「2年間。怒涛でしたが、全部が糧になりました」、百名ヒロキインタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「2年間。怒涛でしたが、全部が糧になりました」、百名ヒロキインタビュー(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2019年10月2日

 

2019年10月2日(水)から8日(火)まで赤坂RED/THEATERで上演される、ミュージカル『ボクが死んだ日はハレ』に出演する、百名ヒロキさんのインタビュー後半です。母親役の浦嶋りんこさんとの絆や、ご自身のお母様についての思い、デビューから2年経っての思いなどを伺いました。『ボクが死んだ日はハレ』は、脚本・作詞・演出を石丸さち子さんが担当されるオリジナルミュージカルで、息子を亡くした母親を中心に描かれる喪失と再生の物語です。

 

百名ヒロキさん=撮影・岩村美佳

百名ヒロキさん=撮影・岩村美佳

 

 

――やはり作品の内容的に、母と息子との関係が強いですが、浦嶋さんとはどんなお話をされていますか?

 

お母さんと息子って、石丸さんもりんこさんもおっしゃっていたんですが、お母さんと娘との関係とは違う関係があるんじゃないかなと思います。女同士の強さとはまた違う絆がある気がします。また、りんこさんとの思い出もこの2年で増えたので。りんこさんの出演する舞台を観にいったり、ご飯を食べにいったりしたので、よりやりやすくなったのかなと思います。

 

――なるほど。

 

いまのところ、僕が出演する舞台を全部観に来てくださっているので、りんこさんも「再演に向けて全部観るわよ」って(笑)。ハードスケジュールのなか、大阪から帰ってきて、そのまま観てくださったり。「ギリギリ観れてよかった! 今回無理だと思ったけど」って。
――もうノルマのように(笑)。

 

仕事みたいになっていますが(笑)。それもファンキーな母親感を感じますね。百名ヒロキと浦嶋りんこさん自体の思い出も増えたので、ひかると鮎川ミミの関係の濃さもすごく出るなと思います。日常会話も、とても楽にできます。まだ1回しか本読みをしていませんが、余計に泣けてきちゃうというものは、ありましたね。

 

――そこは逆に、再演だからこそですね。

 

強みではありますね。りんこさんが、部屋のセットに飾ってある、ひかるの写真を見たときに、「この写真見ただけで泣ける」って。

 

――ひかるの小さいころの写真ですね。

 

「懐かしい」って(笑)。

 

――この写真は初演と変わっていないんですか?

 

はい。ここから、ポケモンシールとか増えていくんですよ。

 

――作品の中心となる親子関係について伺いたいのですが、息子から思う母親についてお聞かせください。それこそ、石丸さんや浦嶋さんが「母と娘との関係とは違うんじゃないか」とおっしゃっているとのお話でしたが、百名さんご自身がいまの年代で思う母親の存在はどう思っていますか?

 

やはり母の前と、人前とでは違うじゃないですか。絶対的に違う。一緒ではいられないですし、絶対的な信頼みたいなものはありますが、それは見せられないですね。わざわざ見せるものでもないし、恥ずかしい(笑)。家族というのは、一番大事な存在ですよね。だからこそ、言えないもの、相談できないものもあります。本当の母親はひとりしかいないけれど、僕にとっては、りんこさんや、石丸さんみたいな人がいたり、いろいろな母親以上の存在がいるのは幸せですね。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額450円)限定部分には、ご自身のお母様についての思い、デビューから2年経っての思いなどについて伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■早く親孝行をしたい、なにが親孝行なんだろうと考えたときに、自分が幸せになること

 

■また振り出しと思いつつも、2年間で染み付いたいいところは石丸さんも褒めてくれる

 

■グランドミュージカルに必要とされる実力を、「百名ヒロキがいい」と言ってもらえることが次の目標

 

■みんなが伝えたい、寄り添いたい作品なので、ぜひお客様にも寄り添っていただけたら

 

 

 

 

<『ボクが死んだ日はハレ』>
【東京公演】2019年10月2日(水)~10月8日(日) 赤坂RED/THEATER
公式サイト
https://polypho.wixsite.com/bokuhare

 

<関連リンク>
Musical「ボクが死んだ日はハレ」公演詳細ページ
https://junction99.com/?p=1516
百名ヒロキ|VOICE OF JAPAN
http://voiceofjapan.co.jp/artists/hyakuna.html
百名ヒロキオフィシャルブログ
https://ameblo.jp/hiroki-hyakuna/
百名ヒロキTwitter
https://twitter.com/100nahiroki

 

『ボクが死んだ日はハレ』 関連記事:

⇒すべて見る

 

百名ヒロキ 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

※百名ヒロキさんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは11月1日(金)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

百名ヒロキさん=撮影・岩村美佳

百名ヒロキさん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ami より:

    初演、再演と観劇し、ボクハレ打ち上げライブにも参加させていただき、本当に感無量です。
    この2年間で歌も演技も着実に成長しているのを感じています。グランドミュージカルで百名くんを観れるのを楽しみにしています。
    普段聞けないお話を記事にしていただき、また素敵な写真をたくさん載せていただきありがとうございます。今後もよろしくお願い致します。

  2. きらり より:

    この2年のお話、読んでいるだけでなぜだか涙が出てきました。今までの作品を全て見てきましたがこの2年のヒロキくんの成長は本当に努力なくなかったんだろうなと感じました。
    これからの百名ヒロキくんも楽しみでしかありません。どんな変化を見せてくれるのか、しっかり見守りたいと思います。
    これからも百名ヒロキくんの記事の掲載を楽しみにしています。

  3. 愛美 より:

    ヒロキくんのお母さんの話、素のヒロキくんが垣間見れて嬉しいです(笑)グランドミュージカルに必要とされる存在、絶対になれる!初心を忘れずに努力を続ける先にはきっとヒロキくんにとって最高の未来が待ってると思います☆ずっと見守り続けます(*^^*)

  4. ももまる。 より:

    ヒロキくんの母親のお話。今まであまり聞いた事がなかったので、新鮮でした。グランドミュージカルで必要とされるという夢。とても素敵だし、やっぱりヒロキくんだなーと感じました。百名ヒロキくんの記事をいつもありがとうございます。


最近の記事

■ 2019年12月掲載分
■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.