「譲れない部分、対立、そして友が…」、石井一彰・片島亜希子対談(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

「譲れない部分、対立、そして友が…」、石井一彰・片島亜希子対談(下)

筆者: 達花和月 更新日: 2018年3月16日

 

『コーラスライン』の作詞家、エドワード・クレバンの自伝的ミュージカルである『クラス・アクト』の初の日本人キャストによる公演で、主人公、エド・クレバンを演じられる石井一彰さんと、翻訳・訳詞・演出の片島亜希子さんのインタビュー後半です。主に石井さんに、作品についてやテレビドラマ『科捜研の女』レギュラー出演について伺いました。

 

石井一彰さん=撮影・伊藤華織

石井一彰さん=撮影・伊藤華織

 

 

――『クラス・アクト』という作品と、『コーラスライン』の作詞家、エドワード・クレバン氏についてはご存知でしたか?

 

石井:いや、初めてです。

 

――『コーラスライン』で調べてみると、Wikipediaなどにも作詞家の名前は載っていなくて。

 

石井:そうなんです、載ってないんですよね。

 

片島:そこがまた、ドラマなんですよ。

 

石井:知名度も高くないんじゃないですか。

 

――実在した人物を演じられるということで、エド・クレバン役をどのようにとらえていらっしゃいますか?

 

石井:言葉で説明するとすごく難しいんですけど、ただ、ものすごく頭の中がグルグルグルグル回っている人っていうイメージがありますね。

 

――エドの人生、考え方に共感できるところや、感じるところはありますか?

 

石井:生き方に関して言うと、悲劇っていうと悲劇というか、才能があるのに才能を無駄にしてしまい、いろんなことがあって、タイミングがなかったり、自分の性格があったり、人間性とかそういうのもあるんですけど、友達がスポットライトを当ててくれてこの作品があるからこその「彼」ですけど、もしこの作品が無かったとしたら、やっぱり辛いですよね。

 

作曲やりたいっていう気持ちでやってて、結局、自分の中で譲れない何かがあって。なにか譲れないと生きていけないじゃないですか。だけども譲れない自分があって。後半の方で『コーラスライン』の作曲家と一緒に作業する中で、お互い譲らないシーンがあるんですね。それって端から見ると見ると、やっぱりちょっと「何だ?!」って思うじゃないですか。自分の意見はわかるけれども、作品を作る上でもうちょっと譲らなきゃいけない部分も絶対あるし、そんなの人生で譲る部分がないと生きていけないと思うんですよね、どの世界も一緒ですけれど。

 

でも譲れないっていうところは、なんかすごく、共感じゃないんですけど、ただそれをそのことを彼は才能があるからこそ、譲れないことに対して本当に彼の才能を見抜いている人たちはそれに対して嫌な思い、けんかしたりはしますけど、でも最終的には彼っていう人物を理解している。そういう人間性というか、そういうところがすごくいいなって思いますね。

 

――世間的には認められていないけれど、彼自身の才能を理解してくれる周りの人間が居る、ということですね。

 

石井:キャストは8人だけどみんな友人で、その友達たちが彼のことを語っていく訳ですから。そういう友人が居たっていうことは、すごく、やっぱり彼がすばらしい人間だったっていことなんじゃないかなって思います。

 

――エドに人間的な魅力があったればこその友人たちの存在、ですね。

 

石井:すごくあると思いますね、うん。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、子どものころの話やテレビドラマ『科捜研の女』レギュラー出演など、インタビュー後半で伺ったお話の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■石井:(自身がピンチの時は?)「まぁ、いいんじゃない。やれば?」と

 

■石井:親が宝塚がすごく好きで、2歳とか3歳くらいから宝塚を観てたんです

 

■石井:『科捜研の女』にゲストでくる方たちの緊張感はハンパない。結果を残そうと

 

■石井:ドキドキ、観たこと無いものを観に来るっていう気持ちで観に来てほしい

 

<AKA Company『A CLASS ACT』>
【東京公演】2018年3月22日(木)~3月25日(日) 東京芸術劇場シアターウエスト
公式 HP
http://katashima-office.com/aclassact.html

 

<関連リンク>
AKA Company Twitter
https://twitter.com/AKA__Company
石井一彰 東宝芸能株式会社
http://www.toho-ent.co.jp/actor/profile.php?id=5668
石井一彰 Twitter
https://twitter.com/akkun229
カタシマオフィス
http://katashima-office.com/

 

クラス・アクト 関連記事:

⇒すべて見る

 

石井一彰 関連記事:

⇒すべて見る

 

片島亜希子 関連記事:

⇒すべて見る

 

※石井一彰さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは3月29日(木)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

石井一彰さんと片島亜希子さん=撮影・伊藤華織

石井一彰さんと片島亜希子さん=撮影・伊藤華織

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 二次元二次創作界の住人から、ひとりの俳優さんとの出会いをきっかけに演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、いろんな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. きまこ より:

    とても興味深く読ませていただきました。ずっと楽しみにしていた観劇が更に楽しみになりました。お二人をはじめ、キャストのみなさんの熱い思いをたくさん感じたいです。

  2. もっち より:

    AKAカンパニーさんの舞台は2作品とも拝見していますが、あっという間に大ファンになりました。
    そして、デビューの頃からファンの石井さんにも出演してほしいな~と願っていたら・・・すぐに現実になり、夢のようです。
    記事を読み、運命に導かれたような出会いを感じました。
    日本初演!オリジナルキャスト!
    ドキドキ&ワクワクしながら、新たな発見を楽しみたいと思います。

  3. mana より:

    上下とも読み応えがあるインタビューでした。
    クラスアクト観劇がとても楽しみになりましたし、石井さんの事もさらに好きになりました。

  4. ふじみん より:

    とても深いところまで踏み込んだ読み応えのある記事でした。
    この作品に対するお二人の思いを知ることができ、観劇するのがますます楽しみになりました!
    石井さんの科捜研のお話に触れてくださったのも嬉しかったです。

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年9月掲載分
■ 2018年8月掲載分
■ 2018年7月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.