「まっすぐ正論を言う美しさがある」、『夢の裂け目』上山竜治インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

「まっすぐ正論を言う美しさがある」、『夢の裂け目』上山竜治インタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2018年6月1日

 

2018年6月4日(月)から新国立劇場小劇場で上演される『夢の裂け目』に出演する、上山竜治さんにインタビューしました。(上)(下)に分けてお届けします。

 

上山竜治さん=撮影・岩村美佳

上山竜治さん=撮影・岩村美佳

 

 

――稽古が始まって10日程経ったと伺いましたが、今どんなことを感じていますか?

 

やはり井上ひさしさんの戯曲や、その背景にある膨大な情報量、歴史、そういったものを受け止めて理解して、自分の中に落とし込めるのが、こんなにも大変なんだと。自分が思っていた以上に、何十倍にもその大変さというものを身に染みて感じています。

 

――稽古に入る前に戯曲を読み込んでいく段階から、実際に稽古入ってさらに情報をどんどん足しているという感じですか?

 

栗山(民也)さんの演出をうける前に自分が一人で読んでいたものと、稽古に入ったらやはり解釈の仕方が違って、もっと掘り下げなければいけないと気づいていく上で、栗山さんの言葉はとても重みがあります。

 

――『夢の裂け目』という戯曲を読んでみて、まず一番惹かれたところはどこでしょうか?

 

もともと「東京裁判三部作」は、第2部の『夢の泪』を拝見し、すごく感動したんです。いつか自分も出たい!と思いました。それをきっかけに「東京裁判三部作」の戯曲を読み、井上さんがここまで掘り下げ、投げかけている。自分が知らなかった真実、その熱量や重みに衝撃を受けました。

 

――インスタを拝見しても、この作品についてところどころに思いを書いていて、そこに上山さん自身の熱を感じました。実際に栗山さんの演出が始まって、今おっしゃっていた大変なところ、難しいところ、魅力などを、どういう風に取り組んでいますか?

 

今回僕が演じさせて頂く成田耕吉という役は、すごく哲学的に物事を考えて、分析して話すんです。たとえば3つの別の題材を自分の中で一つに絡めて言っていたりするので、最初に見たときは「ん? どういうことだろう?」と考えてしまうんです。自分が普通に読み込むよりも、成田の思考が先にいっているんですよね。

 

――彼の思考が、自分の理解のもっと先をいっているということですよね。

 

そうなんです。だから、そこを理解するのにすごく時間がかかりました。やはり読んでいく内に必要だなと思ったのは、哲学的な考え方です。たとえば、「この台詞は弁証法で言っているんだ」「政治や、今の日本のことについてなどを哲学的な観点で言っているんだな」って。そうやって構造で考えていくようにしたら、やっと分かってきたんです。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、役柄と自身の比較や栗山民也さんの演出、共演者などについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。6月2日掲載予定のインタビュー「下」では、「普通の生活をしている人」を演じることなどについて話してくださったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■成田は、学問は世界の骨組みを見つけるために発明された、と考えています

 

■井上さんが伝えたい、ものを考えることの大切さを、成田が背負っているような気が

 

■成田は異質な存在ではあるんです。その分、覚悟をもって台詞を言わなければ

 

■憧れていた段田(安則)さんに、遠慮したり引け目をもったらいけないなって

 

<新国立劇場開場20周年記念公演『夢の裂け目』>
【東京公演】2018年6月4日(月)~6月24日(日) 新国立劇場 小劇場
作◎井上ひさし 演出◎栗山民也
出演◎段田安則、唯月ふうか、保坂知寿、木場勝己
高田聖子、吉沢梨絵、上山竜治、玉置玲央、佐藤誓
公演オフィシャルサイト
http://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/16_009665.html

 

<関連リンク>
上山竜治オフィシャルサイト
http://kamiyamaryuji.com
上山竜治キューブオフィシャルサイト
http://www.cubeinc.co.jp/members/prf/091.html
上山竜治&STAFF Twitter
https://twitter.com/ryuchan_0910

 

夢の裂け目 関連記事:

⇒すべて見る

 

上山竜治 関連記事:

⇒すべて見る

 

新国立劇場 関連記事:

⇒すべて見る

 

※上山竜治さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは6月15日(金)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

上山竜治さん=撮影・岩村美佳

上山竜治さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. きりん より:

    いつも楽しく拝見させて頂いております。

    上山さんとは正反対な役柄に(上山さんは感じて行動するに対し、役柄は考えた上で行動する)真摯にご自分なりに噛み砕き理解し役を理解し生きようという意気込みと作品や共演者のかたたちへのリスペクトを感じて、私も心して作品を拝見させて頂きたいと思います。

    また、お写真もいつもながら、とても素敵でありがとうございます。

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年8月掲載分
■ 2018年7月掲載分
■ 2018年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.