「新国立劇場開場20周年記念の公演に参加でき、すごく嬉しい」、上山竜治(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

「新国立劇場開場20周年記念の公演に参加でき、すごく嬉しい」、上山竜治(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2018年6月2日

 

2018年6月4日(月)から新国立劇場小劇場で上演される『夢の裂け目』に出演する、上山竜治さんのインタビュー、後半です。有料部分では、井上ひさしさんが描く、普通の生活をしている人を演じることなどについて伺いました。

 

上山竜治さん=撮影・岩村美佳

上山竜治さん=撮影・岩村美佳

 

 

――井上ひさしさんの作品は、音楽がとても大事だと思いますが、今回の音楽、特に歌の部分も多いと思いますが、どんな風に感じていますか?

 

クルト・ヴァイルの原曲も聞いたりしているんですが、やはり普通じゃありえないというか、どこか異質なメロディというものを常に漂わせている感じですね。

 

――実際歌うとどうですか?

 

すごく難しいです。

 

――今までに扱ったことのない感じですか?

 

そうですね。(スティーブン・)ソンドハイムもそうですが、頭に入ってしまうと心地よくて口ずさんでしまうんですが、メロディがすごく難解なので。癖があるからこそ、なんだか心地よくなるんですよね。上手く表現できないのですが。

 

――歌うのは難しいけれど、その心地よさが一番印象に残るような感じ?

 

いや、心地よさが残るというより、なにかどこか違和感があるな、異質だなという感じが、戯曲の構造によく合っています。

 

――そういう意味では、意識がいく感じですね。聞いていて流れていってしまわないというか。

 

そうですね。

 

――栗山(民也)さんのこの作品へのメッセージなどを拝見していても、とても思いが強い作品だと思いますが、稽古の中で、栗山さんの言葉などで印象に残っていることはありますか?

 

全部重みがあるんですが……。(少し考え込んで台本を開く)

 

――書き留めているんですね。

 

「栗山さんノート」みたいな感じです。

 

――いつもこういうものを作られるんですか?

 

「この言葉を忘れないように」というものだったりは。

 

――そこに、栗山さんワードを書いているんですね。

 

そうですね。演出的なことでいうと、常にみんな二面性をもっている。たとえば、成田だったら、学者をやりたいのに、闇市の闇商人をやっているんですよ。他の登場人物もそれぞれのみんなそういった過去があって、なにが原因でそうなったかというと、やはり戦争が狂わせたんですよね。戦争というものが、どういった影響を及ぼしたのかを常におっしゃっているので、そこは大事にしていますね。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、役柄と自身の比較や栗山民也さんの演出、共演者などについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。6月2日掲載予定のインタビュー「下」では、「普通の生活をしている人」を演じることなどについて話してくださったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■市井の人々。特別ではなく、普通の人が登場人物だからこその説得力がある

 

■目指すところは、やはり根本の部分。根本でなにが言いたいのかという本質

 

■舞台デビューが新国立劇場でしたから、14年経ってまた立てることが嬉しい

 

■プレイウィズミュージック。音楽が効果的な重喜劇。ぜひ観て頂きたいです

 

<新国立劇場開場20周年記念公演『夢の裂け目』>
【東京公演】2018年6月4日(月)~6月24日(日) 新国立劇場 小劇場
作◎井上ひさし 演出◎栗山民也
出演◎段田安則、唯月ふうか、保坂知寿、木場勝己
高田聖子、吉沢梨絵、上山竜治、玉置玲央、佐藤誓
公演オフィシャルサイト
http://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/16_009665.html

 

<関連リンク>
上山竜治オフィシャルサイト
http://kamiyamaryuji.com
上山竜治キューブオフィシャルサイト
http://www.cubeinc.co.jp/members/prf/091.html
上山竜治&STAFF Twitter
https://twitter.com/ryuchan_0910

 

夢の裂け目 関連記事:

⇒すべて見る

 

上山竜治 関連記事:

⇒すべて見る

 

新国立劇場 関連記事:

⇒すべて見る

 

※上山竜治さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは6月15日(金)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

上山竜治さん=撮影・岩村美佳

上山竜治さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. 遊観子 より:

    この作品への期待が益々高まりました。素敵な記事をどうも有難うございます。

  2. ジャック より:

    14年前の新国の舞台、宮本亜門さんのイントゥザウッズ未見ですが、それ以来の新国で20周年の今にご出演されるとはなにかを感じますね。

    栗山さん語録を書き留めて挑む上山さんの意気込みと、井上さんが込めらた想いを受け止め感じたいです。

    素敵な記事とお写真ありがとうございます。

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年10月掲載分
■ 2018年9月掲載分
■ 2018年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.