるかというのを聞きたいと思っています。かと思えば、子どもたちが歌う歌はとても楽しい歌になっていたり、思いのほか明るいです。まだ譜面を頂いてなくて、どの辺のキーで歌うかがわかりませんが、普通の女性の声で、私のもっている女性の声で歌っていいものか、少し低めのトーンの声で歌っていいのかというのは、小川さんと相談ですね。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、ミュージカル『ヤングフランケンシュタイン』や『エリザベートTAKARAZUKA 20周年 スペシャル・ガラ・コンサート』などについても伺ったインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■吉原(光夫)さんは、当たり前の事を当たり前に繙いていく作業ができる方

 

■微妙な繊細な年齢を面白がって使って下さるので、やりがいがあります

 

■トートは両性具有みたいな事で構いませんが、ルキーニが難しかったです

 

■『FUN HOME』、「観てよかった」と思って頂けるように頑張ります

 

<A NEW BROADWAY MUSICAL『FUN HOME ファン・ホーム ある家族の悲喜劇』>
【東京公演】2018年2月7日(水)~2月26日(月) シアタークリエ
【兵庫公演】2018年3月3日(土)~3月4日(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
【愛知公演】2018年3月10日(土) 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
公式サイト
http://www.tohostage.com/funhome/

 

<関連リンク>
瀬奈じゅんオフィシャルウェブサイト
http://www.jun-sena.jp/
瀬奈じゅん東宝芸能オフィシャルサイト
https://www.toho-ent.co.jp/actress/profile.php?id=6872
瀬奈じゅんマネージャーtwitter
https://twitter.com/senajunmg

 

ファン・ホーム 関連記事:

⇒すべて見る

 

瀬奈じゅん 関連記事:

⇒すべて見る

 

※瀬奈じゅんさんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは2月12日(月)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

瀬奈じゅんさん=撮影・岩村美佳

瀬奈じゅんさん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. くめ より:

    瀬奈じゅんさんのインタビューとてもよかったです!
    FUN HOME観劇しましたが瀬奈さんのアリソンがとても素晴らしかったです。この記事を読んで小川さん演出でなかったら出演されなかったかもしれないとは…小川さんありがとうございます!

  2. よう より:

    瀬奈じゅんさんのインタビューを感慨深く拝見しました。本当にFUN HOMEを楽しみにしています。

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年12月掲載分
■ 2018年11月掲載分
■ 2018年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.