「ミュージカルを、もっとありふれたものに」、田代万里生&平方元基対談(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「ミュージカルを、もっとありふれたものに」、田代万里生&平方元基対談(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2019年9月30日

 

2019年10月4日(金)に大阪・新歌舞伎座公演で初日を迎え、東京、茨城、愛知でも上演される日本初演のミュージカル『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』に出演する田代万里生さんと平方元基さんのインタビュー、後半です。『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』出演を控えて取り組んだ『エリザベート』では、同じフランツ役を演じるにあたって、これまでとは違った思いで取り組んだといいます。同じ役を演じることが多かったおふたりに、思いの変化などについて伺いました。有料部分ではさらにおふたりがミュージカルの未来について考えていることなども語っていただきました。

 

平方元基さん

平方元基さん

 

田代万里生さん

田代万里生さん

 

 

――ここからは、お二人について掘り下げたいのですが、これまで再演などで同じ役を演じてきて、今ダブルキャストを演じていて、ついに共演と段階を踏んでいますね。

 

田代:僕が演じた役を元基が引き継いでくれているものが多いよね。

 

――今エリザベートで同じフランツ役をやっていて、一緒に稽古をしてきたからこその発見などはありますか? 一緒に作っていてどんなことをお互いに思われたのかなと。

 

平方:経験のある万里生くんのフランツは、稽古場の初日からもう表現の域にいるわけじゃないですか。その日からお客さんが入っていても、正直まったく問題がない状態からスタートしてる。役づくりをするときに、普通はまず自分で考えたもので稽古を進めていくのですが、今回は人が演じている自分の役を見て、つまり万里生くんのやっているフランツを見て、自分の今のフランツができたんですよ。それが初めての経験だったんです。

 

――これまでのダブルキャストではなかった経験なんですか?

 

平方:人を見ながらも……。

 

田代:通常はなぞらないようにしようと考えながら、最初はやると思いますが。

 

平方:今回はそうじゃなかった。

 

田代:どちらも警戒せずにオープンだったよね。

 

平方:いつもだったら、自分で作ったものを稽古場で出したときに、ふたりの違う所を見出すんですが、今回は最初から万里生くんのフランツがいたので、そこからインスピレーションをもらって。

 

田代:でも、お互いルドルフもやっているから作品を理解しているところもあって、元基がもともと持っているフランツ像は絶対にあったよね。

 

平方:そうだよね。

 

――なるほど。逆に、田代さんが、平方さんが稽古場で作っている姿を目の当たりにするのも、あまりないことですよね。どう思いましたか?

 

田代:これまで意外と共演作はなくて、『シラノ』と今回の『エリザベート』しかダブルキャストはやっていないんです。あとは、同じ現場にいたことがなかったので、意外にわちゃわちゃしている元基しか知らなくて(笑)。

 

平方:正解。

 

田代:でも、いつも「どうしよう」と言いながら、ちゃんと形にして持ってくるんですよね。

 

平方:だって、持ってこないと。

 

田代:最初は「ここはどういう風になってるんですか?」と質問攻めに合っていましたが、途中からは、ちゃんと自立して(笑)。

 

平方:お兄ちゃん。

 

――お兄ちゃんと弟ですね(笑)。

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、ミュージカルの未来について、30代、40代の役者たちがどうしていかなければならないと思っているかなどについて話してくださったインタビューの後半の全文を掲載しています。(今回の記事には独自撮影の写真はありませんが、どうかご了承願います)

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■平方:片方がどんな芝居をしても、嫌な方向に気になるということが全くなかった

 

■田代: 韓国ではミュージカルで活躍している俳優さんがテレビドラマに出ていることも多く、舞台とテレビの垣根があまりないようです

 

■平方:30代、40代の役者たちが諦めずにやっていくことを、やり続けなければ

 

■田代:日本初演、見逃したら後悔する 平方:芸術の秋、すごく観やすい作品

 

 

<ミュージカル『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』>
【大阪公演】2019年10月4日(金)~10月5日(土) 新歌舞伎座
【東京公演】2019年10月9日(水)~10月16日(水) よみうり大手町ホール
【茨城公演】2019年10月19日(土)~10月20日(日) 水戸芸術館ACM劇場
【愛知公演】2019年10月29日(火) 御園座

公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/soml2019/

 

