台灣寶塚:(7)寶塚粉絲的不成文規定(タカラヅカファンのしきたり) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

台灣寶塚:(7)寶塚粉絲的不成文規定(タカラヅカファンのしきたり)

筆者: 文:中本千晶/訳:Flora/イラスト:牧彩子 更新日: 2018年4月7日

 

給台灣寶塚歌劇團粉絲的第一本入門書 相關作品(関連記事):

⇒すべて見る

 

『給台灣寶塚歌劇團粉絲的第一本入門書』第1幕第7場 寶塚粉絲的不成文規定

(『台湾のファンのためのタカラヅカ入門』第1幕第7場 タカラヅカファンのしきたり)

 

 

大家好,我是擔任本連載插圖的牧彩子。

春天的腳步近了,寶塚的花之道兩旁的櫻花盛開,緊接著104期生的初舞台也即將開始,心中雀躍不已。

 

因為目前我的小孩還小,所以無法隨心所欲地參加特定的寶塚淑女的粉絲活動,以前我也曾經去等過入待,也參加過茶會,寶塚淑女與粉絲的距離,不遠也不近,這樣的距離剛剛好。

 

我認為對於寶塚歌劇的喜愛,是可以依照自己目前身處的狀況適時的改變聲援的方法,能夠長期間的享受這個興趣的。現在雖然只能帶著我的兒子到花之道散步,但光只是這樣都覺得非常幸福。我很期待有一天,我的兒子會突然告訴我:「媽媽,我想去看寶塚!」(笑)

 

『給台灣寶塚歌劇團粉絲的第一本入門書』第一幕第七場主題為「寶塚粉絲的不成文規定」,介紹了一些寶塚粉絲的生活樂趣,敬請詳閱。

 

 

皆様こんにちは!今回連載のイラストを担当している牧彩子と申します。いよいよ春がやってきましたね!宝塚の花の道は桜が咲き、もうすぐ104期生も初舞台。心が踊ります。

 

私は現在息子が小さい事もあり、特定のタカラジェンヌのファン活動はできていないのですが、以前は入待ちを見たりお茶会に参加した事もありました。ファンとの距離が遠すぎず近すぎないっていいですよねえ。

 

宝塚歌劇って、自分の状況に応じて色々な応援の仕方が出来て、長いスパンで楽しめるところが本当に素敵だな…といつも思います。今も息子を連れて花の道を散歩するだけでなんと幸せなことか…!いつか息子が「お母さん、宝塚を観たい!」と言い出す日を楽しみにしています(笑)

 

「台湾のファンのためのタカラヅカ入門」、第1幕第7場のテーマは「タカラヅカファンのしきたり」です。宝塚ファン生活の楽しみ方をいくつかご紹介しましょう!

 

宝塚ファンの色々なタイプ

宝塚ファンの色々なタイプ
◆オールドファン・Aさん(ファン歴50年/宝塚友の会会員/全公演必ず観劇/昔あるスターを熱烈に応援していた)
◆熱烈ファン・Bさん(ファン歴5年/あるスターの私設ファンクラブ会員/入り待ち・出待ち、お茶会は欠かさない/贔屓スターの組は10回以上観劇)
◆男性ファン・Cさん(妻の影響で1年前からファンに/妻とともに年5回ぐらい観劇/娘役がやはり気になる)
◆遠方ファン・Dさん(ファン歴10年/遠方のため宝塚大劇場で観劇するのは年1〜2回/ライブ中継と全国ツアーが楽しみ)

 

 

■官方粉絲團「寶塚友之會」

(公式ファンクラブ「宝塚友の会」)

 

喜歡上寶塚歌劇,想要得到更多的情報,想要更加支援寶塚明星的時候該怎麼做才好呢?是否有「粉絲俱樂部」這樣的組織呢?

首先,劇團官方的粉絲俱樂部是「寶塚友之會」,年費是2,500日圓(WEB會員是1,500日圓),加入「寶塚友之會」會有一些特殊的優惠活動。最有用的好處應該就是公演票券的先行販賣了。先行販賣是在一般售票時間前提早將一小部分的票券事先開放給會員購買,先行販賣首先會以隨機抽選的方式,之後以先後順序來進行。

如果在抽選的時候就抽到的話,可能會拿到非常好的座位的票,或是一些人氣高的公演的票也可以取得。許多的日本粉絲期待這個幸運時刻,因此都會加入「寶塚友之會」。

只是,「寶塚友之會」抽選方式的先行販賣因採用所謂的「Status制度」,也就是使用會員服務頻率越高抽票的當選率也會越高,因此,在加入會員前,請先詳讀官方網站「寶塚友之會」(http://kageki.hankyu.co.jp/friends/index.html)後再決定是否加入會員。

 

 

タカラヅカのことが大好きになってしまった、もっと情報を得たい!もっと応援したい!と思った場合、どうすればいいか? 「ファンクラブ」のようなものはあるのだろうか?

まず、劇団公式のファンクラブとして「宝塚友の会」がある。年会費は2500円(WEB会員は1500円)。入会すると幾つかの特典があるが、一番のメリットは先行販売でチケットを入手できることだろう。先行販売とは、一般販売の前に一部のチケットを会員に販売することだ。まず抽選方式、次に先着順方式での先行販売が行われる。抽選での先行販売に当選すると、場合によってはとてつもなく良い席のチケットや、入手困難な公演のチケットが手に入ることもあるから、この幸運に期待して日本では多くのファンが入会している。

ただし、抽選方式の先行販売では、会員サービスの利用頻度が高いほど当選確率が上がる「ステイタス制」が敷かれていることには注意が必要だ。詳しくは公式サイトの「宝塚友の会」のページ(http://kageki.hankyu.co.jp/friends/index.html)を熟読の上、入会するか否かを検討してみよう。

 


 

※以下為ideanews收費會員(月付300日幣)頁面內容

 

※ここからアイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分です。

 

<後半(付費會員的閱讀限定部分)的副標題>

 

<後半(有料会員限定部分)の小見出し>

 

 

■生徒個人的粉絲會是「各自營運」的組織

(スター個人のファンクラブは「自主運営」)

 

■到底要不要加入私設的粉絲會?

(私設ファンクラブ、入るべきか入らざるべきか?)

 

■「入待・出待」的規則

(「入り待ち・出待ち」のルール)

 

■「入待・出待」的時間裡可擴充交友圈

(「入り待ち・出待ち」で広がる友だちの輪)

 

■用粉絲信告知崇拜的心情

(お手紙を出して気持ちを届けよう)

 

■「男子塚粉」陸續增加中?

(「ヅカ男子」も増えている?)

 

 

給台灣寶塚歌劇團粉絲的第一本入門書 相關作品(関連記事):

⇒すべて見る

 

針對加入會員與付費相關的中文說明,請參考 這邊
https://ideanews.jp/taiwan-member

 

(有料会員登録は、こちらから)
https://ideanews.jp/p15561

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者>文:中本 千晶/翻訳:Flora/イラスト:牧 彩子 ⇒『給台灣寶塚歌劇團粉絲的第一本入門書』記事一覧

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年12月掲載分
■ 2018年11月掲載分
■ 2018年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.