「夜寝られなくなる時があります」、「スタジオライフ」藤原啓児インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「夜寝られなくなる時があります」、「スタジオライフ」藤原啓児インタビュー(上)

筆者: 桝郷春美 更新日: 2019年5月1日

 

漫画家・萩尾望都さんが作家生活50周年を迎えた今年、萩尾作品を多く舞台化してきた劇団「スタジオライフ」は、萩尾さんの作品『11人いる!』を音楽劇にリニューアルして、2019年5月18日(土)から「あうるすぽっと」で上演し、高校の芸術鑑賞教室でも『音楽劇 11人いる! 』で公演して回る予定にしています。この劇団「スタジオライフ」に33年間在籍し、2014年からは代表を務めているベテラン俳優の藤原啓児さんにインタビューしました。「僕、個人のことを語るのは初めてです」と言いつつ、演劇や劇団への思いが次々とあふれ出た藤原さんのロングインタビューを、2本の記事に分けて5月1日(水)と2日(木)の2日連続でお届けします。また5月3日(金)には、萩尾望都さんが東日本大震災と福島の原発事故を題材として発表した短編漫画『なのはな』をスタジオライフが舞台化した、『なのはな』東京公演と大阪公演を観てのルポも掲載します。

 

藤原啓児さん=撮影・桝郷春美

藤原啓児さん=撮影・桝郷春美

 

 

スタジオライフ公演の舞台挨拶で、周りの人たちを尊重しながら、いつもピシッと締める藤原さん。時に笑いを交えながら、軽快に、しなやかに。それでいて、世の中のことに対して真摯に向き合っておられる印象の藤原さんは、一体どんな方なのだろう…。一人の人間としての藤原啓児さんを知りたいと思い、インタビューを申込むと、「えっ? 僕ですか!」と驚くも快諾してくださり、『なのはな』大阪公演で大阪に来られた時にお話をうかがうことができました。

 

 

――まず、『なのはな』東京公演を終えた実感を教えてください。

 

実際に上演して、家族の物語としてお客様に素直に受け入れていただけたことが分かってきました。僕は、比較的出番が少なかったので、稽古を客観的に見る時間が多かったんです。それで稽古中から、萩尾先生がなぜ家族を物語の中心に置いて描かれたのかについて話はしていました。原発の問題に関して、作中で萩尾先生は賛成とも反対ともおっしゃっていないんです。ですが演じ手は必死に向き合うがあまり、なかなか腑に落ちないこともありました。稽古で知り尽くしていたはずの作品であっても、本番でお客様に見ていただき、ご意見をいただくことによって冷静になれて、より深く自分を見つめ直すことができる。そんな中で出演者たちの想いや言葉が変化していったことに、僕は見ていて感動しました。作品とお客様から教わったことが大きかったです。

 

東京の『なのはな』千秋楽の舞台挨拶で、一人の役者が、違和感を抱いていた初日からの想いの変化を語っていました。この作品を本当に演じていいのか自問自答していた初日から、公演を重ねてお客様からエールをいただいたことによって、苦心していた気持ちが深く広くなった、と。

 

例えば、チェルノブイリで原発事故が起きた時、看護師の藤川さん(藤原さんの役)が子どもたちの治療に行く話をしたら、ばーちゃんがたくさんの人形を手作りして藤川さんに委ねたという場面があります。子どもたちのために人形を作ったばーちゃんの思いは、きっと他人事ではなかった。そんなメッセージが物語の中に描かれていたのに、まだ初日の時には気付いてなかった。福島の原発事故の問題をチェルノブイリと切り離して考えるのではなく、まずは他人事ではいけないという姿勢が、上演を重ねる中で彼自身の中にストンと落ちていった、という変化がありました。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、『なのはな』東京公演をふり返って、代表を担う重みと受け止め方、「演劇に引きずりこまれた」出会い、社会福祉士としての病院勤務時代、「寄り添う」ことの葛藤と歳月を経て分かることについて語られたインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。2日掲載予定のインタビュー「下」では、演劇の世界に飛び込んでからの変化、コミュニケーションの気付き、2019年5月18日(土)から音楽劇としてリニューアル上演される次作『音楽劇 11人いる! 』への想い、高校での「芸術鑑賞教室」再始動、代表としてのマネジメント視点などインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■自分の家族を大切にすることに目覚めた役者は、多くは語らずとも雄弁

 

■先代(河内喜一朗氏)がこんなに早く亡くなるとは、誰も思っていなかった

 

■倉田さんはドシンとしているんです。「何とかなるわよ」と言って(笑)

 

■初めての就職先は、最重度の心身障害者向け完全看護の病院で社会福祉士

 

■お粗末な意味で言うんですけど、若いと、すぐに変えられるって思っちゃう

 

<Studio Life公演 『音楽劇 11人いる! 』>
【東京公演】2019年5月18日(土)~6月2日(日) あうるすぽっと
http://www.studio-life.com/stage/11nin2019/

 

<関連リンク>
劇団スタジオライフ
http://www.studio-life.com/
劇団スタジオライフ 公式ツィッター
https://twitter.com/_studiolife_
スタジオライフ 公式facebookページ
https://www.facebook.com/studiolife1985/

 

なのはな 関連記事:

⇒すべて見る

 

藤原啓児 関連記事:

⇒すべて見る

 

スタジオライフ 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

藤原啓児さん=撮影・桝郷春美

藤原啓児さん=撮影・桝郷春美

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール> 桝郷春美(ますごう・はるみ)福井県小浜市出身。京都市在住。人生の大半を米国ですごした曾祖父の日記を読んだことがきっかけでライターの道へ。アサヒ・コム(現・朝日新聞デジタル)編集部のスタッフとして舞台ページを担当後、フリーランスとして雑誌やウェブサイトに執筆。世の中と表現の関わりを軸に、舞台、映画、美術などジャンルを問わず、人物インタビューや現地取材に取り組んでいる。英語での取材・執筆も行う。 ⇒桝郷春美さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeとInstagramで、日々発信しています。いずれも登録は無料ですので、フォローしてくだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube ⇒Instagram

最近の記事

■ 2019年5月掲載分
■ 2019年4月掲載分
■ 2019年3月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.