<関連リンク>
HORIPRO STAGE ミュージカル『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』のページ
https://horipro-stage.jp/stage/soml2019/
田代万里生オフィシャルウェブサイト
http://fc.horipro.jp/tashiromario/
田代万里生オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/mario-capriccio/
田代万里生ホリプロオフィシャルサイト
https://www.horipro.co.jp/tashiromario/
平方元基 Twitter
https://twitter.com/hirakatagenki
平方元基オフィシャルサイト
http://fc.horipro.jp/genkigumi/
平方元基オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/hirakata-genki/

 

 

ストーリー・オブ・マイ・ライフ 関連記事:

⇒すべて見る

 

田代万里生 関連記事:

⇒すべて見る

 

平方元基 関連記事:

⇒すべて見る

 

※田代万里生さん&平方元基さんのサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします(今回は写真のプレゼントはありません)。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは10月29日(火)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. 午後のミルクティー より:

    名古屋での千秋楽を前に記事を読み直して、この半年のお二人の過ごされた時間がまさに今回の公演に現れているなと感じています。二人の信頼関係があってこその二役トレードでの全力の連日公演でした。
    大阪での初日から、観劇のたびに少しずつ違うように感じるそれぞれのトーマスとアルヴィン。
    その回によって、二人の物語にヒリヒリした痛みを感じる時もあれば、暖かい癒しを感じる時もあり、観劇する側にとっても不思議な体験でした。
    これからさらに年月を経てこの物語も、田代万里生さん平方元基さんのお二人も、どのような変化を遂げるのかとても楽しみです。

  2. kei より:

    水戸公演後、あらためて記事を読み返しました♪平方さんが(上)で仰っていた、「アルがトムに割りと押し付ける」あざとく見えそうで見えない押し付け、時にあざとくも見える押し付けに(良い意味で)、うんうんと頷いてしまいましたw
    お二人のトムとアルのちょっとした所作が、
    無限のループを加速している様にも思え始めてきましたw
    そして、自分にもクラレンスがいるかもしれないと思え、暖かい気持ちになれる作品だと思います。来年も再来年もこの先ずっと観られることを願っております♪

  3. kei より:

    「2パターン観たら、また戻りたくなる、きっと無限ループ作品」
    まさにその通りの作品でした✧*。
    もともと好きだった俳優のお二人、主演の田代さんと平方さんが、一緒に出演され、しかも役をトレードで出演される作品で注目していました。そのお二人の事前インタビューを心に留めて観劇しました。
    お二人がこれからのミュージカル界のことを考えながら挑んだ作品でもあったんだなぁと思うと、違う角度から観てもワクワクと、これからの期待しかありませんでした♪
    お二人の引き出しの多さとと、絶妙な間と掛け合いがトムとアルの各々の違った強さと弱さを引き立たせた、全力のトムとアルがそこにいて、照明、セット、音楽、全てがお二人に注がれ、これこそ相乗効果と化学反応だなぁと思い
    無限のループ沼へ落ちましたwww

  4. オレンジほっぺ より:

    観劇後にもう一度読み直しました。
    インタビューで仰ってらっしゃる通り。2パターン全然違いました。
    何度も観たくなる作品でした。
    トーマスの深層の中へ引き込まれて
    いつのまにか号泣。
    強く強く再演を希望する作品です。

  5. kuko310 より:

    先日両バージョンを見てきました!
    本当に雰囲気が違って、どちらも好きでまた両方見たくなります。お二人の信頼しあう感じも伝わってきて素敵な作品でした。音楽も舞台セットもよくて、声が重なるところがとっても素敵でずっと聞いていたい、また、見たいってなります。スルメ作品を噛み締めています(笑)あらためてインタビューを読み直して田代さんと平方さんが初演で良かったなあと思います。再演があったら絶対見に行きたい。
    お二人のこれからのご活躍も楽しみにしております。またアイデアニュース様でインタビューしてくださるのも期待しておりますのでよろしくお願いいたします❗

  6. しゅんもも より:

    愛嬌もあるし、ミュージカルの将来もしっかり考えてらっしゃる、おふたりの雰囲気がとてもよく出ていて素敵なインタビューでした!公演がますます楽しみ!ぜひ再演を繰り返して、お二人の成長も感じられるミュージカルに成長して欲しいです!

  7. のこ より:

    後半もさらに濃いお話が伺えて嬉しいです。
    ミュージカル界についてお二人が感じてらっしゃることも知ることができましたし、もちろん、今回の作品についてもさらに期待度が増すインタビューでした。
    今から公演が楽しみです!

  8. urgn より:

    後編もすぐに掲載して頂いて、わくわくしながら拝見させていただきました。
    ありがとうございました。
    ゲネプロや本番の動画もアップしていただけると嬉しいです!


最近の記事

■ 2019年12月掲載分
■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.