山口祐一郎と涼風真世の新たな魅力に引き込まれる、ミュージカル『マディソン郡の橋』 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

山口祐一郎と涼風真世の新たな魅力に引き込まれる、ミュージカル『マディソン郡の橋』

筆者: 岩村美佳 更新日: 2018年3月14日

 

ミュージカル『マディソン郡の橋』が、シアタークリエで上演中です。山口祐一郎さんと涼風真世さんのコンビによる、美しく、切なく、愛おしい物語。これまで数々のミュージカル作品で共演してきたふたりの、あらたな魅力に見とれて引き込まれました。

 

ミュージカル『マディソン郡の橋』より=写真提供・東宝演劇部

ミュージカル『マディソン郡の橋』より=写真提供・東宝演劇部

 

 

『マディソン郡の橋』は、20世紀を代表するロバート・ジェームス・ウォラー著の同名小説をもとに、1995年にクリント・イーストウッド監督・主演にて映画化され、2013年にはミュージカル化。翌年ブロードウェイに登場し、2014年トニー賞ではオリジナル楽曲賞と編曲賞を受賞しています。文学、映画、演劇と、3つの芸術ジャンルにおいて、世界で愛される物語の日本初演です。

 

アメリカ・アイオワ州の農場の主婦フランチェスカ(涼風)と、仕事でこの地特有のカバード・ブリッジ(屋根つきの橋)を撮影に来たフォトグラファーのロバート(山口)が、突然出会い惹かれ合います。この愛に人生をかけようとするふたりが、どのような選択をし、どのような人生を送るのか。これまでの人生、出会った今、そして未来が、ふたりを取り巻く人々の人生も交えて描かれています。

 

名作として知られる映画とはまた違った、ミュージカルならではの見どころは、主人公のふたりをはじめする、登場人物たちの人物像がより生き生きと見えてくること。それは物語の構造の違いも大きいですが、独白として自らの心情を歌う、ミュージカルならではの見どころでもあります。特に、山口さんが物語のラスト近くで、フランチェスカへの思いを歌うナンバーが絶品。これまでに“普通の男”を演じる山口さんを見た記憶があまりありませんが、とても新鮮でこんなに素敵なのかと嬉しい驚きでした。そして、対する涼風さんがとても可愛らしく、やはり新鮮です。はしゃいだり、戸惑ったりする姿がなんとも魅力的で愛らしいのです。母であること、女であること。そのどちらもがフランチェスカの真実であり、だからこそ悩み、そして決断する。ラストシーンでは、フランチェスカの生き様が清々しくも感じました。

 

美しく多彩な音楽、シンプルながら印象に残る美術、出演者たちの卓越した演技、細やかな演出、すべてが溶け合った豊かなミュージカルです。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、ミュージカル『マディソン郡の橋』開幕前に涼風さんに取材し、いただいた追加コメントを掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■演出の荻田浩一さんについて

 

■少人数のカンパニーについて

 

■ご自身の人生の選択で一番大きかったことは?

 

■シアタークリエ10周年について

 

※山口祐一郎さんと涼風真世さんのサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは3月28日(水)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

 

<ミュージカル『マディソン郡の橋』>
【プレビュー公演】2018年2月24日(土)~2月26日(月) 北千住 シアター1010(終了)
【東京公演】2018年3月2日(金)~3月21日(水・祝) シアタークリエ
【大阪公演】2018年3月28日(水)~4月1日(日) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

 

<公式サイト>
http://www.tohostage.com/madison/

 

こちらは『マディソン郡の橋』PV【舞台映像Ver.】です(TohoChannelより)。

 

 

<関連リンク>
涼風真世オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/suzukaze-mayo

 

マディソン郡の橋 関連記事:

⇒すべて見る

 

山口祐一郎 関連記事:

⇒すべて見る

 

涼風真世 関連記事:

⇒すべて見る

 

ミュージカル『マディソン郡の橋』より=写真提供・東宝演劇部

ミュージカル『マディソン郡の橋』より=写真提供・東宝演劇部

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. momo より:

    「不倫もの」と一言で片付けて敬遠した方もいらしたようですが、
    「人を愛する気持ち」「相手を大切にする気持ち」そんな人間的な部分を感じさせてくれる作品。
    素敵なレポをありがとうございました。
    難曲ばかりの作品ですが、キャストの人数が少ないことで、日々、より濃密に深化していってるように感じています。大阪はまだチケットあるようですし、是非足を運んでいただきたいですね。

  2. ももんが より:

    「マディソン郡の橋」先日、観劇しました。
    岩村さんのご感想が興味深く、また他にも気になる記事が
    たくさんあり、登録させていただきました。
    これからも、素敵な写真と記事を楽しみにしています。

  3. エル子 より:

    マディソン郡の橋
    映画と違った作品でしたね。若いときに観たときにはわからなかった心情が今の年齢になるとまた違って感じる。大人の作品だと思いました。また、10年後には違う感想になるのでしょうか。

  4. kaz より:

    山口祐一郎さんと涼風真世さんのファンで有利会員登録させて頂きました。妻もファンでミュージカルが大好きです。これから楽しく拝見させて頂きます。

  5. hitomi より:

    マディソン郡の橋の記事を目にすると大阪公演がすごく楽しみです。
    山口さんを早く見たいです。

  6. みみ より:

    プレビュー公演観せていただきました。菅弦楽器の切ない音色と、山口さん、涼風さんの
    素晴らしいお声が何ともいえない気持ちになりました。すばらしい舞台でした。
    あと4公演行く予定です。ますます期待しています。また山口さんのインタビューもお願いできたら嬉しいです。

  7. t より:

    舞台を記事にしていただけて嬉しいです。ぜひ、開幕「後」のことばも聞かせてください。

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースのおもな新着記事などを、お知らせします。だいたい月に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年5月掲載分
■ 2018年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.