台灣寶塚:(8) 寶塚的歷史(タカラヅカの歴史) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

台灣寶塚:(8) 寶塚的歷史(タカラヅカの歴史)

筆者: 文:中本千晶/訳:Flora/イラスト:牧彩子 更新日: 2018年4月21日

 

給台灣寶塚歌劇團粉絲的第一本入門書 相關作品(関連記事):

⇒すべて見る

 

『給台灣寶塚歌劇團粉絲的第一本入門書』第1幕第8場 寶塚的歷史

(『台湾のファンのためのタカラヅカ入門』第1幕第8場 タカラヅカの歴史)

 

 

大家好,我是中本千晶。

2018年春季的寶塚歌劇團劇碼中有許多受到矚目的作品,但是我最近的期待就是觀賞花組5月在博多座的公演「茜色紫花」(※)。在我小時候,我第一次看的寶塚公演就是「茜色紫花」,我對這個作品有著很深的記憶。

 

很快的也過了…..十年?(笑)與那個年代相較之下,寶塚歌劇團也有顯著的改變,尤其在2014年迎接100周年時經常以「100年的傳統」之說法表現,感覺大眾對於寶塚的關心度也日漸提高。

 

『給台灣寶塚歌劇團粉絲的第一本入門書』的第一幕也來到尾聲,第一幕最後這次的連載的題目為「寶塚的歷史」。寶塚歌劇團將近一世紀的過程並不是一帆風順的,但是很不可思議的是,寶塚歌劇團每次陷入危機之後,一定會被一部大暢銷的作品所拯救。「凡爾賽玫瑰」是,「伊莉莎白」也是這樣狀況所產出的作品。

 

話說原本最初寶塚歌劇團本身就是從小林一三的「失敗為成功之母」的大膽構想所誕生的,寶塚的歷史本身就是一場充滿戲劇性的故事。這次就讓我們一起來回顧一下寶塚這100年的連續劇吧。

 

此外,本次的連載後會有大約一個月的中場休息時間,從6之後第2幕再次開演。第2幕的預計內容是「給台灣粉絲的特製指南」,敬請大家拭目以待。

 

註)※印作品名中文為譯者暫時翻譯表示。

 

 

こんにちは! 中本千晶です。

2018年春のタカラヅカも、注目の作品が目白押しですが、私の目下の楽しみは5月に花組博多座公演「あかねさす紫の花」を観に行くことです。子どもの頃に初めてタカラヅカを観たときにやっていたのが「あかねさす紫の花」だったので、私にとってはとても思い出深い作品なのです。

 

あれから早くも?十年(笑)。そのころから比べてタカラヅカもずいぶんと変わりました。とりわけ2014年に100周年を迎えてからは「100年の伝統」という表現で語られることが増え、世の中の注目度も高まったように感じます。

 

さて、『台湾のファンのためのタカラヅカ入門』第1幕もいよいよ最終回。テーマは「タカラヅカの歴史」です。その1世紀の歩みは決して順風満帆なものではありませんでした。ところが、不思議なことにタカラヅカでは危機的な状況に陥るたびに、その直後に大ヒット作という救いの手が差し伸べられるのです。「ベルサイユのばら」も、「エリザベート」もそうでした。

 

そもそもタカラヅカ自体も「失敗は成功の母」ともいえる小林一三の大胆な発想から誕生したものでした。タカラヅカの歴史自体がドラマチックな物語です。今回はそんなタカラヅカ100年のドラマを振り返ってみたいと思います。

 

また、約1カ月の幕間休憩を経て、5月からは第2幕「台湾のファンのためのスペシャルガイド」がスタートする予定です。こちらも乞うご期待ください!

 

註)※印の作品名はこちらで考えた中国語表記です。

 

 

宝塚少女歌劇 第一回公演 歌劇「ドンブラコ」

宝塚少女歌劇 第一回公演 歌劇「ドンブラコ」

 

 

■寶塚歌劇團擁有100年的歷史
(タカラヅカには100年の歴史がある)

 

寶塚歌劇團在2014年迎接創立100周年的節日。而現在,前所未有綜合舞台藝術項目中受到日本國內外的矚目,每天都有很多的觀眾從各地來到劇場。2016年的觀眾動員數超過270萬人,創下過去的最高紀錄。

第一幕的最後,我們一起來回顧寶塚歌劇團的軌跡。

 

 

宝塚歌劇団は2014年に創立100周年を迎えた。そして今、他に類を見ない総合舞台芸術として国内外の注目を集め、毎日多くの観客が劇場に詰めかけている。2016年には観客動員数が270万人を超え、過去最高記録を達成した。

第1幕の最後に、そんなタカラヅカのこれまでの歩みを振り返ってみることにしよう。

 


 

※以下為ideanews收費會員(月付300日幣)頁面內容

 

※ここからアイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分です。

 

<後半(付費會員的閱讀限定部分)的副標題>

 

<後半(有料会員限定部分)の小見出し>

 

 

■起初從「温水游泳池的大失敗」開始

(きっかけは「温水プールの大失敗」から)

 

■歌舞秀(Revue)時代,男役大人氣

(レビュー時代に男役が大人気に)

 

■持續挑戰作品的多様化

(多様な作品への挑戦は続く)

 

■渡過戰爭時期

(戦争も乗り越えて)

 

■首次的海外音樂劇,讚否兩論

(初の海外ミュージカルは賛否両論だった)

 

■開花期「凡爾賽玫瑰」風潮

(花開く「ベルばら」ブーム)

 

■寶塚「正是現在」

(タカラヅカ「そして、今」)

 

 

給台灣寶塚歌劇團粉絲的第一本入門書 相關作品(関連記事):

⇒すべて見る

 

針對加入會員與付費相關的中文說明,請參考 這邊
https://ideanews.jp/taiwan-member

 

(有料会員登録は、こちらから)
https://ideanews.jp/p15561

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者>文:中本 千晶/翻訳:Flora/イラスト:牧 彩子 ⇒『給台灣寶塚歌劇團粉絲的第一本入門書』記事一覧

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースのおもな新着記事などを、お知らせします。だいたい月に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年5月掲載分
■ 2018年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.