台灣寶塚:(5) 首席明星(トップスター) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

台灣寶塚:(5) 首席明星(トップスター)

筆者: 文:中本千晶/訳:Flora/イラスト:牧彩子 更新日: 2018年3月3日

 

給台灣寶塚歌劇團粉絲的第一本入門書 相關作品(関連記事):

⇒すべて見る

 

『給台灣寶塚歌劇團粉絲的第一本入門書』第1幕第5場 首席明星

(『台湾のファンのためのタカラヅカ入門』第1幕第5場 トップスター)

 

 

第三次台灣公演預定演出的劇目是「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊記」,我從Amazon Video購買了影片觀賞,故事真的太有趣了,令人不自覺地一直看下去。我被那些想像不到的發展深深吸引,加上雕刻細膩的布袋戲偶太過美麗,也讓我常看到入神。

 

最有趣的是每個角色各有各的魅力。善於計謀且氣質神秘的美男子­-凜雪鴉,沒有人比星組首席明星-紅悠智露更適合這個角色,還有首席娘役-綺咲愛里扮演丹斐,禮真琴扮演捲殘雲,角色的分配真的太適合不過了!其他的出場人物,會由那位星組的組員來演出呢?光是想像就令人興奮不已。只能說這部作品真的太適合現在的星組啊。

 

『給台灣寶塚歌劇團粉絲的第一本入門書』第一幕進入後半場,本次要介紹的主題為「首席明星」,到底什麼樣的人可以成為首席明星呢?需要多少時間歷練才能成為首席明星呢?這些問題將在本次連載中為大家解密。

 

 

第3回台湾公演で上演予定の「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」、あまりに面白いのでアマゾンビデオで一気に見てしまいました。思いもよらないストーリー展開にぐいぐい引き込まれ、細かく作り込まれた人形の美しさにも見入ってしまいます。

 

何より、それぞれのキャラクターがとても魅力的。謎を秘めたイケメン策士、凜雪鴉(リンセツア)は星組のトップスター・紅ゆずるさんそのものですし、丹翡(タンヒ)役の綺咲愛里さん、捲殘雲(ケンサンウン)役の礼真琴さんも、はまり役になりそう。他の登場人物も誰がどの役をするのか予想するだけでワクワクします!   まさに今の星組にぴったりな作品ではないでしょうか。

 

「台湾のファンのためのタカラヅカ入門」第1幕もいよいよ後半戦に突入。今回は「トップスター」を取り上げます。トップスターはどういう人がなれるのか? トップスターになるまでには何年ぐらいかかるのか? 気になる疑問を解き明かします。

 

 

トップスターになるまで

トップスターになるまで
初舞台→注目されはじめる→新人公演主演→色々な役を経験→バウホール公演主演→活躍場面が増える→2番手スターになる→トップスターに就任→卒業(退団)

 

■首席明星是如何決定的?

(トップスターはどうやって決まるのか?)

 

寶塚歌劇五組個別有各組的首席明星與首席娘役,首席明星一定由男役擔任,經常主演故事的主角,首席娘役則大部分扮演愛上男主角的女主角。

首席明星與首席娘役,這到底是由誰來決定的呢? 雖然常有「由觀眾決定的」這說法,但是在寶塚歌劇團內是沒有像AKB這樣由粉絲投票來決定中間位置的機制。誰能夠成為首席明星,這是由劇團決定並正式公布。

某一組的首席明星或首席娘役公布了退團訊息後,通常在退團公演前為止會公布下一任的首席明星或首席娘役。在新聞或『歌劇』『寶塚GRAPH』的雜誌上也會有報導,但最快的消息管道則是寶塚歌劇團的官方網站上的訊息發表。

大部分的情形是由這組被稱為「二番手」的明星直接往上就任首席明星。「二番手」是僅次於首席明星的出場次數,通常扮演男主角的好朋友或是敵對的重要角色,通常對於「二番手」的定位並不會有正式發表,而是透過場刊中的照片大小或是戲劇中的腳色,落幕前的終曲時肩背的大羽毛的大小等地方觀察出蛛絲馬跡。偶爾也會有其他組的二番手等級的明星直接「組替」過來擔任首席明星的狀況。

 

タカラヅカの5組にはそれぞれトップスター・トップ娘役がいる。トップスターは男役と決まっており、常に物語の主役を演じる。トップ娘役は主人公と恋に落ちるヒロインを演じることが多い。

トップスター・トップ娘役は誰がどうやって決めるのだろう? よく「お客さまが決めるもの」とは言われるが、AKBのようなファン投票はタカラヅカにはない。誰がトップスターになるのかを決定して発表するのは劇団だ。

ある組のトップスター・トップ娘役の退団が発表されると、その退団公演の前までには次期トップスター・トップ娘役も発表されることが多い。新聞や雑誌『歌劇』『宝塚GRAPH』誌上でも行われるが、最も早く知ることができるのは何といっても劇団の公式サイト上である。

多くの場合は、その組で「二番手」と呼ばれていたスターが繰り上がってトップスターに就任する。「二番手」はトップスターの次に出番が多く、主人公の親友や敵役などの重要な役を演じることが多い。公式に決められているわけではないが、プログラムの写真の大きさやお芝居における配役、フィナーレで背負う羽根の大きさなどで何となくわかるものだ。稀に、他組の二番手クラスのスターが「組替え」してきてトップに就任することもある。

 


 

※以下為ideanews收費會員(月付300日幣)頁面內容

 

※ここからアイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分です。

 

<後半(付費會員的閱讀限定部分)的副標題>

 

<後半(有料会員限定部分)の小見出し>

 

 

■首席明星需要有「體力」與「聲望」

(トップスターには「体力」も「人望」も必要)

 

■成為首席明星的路程中,第一關口就是「新人公演」

(トップスターへの道のり、最初の関門は「新人公演」)

 

■「大器晚成」的首席明星的支持也是粉絲所享受的醍醐味

(「遅咲き」トップスターの応援はファンの醍醐味)

 

■成為首席娘役要多一些運氣?

(運が良くないとトップ娘役にはなれない?)

 

■再見(SAYONARA)公演亦有全新出發的意謂

(新たな始まりを予感させる「サヨナラ公演」)

 

■寶塚專門用語說明

(タカラヅカ専門用語の説明)

 

給台灣寶塚歌劇團粉絲的第一本入門書 相關作品(関連記事):

⇒すべて見る

 

針對加入會員與付費相關的中文說明,請參考 這邊
https://ideanews.jp/taiwan-member

 

(有料会員登録は、こちらから)
https://ideanews.jp/p15561

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者>文:中本 千晶/翻訳:Flora/イラスト:牧 彩子 ⇒『給台灣寶塚歌劇團粉絲的第一本入門書』記事一覧

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースのおもな新着記事などを、お知らせします。だいたい月に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年5月掲載分
■ 2018年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.