「自分の女性性も考え直さなくてはいけなかった」、『恋とボルバキア』小野さやか監督インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

「自分の女性性も考え直さなくてはいけなかった」、『恋とボルバキア』小野さやか監督インタビュー(下)

筆者: 森田 のり子 更新日: 2018年4月6日

 

新作ドキュメンタリー映画『恋とボルバキア』が全国で順次公開されているなか、監督の小野さやかさんのインタビューを2回に分けてお届けします。(下)では、出演者との具体的な関係性や、制作を支えた動機とその価値観の変化、さらに今後の計画について聞きました。

 

小野さやかさん=撮影・伊藤華織

小野さやかさん=撮影・伊藤華織

 

 

——出演者の方々の自己演出を尊重しながら撮影を進めたとのことですが、一子さんと連絡がとれなくなって、家へ押しかけるといった局面もあったそうですね?

 

一子さんはテレビ番組の時から出演していましたが、映画の撮影をしていた時期には母親の介護などがあって、女装をやめてしまっていたんです。でも、一子さんの存在を映画から外すということは考えられませんでした。王子、あゆ、みひろ、樹里杏、はずみ、魅夜という面々は、わかりやすく、若さやかわいさを表しているのですが、一子さんは違った要素を持っていました。一子さんは、女の子になりたかった自分を捨てて、男性として結婚して家族を作っている人です。それなのに、時に揺り戻されて女の子になろうとする部分があって、そこに「かなしさ」を合わせ持っていました。

 

——たしかに、一子さんのパートは、女装そのもの以上にその日常生活や何気ない言動がとても印象に残りました。

 

一子さんが銭湯に行くシーンを見ていてホッとするのは、一子さんが自分の姿を意識していないということにポイントがあります。これは私の勝手な仮定ですが、社会のルールがなければ、出演者たちが「女装」する必要もなかったのではないか、という気がするんです。私たちの社会が人々を「男」「女」という型にはめようとするからこそ、「女装」することに意味が生まれているように思います。一子さんと私の関係性では、どちらの彼/彼女も肯定し合っているという感覚があったので、あのシーンにはどんな一子さんでも受け止める、というこちら側の姿勢と、裸の素顔を見せてくれた、一子さんがいます。

 

——一度は接触を拒否されたこともある一子さんと、あのように親密なシーンを撮るほど関係を修復できたのはなぜでしょうか?

 

家に押しかけた時には、ものすごく怒られました。でも、その時に一言だけ伝えたいことを決めていて、その一言を一子さんが受け入れてくれたのだと思います。それ以降は、仕事中の様子なども撮らせてくれるようになりました。ただ、魅夜さんの恋人の一件も含めて、ドキュメンタリーを作るなかで出演者との関係性が壊れるというのは、監督としての信用にかかわる問題です。それ以上に、4年間の関係性づくりもあるので、どこまで人を信用できるか、もうドキュメンタリーを作れなくなるんじゃないかというところまで追いこまれました。

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、「今回の劇場公開を経て、いったんドキュメンタリーから離れてみようかなと考えている」と話された小野さんにその理由などを伺ったインタビュー後半の詳細と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■私自身の女性としての劣等感が大きく関わっています

 

■今は、自分の性があやふやな方が良いと思っているんです

 

■いったんドキュメンタリーから離れてみようかなと……

 

 

<映画『恋とボルバキア』>2018年4月5日以降の上映劇場
【京都】3月17日(土)~終映未定 出町座
【新潟】3月31日(土)~4月6日(金) シネ・ウインド
【北海道】4月6日(金) シアターキノ
【兵庫】5月26日(土)~6月8日(金) 元町映画館
【福岡】6月12日(火) KBCシネマ1・2
劇場情報はこちらでご確認下さい
http://koi-wol.com/theater/

 

<関連リンク>
映画『恋とボルバキア』公式サイト
http://koi-wol.com/
映画『恋とボルバキア』公式ツイッター
https://twitter.com/koi_wol
小野さやかブログ「Blue Berry Bird」
http://sayaka-ono.jugem.jp/
小野さやかツイッター
https://twitter.com/ducklingahiru

 

恋とボルバキア 関連記事:

⇒すべて見る

 

小野さやか 関連記事:

⇒すべて見る

 

※小野さやか監督のサイン入り『恋とボルバキア』パンフレットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは4月19日(木)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

映画『恋とボルバキア』より=(C)2017「恋とボルバキア」製作委員会

映画『恋とボルバキア』より=(C)2017「恋とボルバキア」製作委員会

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール> 森田 のり子(もりた・のりこ)/産業系新聞社勤務のかたわら、大好きなドキュメンタリー映画の批評、ドキュメンタリー専門雑誌「neoneo」の編集、ドキュメンタリーの上映イベント企画などに携わってきました。さらにドキュメンタリーの世界を究めようと決意し、新聞社を退職して東京大学大学院学際情報学府に入学。現在は同大学院博士課程に在籍し、日本のドキュメンタリー映画史について研究しています。⇒森田 のり子さんの記事一覧

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年4月掲載分
■ 2018年3月掲載分
■ 2018年2月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.