「自由代表な役」、ミュージカル『生きる』新納慎也・小西遼生インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

「自由代表な役」、ミュージカル『生きる』新納慎也・小西遼生インタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2018年6月21日

 

2018年10月8日(月・祝)にTBS赤坂ACTシアターで開幕する(10月7日にプレビュー公演あり)、ダイワハウス presents ミュージカル『生きる』に小説家役で出演する、新納慎也さんと小西遼生さんにインタビューしました。(上)(下)に分けてお届けします。

 

新納慎也さんと小西遼生さん=撮影・岩村美佳

新納慎也さんと小西遼生さん=撮影・岩村美佳

 

 

――黒澤明監督の映画『生きる』をご覧になったことはありましたか?

 

新納:一応あります。20歳くらい、いやもっと若かったかな。あまり詳しくは覚えていないのですが、ブランコのシーンを覚えています。とにかく映画が古かったですし、当時の撮影はマイクをつけていないので、いまいち台詞が聞き取れなかったんです。今回台本をもらって、それから観たことで作品の理解が深まりました。こういう話だったんだと。

 

小西:僕もだいぶ若いときに観ました。黒澤作品をたくさん観ようと思っていた時期に観たんですよ。「生きる」というテーマもストレートで、物語はすごく分かりやすかった分、あまり真正面から受け止めきれないんですよね。観るものとして、楽しむものとして、「生きる」というテーマで観るには、その当時はあまり共感をもって観てはいなかったなと思いますね。

 

――今回、改めてミュージカル化されることになり、小説家役でというお話になったときはいかがでしたか? お二人でなにか話されたりしましたか?

 

新納:なにも話してないね。

 

小西:話していないですね。小説家は、映画では渡辺勘治やその息子の光男のような物語の筋の部分ではないですが、きっと舞台でだいぶんポジションが変わるだろうなと最初に思いました。だから、あまり映画というものをヒントにはしないで、置いておきましたね。

 

――「あの作品のあの役だ」というよりは、「一作品として」という感覚ですか?

 

新納:そうですね。今、あの作品をしっかり観ようと思ったら、多分ちゃんと映画館で観ないと音が聞き取りにくいですよね。DVDの世界だと、これはこれとしてという感じ。一舞台作品として台本と向き合っている感じですね。映画のなかの、小説家役とは全然違うように描かれているんですよ。

 

――ミュージカルではストーリーテラーなんですよね。改めて台本を読んで、ワークショップもあった中で、小説家役をストーリーテラーとして今考えている時点では、この役についてどう思ってらっしゃいますか?

 

小西:まだ結構台本が変わりそうな気配がするので、あまり考えていないんです。ストーリーテラーとしてのポジションと、渡辺によって小説家自身もうかつにも影響されていくというような大筋が見えていて、それ以外の部分は肉付けされたり、削ったりという作業をこれから行われるんじゃないかなと感じる、3日間程のワークショップでした。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、小説家役についてWキャストについてなどインタビュー前半で伺ったお話の全文と写真を掲載しています。6月22日掲載予定のインタビュー「下」では、名作映画が現代のミュージカルになることでより見えてくるものなどについて話してくださったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■息が抜け、なにか起こしてくれそうな、善なのか悪なのか分からない存在

 

■『スリル・ミー』は、稽古場も別で、一緒に作った感はなく、それぞれで作って

 

■『next to normal』のときもよく話したりしていたので、多分話し合うんだろうな

 

■(小説家役は)自殺しそう/睡眠薬飲んでるし/「生きていてごめんなさい」って

 

 

<ダイワハウス presents ミュージカル『生きる』>
【プレビュー公演】2018年10月7日(日) TBS赤坂ACTシアター
【東京公演】2018年10月8日(月・祝)~10月28日(日) TBS赤坂ACTシアター
公式サイト
http://www.ikiru-musical.com/

 

<関連リンク>
新納慎也 Ofcial Web Site
http://www.shinya-niiro.jp/top/
新納慎也オフィシャルブログ『ニイロの思考カイロ』
https://ameblo.jp/shinya-niiro
新納慎也Twitter
https://twitter.com/shinyaniro
小西遼生オフィシャルサイト
https://konishiryosei.com
小西遼生オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/ryosei-konishi/

 

ミュージカル『生きる』 関連記事:

⇒すべて見る

 

新納慎也 関連記事:

⇒すべて見る

 

小西遼生 関連記事:

⇒すべて見る

 

※新納慎也さんと小西遼生さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは7月5日(木)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。(このプレゼント募集は終了しました)

 

新納慎也さんと小西遼生さん=撮影・岩村美佳

新納慎也さんと小西遼生さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. ちゅう より:

    お二人のWキャストにワクワク・ドキドキしているひとりです。
    「スルース」での新納マイロ・音尾マイロ。
    「フランケンシュタイン」での小西アンリ・加藤アンリ。
    すべて観てますが、2が月続けて上演されたこの2作品で、Wキャストの概念が覆されました。
    今度の「生きる」も楽しみにしています。(もちろん、両方見ます!)

  2. のあのあ より:

    お二人の作り上げる小説家を、二つともみて、堪能したくなりました

  3. 白狐 より:

    映画『生きる』はあの有名なブランコのワンシーンしか知らず、ただ「モノクロで哀しい映画」という印象でしか無かった… それがカラーで、しかもミュージカルとして上演!亜門さんの演出が楽しみです!

  4. きゃさりん より:

    結核の文豪、太宰治や芥川龍之介のような自殺する小説家を思い浮かべます。
    果たしてどんな小説家になるのか楽しみです。
    舞台は両方のチケットを取りました。全く違うものになると思うので違いを楽しみたいと思います。

  5. ロゼ より:

    役について色々伺えて、嬉しいです。
    立ち姿の写真がすごくカッコいい!
    アップももちろん素敵ですが、全身を真正面から撮ったのってなかなかないので、すごーく嬉しいです。
    お二人ともスタイルいい、足ながっ!
    後半も楽しみにしています。

  6. 灰猫 より:

    インタビューを呼んでますます観劇するのが楽しみになりました。どうして鹿賀さんと新納さん、市村さんと小西さんの組み合わせのキャスティングになったのかも知りたいなと思いました。ホントに市村さんより小西さんのほうが重病人に見えそうですね(笑) 毎回素敵な写真をたくさん、また他のメディアとは違った視点でのインタビューを載せて頂いているので、後半もとても楽しみです。

  7. ユラ より:

    舞台楽しみに待ちながら
    インタビューを読ませて頂きます。
    後半も楽しみに待っています。

  8. 菜月 より:

    まだ鹿賀・新納コンビしかチケット買っていませんが、
    これは両方見るしかありませんね。
    お互いの個性が役を通してどのように発揮されるのか、楽しみでなりません。
    案の定チケットが増えそうです(笑)

  9. ぽち蔵 より:

    今回も素敵なお写真とインタビューをありがとうございます。
    お二人の対比がとても興味深く、お稽古が始まってからのインタビューも読んでみたいと思いました。
    後半も楽しみです!

  10. K より:

    新納さんも小西さんも大好きな俳優さんなので、一段と舞台を早く観たくなりました。後半も楽しみにしています。
    毎回素敵なお写真でも楽しませていただいております、いつもありがとうございます。

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年9月掲載分
■ 2018年8月掲載分
■ 2018年7月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.