「社会派な部分に惹かれた」、『いつか~one fine day』藤岡正明インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「社会派な部分に惹かれた」、『いつか~one fine day』藤岡正明インタビュー(上)

筆者: 達花和月 更新日: 2019年3月7日

 

板垣恭一さん脚本・作詞・演出のミュージカル『いつか~one fine day』が、4月11日~21日まで、東京・シアタートラムで上演されます。イ・ユンギ監督の2017年最新作、映画『One Day』を原作にした本作で、妻に先立たれた過去を持つ男、「夏目テル」を演じる藤岡正明さんにインタビューしました。

 

藤岡正明さん=撮影・伊藤華織

藤岡正明さん=撮影・伊藤華織

 

 

――今回の作品は、イ・ユンギ監督の映画が原作ですね。映画をご覧になったときの印象はいかがでしたか?

 

『One Day』という映画なんですが、実体のないヒロインに遭遇したあと、いきなりパタッと倒れるみたいな描写があって(笑)。でもきっと感動系に持って行くだろうから、よくある普通の泣かせたい韓流の空気かな? と、思ったんですね、最初は。でも見ているうちに、強いメッセージ性みたいなものを感じて、社会派な部分というのが大いにあるなと思って。そこに惹かれたという部分と最後のエンディングで僕が演じる役がとる決断、なんでこの人、ここに至ったんだろう?って、良い意味で腑に落ちなかったんですね。それがすごく引っかかったというか、自分がこれを演じるとしたら、どうするんだろうな、演ってみたいなと思いましたね。

 

――映画から「人間の尊厳を強く感じました」と作品公式blogのインタビューでもお話されていましたね。

 

もっと言うと、ひとりの人が自分らしく生きるということにもつながると思います。

 

――ご出演をお決めになったのは、作品の持つメッセージ性にも惹かれて?

 

そうです。まずこの作品を、どうやってミュージカルにするんだろうと思って(笑)。演出が板垣さんだから、一緒に仕事をしてみたいと思ったのもありますし、この作品がどうなるのか正直全く想像つかなかったんですけど、板垣さんだからきっとなんとかなるような気がする(笑)。

 

――板垣さんと、いずれお仕事をしたいと思っていらしたんですね。

 

はい。してみたいなと。板垣さんはとても多才な方ですが、ご挨拶させていただいたときに、温厚で柔和という印象を受けました。でも、板垣さんとお仕事をしたことのある俳優から、かなり厳しい一面も持ってらっしゃる方だということも聞いているので、「その顔を見てみたいな」と(笑)。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、台本を読んでの印象や登場人物などについて、インタビュー前半で伺った内容の全文と写真を掲載しています。3月8日(金)掲載予定のインタビュー「下」では、原作の映画と今回のミュージカルの関係や、小林タカ鹿さんが演じられる上司の「クサナギ」などについて伺ったインタビューの後半の全文を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■稽古場で一番演じているのは演出家。胸を借りるつもりで板垣さんとやりとりしたい

 

■変えようとしているというところに、板垣さんなりの思いが、大いにあるんだろうと

 

■いろんなものを飛び越えていけるエミでも、触れたいのに、触れられない距離がある

 

「なんか、そういうんじゃない表現ないの?」って、よく思ってしまうんです

 

 

<ミュージカル『いつか~one fine day』>
【東京公演】2019年4月11日(木)~4月21日(日) シアタートラム
公式サイト
https://www.consept-s.com/itsuka/
企画・製作・主催:conSept

 

※『いつか~one fine day』の出演者全員と演出家の板垣恭一さんが出演し、この作品の楽曲お披露目とトークを行なうプレイベントが、3月22日(金)19時から東京都内で開かれます。50名様ご招待。応募締め切りは2019年3月8日(金)です。

 

<『いつか~one fine day:プレイベント~トーク&ソング』>
開催日:2019年3月22日(金)19時
会場:東京都内(当選者にのみご案内)
出演:『いつか~one fine day』出演者全員&演出家・板垣恭一
参加費:無料 50名様ご招待
応募資格:公式からチケットを購入された方(抽選先行でも一般でも)
応募方法:手元に届いた「シール」に「叶えたい願い」を書いて、ハッシュタグ「#いつか」「#one_fine_day」でSNSに投稿し、conSeptのInstagramかTwitterのアカウント(いずれも@consept2017)をフォロー(当選者への連絡のため)
応募締め切り:2019年3月8日(金)
詳しくはこちら:
https://www.consept-s.com/blog/itsuka_blog/2019/02/26/876/

 

<関連リンク>
conSept 公式Twitter
https://twitter.com/consept2017
藤岡正明 公式サイト
https://fujiokamasaaki.officialsite.co/
藤岡正明 公式ブログ
https://ameblo.jp/fujioka-masaaki/
藤岡正明 Twitter
https://twitter.com/Tsukune_Toro

 

 

『いつか~one fine day』 関連記事:

⇒すべて見る

 

藤岡正明 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

※藤岡正明さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは4月7日(日)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

藤岡正明さん=撮影・伊藤華織

藤岡正明さん=撮影・伊藤華織

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. 陶夜 より:

    インタビューありがとうございます。正直原作映画の結末にショックを受けていたので、このインタビューのおかげで ちょっと安心しました。楽しみに初日を待てそうです。

  2. ホワイトネイル より:

    藤岡正明さんのインタビューありがとうございます。ミュージカル界では稀有な、普通に生きる人としての美しさや力強さを歌とお芝居で表現される大好きな俳優さんです。『いつか~one fne day』ますます楽しみになりました。

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeとInstagramで、日々発信しています。いずれも登録は無料ですので、フォローしてくだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube ⇒Instagram

最近の記事

■ 2019年5月掲載分
■ 2019年4月掲載分
■ 2019年3月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.