「演じることはインプット。僕は音楽でアウトプット」、加藤和樹インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「演じることはインプット。僕は音楽でアウトプット」、加藤和樹インタビュー(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2019年5月17日

 

ビートルズの創成期を描いた舞台『BACKBEAT』にジョン・レノン役で出演する、加藤和樹さんのインタビュー後半です。有料部分では、一人ツアーや、音楽活動、演じることなどについて伺いました。

 

加藤和樹さん=撮影・岩村美佳

加藤和樹さん=撮影・岩村美佳

 

 

――バンドメンバーは5人でビートルズですが、特に関わっていくのはスチュアートだと思いますが、スチュアートを演じる戸塚(祥太)さんの印象はいかがですか?

 

初めてお会いしたのがビジュアル撮影のときです。その日僕が朝一で、戸塚さんが夜一番最後だったんです。僕がどうしてもお会いしたくて、夜にスタジオに戻ってあいさつしに行ったら、このチラシのビジュアルの格好でいたわけですよ。「スチュがいる」って思いましたね。この姿の戸塚さんに会って、「よろしくお願いします」と言って。そのときに彼も「ジョンが来てくれた」って。そこで「スチュだ」って思って。ジョンのように、彼に見惚れる自分がいたので、この感覚はすごく大事にしなくちゃと思いました。

 

――それがファーストインプレッションだったら、すごく心に残りますよね。

 

やはり人間的に人を惹きつけるものがある。すごくそれは感じましたね。

 

――この物語の中で、もちろんいろいろと心に響くポイントがあると思いますが、スチュアートが最終的に二者択一することが物語の山場かなと思います。いくつかのなかから、ひとつを選ぶのは人生の中ですごく大きいことですよね。加藤さんご自身は、そういうタイミングはありましたか?

 

もちろんありますよ。それは音楽をやると決めたときもそうですし、東京へ上京すると覚悟を決めたこともそうですし、ミュージカルをやると決めたこともそうかもしれません。それは、生きていく上で必ずあるものなんじゃないかな。これからも、きっとあるだろうし、この作品を「やる」と決めたときも覚悟がいりましたね。

 

――そういうジャッジをするときに、一番大事にしているものは何ですか?

 

勘ですね。あまり先のことは考えないんです。先のことを考えても、あまりいいことはないので(笑)。計画性がないものだから、とりあえずやるだけやってみようと。「やれば出来る」がモットーなので、そういうチャレンジ精神や直感は大事かなと思います。「これは絶対にやれば自分にとって糧になる」とか「絶対におもしろい」とか。

 

――その直感は当たってきました?

 

もちろん外れるときもあるし、ケースバイケースですが、どれも無駄にはなってないですね。自分にとっては、絶対的に肥やしになっています。

 

 

<取材協力>
ヘアメイク/江夏智也(raftel)
スタイリング/立山功
グレージャケット¥44,000、Tシャツ¥17,000、パンツ¥38,000、靴¥86,000
以上全て(The Viridi-anne tel 03-5447-2100)

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、インタビューした時期に実施されていたツアーについて、加藤さん自身の音楽活動などについて語ってくださったインタビュー後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■(一人ツアーは)不安もありましたが、お客様が支えてくれます

 

■(音楽活動は)生きがい、自分を表現する場所である、あの空間がないとダメ

 

■演じることも生きがい、自分にとっては必要なもの

 

■『BACKBEAT』は彼らのリアル。生きるということを感じていただければ

 

 

<舞台『BACKBEAT』>
【東京公演】2019年5月25日(土)~6月9日(日) 東京芸術劇場 プレイハウス
【兵庫公演】2019年6月12日(水)~6月16日(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
【愛知公演】2019年6月19日(水) 刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール
【神奈川公演】2019年6月22日(土)~6月23日(日) やまと芸術文化ホール メインホール
公式サイト
https://www.backbeat-stage.jp/

 

<関連リンク>
『BACKBEAT』公演詳細(ステージゲート)
https://www.stagegate.jp/stagegate/performance/2019/backbeat/
加藤和樹 Official Web Site/ASSIST
http://www.katokazuki.com/
加藤和樹 twitter
https://twitter.com/kazuki_kato1007

 

『BACKBEAT』 関連記事:

⇒すべて見る

 

加藤和樹 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

※加藤和樹さんのサイン入り写真1枚を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは6月16日(日)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

加藤和樹さん=撮影・岩村美佳

加藤和樹さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ダンボ より:

    興味深いインタビュー内容でした。
    ありがとうございます。
    これからも素敵なお写真と記事を楽しみにしています。

  2. PEKO より:

    BACKBEATを演じたあと、和樹さんがどう変化していくのか?アウトプットが楽しみになりました。
    興味深いインタビューありがとうございます。

  3. rico より:

    加藤和樹さんの記事を、今か今かと待ちわびておりました(*^^*)
    リバプールの話、一人ツアーの話など、聞きたかったことにフォーカスしてくださっていて、上下共に興味深く読ませていただきました。
    そして、いつもながら岩村さんの写真は、見たい瞬間を切り取ってくださっていて嬉しいです!
    ありがとうございます(^^)

  4. バジリコ より:

    後編も楽しく読ませていただきました。

    インプットとアウトプットを自分なりに楽しみながらうまくやりくりしてる様子がとても伝わってきて、改めて『かっこいい人だな』と思いました。
    BACKBEATでインプットされたものがどんな形になってアウトプットされるのかとても楽しみです!

    いろんなワクワクが詰まったインタビューと素敵な写真をありがとうございました。

  5. yso より:

    いつも素敵なインタビューありがとうございます。お写真もいつも素晴らしいな、と思います!
    私たちが訊きたいこと、知りたいことを代弁してくださるような内容で、読み応えがあり、とても満足しております。
    これからも素敵なインタビューよろしくお願い申し上げます。

  6. taro より:

    いつもたくさんの事を聞いていただき、ありがとうございます。また、笑顔の写真には癒されました。毎回内容が濃くて楽しみにしています。
    これからも加藤さんのインタビューをライヴや舞台毎にしていただけると嬉しいです。

  7. ゆう より:

    後編も興味深く読ませていただきました。
    音楽、お芝居への思い、特にお芝居でインプットし音楽でアウトプットしているというお話が興味深かったです。爆発寸前とのことなので今後の音楽活動もとても楽しみになりました。
    役との切替のお話など気になっていたことも知れましたし、「心配しなくて大丈夫」という力強い発言に安心しました。
    これからも加藤和樹さんを取り上げていただけたら嬉しいです。
    素敵なインタビューをありがとうございました。


最近の記事

■ 2019年12月掲載分
■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.