「危うさがほしいと言われ」、『ボクが死んだ日はハレ』百名ヒロキインタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「危うさがほしいと言われ」、『ボクが死んだ日はハレ』百名ヒロキインタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2019年10月1日

 

ミュージカル『ボクが死んだ日はハレ』が2019年10月2日(水)から8日(火)まで赤坂RED/THEATERで上演されます。2017年に初演された作品で、当時この作品でデビューした百名ヒロキさんに、アイデアニュースに初登場していただきました。9月初めの稽古場を訪ね、初演から2年経って取り組む同じ作品、同じ役への思いなどを伺いました。『ボクが死んだ日はハレ』は、脚本・作詞・演出を石丸さち子さんが担当されるオリジナルミュージカルで、息子を亡くした母親を中心に描かれる喪失と再生の物語です。

 

百名ヒロキさん=撮影・岩村美佳

百名ヒロキさん=撮影・岩村美佳

 

 

――ちょうど2年前にこの作品の取材で初めてご登場いただきました。

 

アイデアニュースさんで“百名ヒロキ初インタビュー”をしていただきました。

 

――そうでしたね。再演になりますが、初めて観る方もいらっしゃると思いますので、どんな作品かお聞かせください。

 

まず、ミュージカル(笑)。突然歌い出します。これはウエテツ(上野哲也)さんが言う台詞なんです。タイトルから「どういうこと?」と思って、重く感じるかもしれませんが、あまり身構えずに観ていただきたいです。何十年後にも受け継がれていく作品になるんじゃないかと思います。だから、今回のキャストで観られるのは今回限りと思っていただいて、ぜひ多くの方に観に来ていただきたいです。

 

――思いのほかカラフルでしたよね。作品のテーマは重かったですが、ビビットな印象があるというか。

 

そうですね。濃いですね(笑)。みんな違う濃さがありますね。石丸さんがいろいろ要求してくださるので、みんなの個性を出しつつも、新たな一面を観られる作品になると思います。だから、ビビットに見えるんですかね。

 

――そうかもしれないですね。

 

作品自体は本当に、誰もが感じたことがある感情が散りばめられていますし、自分の身内の死は当事者にしかわかりませんが、身近な人がもし死んでしまったらと考えたら、絶対にわかる作品だと思うので、それをどこまで僕たちが届けられるかなと。演じる僕たち次第なので、フィクションの世界ですが、どこまでリアルにやれるかを、いま稽古でやっています。ボクが死んだ日はハレ、最後にはこのタイトルの意味がよくわかると思います。

 

――稽古がはじまって1週間とのことですが、再びこの作品に取り組まれていかがですか?

 

懐かしいですし、初心にかえった気がします。稽古場もまったく同じ場所なんです。初演とちがうのは、作品の大元は出来ているので、そこからどこまでブラッシュアップして変化できるか。石丸さんもずっとおっしゃっています。だから、2年の成長をどれだけ出せるか、最初はとても緊張しました。石丸さんに、稽古がはじまる前に「楽しみにしてるわよ」と言われたので(笑)。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額450円)限定部分には、2年経っての自分自身の変化や、稽古の具体的な様子、「この作品が初めての再演作でよかった」という思いの理由などについて語ってくださったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。10月2日(水)掲載予定のインタビュー「下」では、母親役の浦嶋りんこさんとの絆や、ご自身のお母様についての思い、デビューから2年経っての思いなどを伺ったインタビュー後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■2年経って、ダメージを受けている暇もない、精神的にも成長したんだなと

 

■それぞれが一瞬のシーン、こんなに成長したり、危うかったり、振れ幅が大きかったんだっけ

 

■純度のようなものがなくなったらもったいない、以前の自分に嫉妬しつつ、失わずに大人になれたら

 

■作品の独特な雰囲気とパワー、人の生死がテーマなので生半可な気持ちでやると全然伝わらない

 

 

 

 

<『ボクが死んだ日はハレ』>
【東京公演】2019年10月2日(水)~10月8日(日) 赤坂RED/THEATER
公式サイト
https://polypho.wixsite.com/bokuhare

 

<関連リンク>
Musical「ボクが死んだ日はハレ」公演詳細ページ
https://junction99.com/?p=1516
百名ヒロキ|VOICE OF JAPAN
http://voiceofjapan.co.jp/artists/hyakuna.html
百名ヒロキオフィシャルブログ
https://ameblo.jp/hiroki-hyakuna/
百名ヒロキTwitter
https://twitter.com/100nahiroki

 

『ボクが死んだ日はハレ』 関連記事:

⇒すべて見る

 

百名ヒロキ 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

※百名ヒロキさんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは11月1日(金)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

百名ヒロキさん=撮影・岩村美佳

百名ヒロキさん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額450円

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録(月額450円)してログインすると、コメントを書き込めます

最近のコメント

  1. a より:

    ボクハレを観劇した後で読む記事は新しい発見があってまたボクハレを観たくなりました!
    いつも百名ヒロキくんを取り上げてくださってありがとうございます。

  2. きらり より:

    いつもヒロキくんを取り上げて頂きありがとうございます。岩村さんのヒロキくんへの質問は私が聞きたいことも多くて嬉しいです。
    2年前のひかるは初々しく無邪気だったイメージがあります。再演の今回はまだ観ていないためその変化はわかりませんがインタビューを読んでどんなひかると出会えるのか楽しみです。
    今後も百名ヒロキくんの挑戦する道のインタビューを岩村さんにしてもらえると嬉しいです。楽しみにしています。

  3. 愛美 より:

    ボクハレについて語るヒロキくんの言葉が聞けてとても嬉しいです!2年経った精神的、技術的な成長と裏腹に、危うさとかフレッシュさがなくなっている葛藤があったんだなぁ…と。昨日初日観劇しましたが、ちゃんとありましたよ、危うさ、フレッシュさ!完全に「佐藤ひかる」でした!また大好きで大切なひかるくんに会えて、幸せです。

  4. ももまる。 より:

    ボクハレ。前回は見に行くことが出来なかったので、今回再演して頂き本当に嬉しいです。そして、いつも百名ヒロキくんの企画をありがとうございます。

  5. CK より:

    初演のあの日観た光景も感情もすべて、一生忘れないと思います。わたしにとっても大切な大切な物語です。
    あれからたくさんの舞台に立ち、あらゆる役を演じてきた百名くんが、あの初演からどんな風に変わったか、また、キャストが変わったこのストーリーがどんな変化をもたらすか、楽しみで仕方ありません。
    明日の初日を楽しみにしています。


最近の記事

■ 2019年10月掲載分
■ 2019年9月掲載分
■ 2019年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.