「聖一朗のラインハルトが原作を超えた瞬間が…」、永田聖一朗&加藤将対談(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「聖一朗のラインハルトが原作を超えた瞬間が…」、永田聖一朗&加藤将対談(下)

筆者: 達花和月 更新日: 2019年10月24日

 

舞台『銀河英雄伝説 Die Neue These ~第三章 嵐の前~』が、2019年10月24日(木)~10月27日(日)にZepp DiverCity (TOKYO)、2019年11月2日(土)~11月3日(日)にZepp Namba(OSAKA)で上演されます。銀河帝国軍のラインハルト・フォン・ローエングラム元帥を演じる永田聖一朗さんと、その親友ジークフリード・キルヒアイス上級大将を演じる加藤将さんに、お互いの役について、熱く語っていただきました。

 

永田聖一朗さん(左)と加藤将さん(右)=撮影・NORI

永田聖一朗さん(左)と加藤将さん(右)=撮影・NORI

 

 

――お互いに相手の気持ちをわかっているんでしょうね。

 

永田:そうだと思いますね。

 

加藤:たぶん、僕がキルヒアイスを演じて思うには、ラインハルトが一瞬わからなくなる瞬間って出てくるんですよね。怒りがMAXになって。

 

永田:そうそうそう。

 

加藤:あれはでも、キルヒアイスが緩和剤になってというか、キルヒアイスが言うことによって、ちょっとその限度を越えたところを落ち着いて考えることをして、「キルヒアイスの言うことはやっぱそうだったな」って。でも違っていたら「違う」って言うと思うし。

 

永田:それがね、第三章になってだんだんとね。オベ(オーベルシュタイン)の存在が。

 

加藤:謎の三角関係ができて。社内恋愛ですよ!

 

永田:本当にそう、社内恋愛!(笑)。

 

――社内恋愛!

 

加藤:ラインハルトさまの後ろに居るのが、副官がもう、キルヒアイスじゃなくて、オベになっちゃったので。

 

永田:だんだんね、なんか闇落ちというか。隣に居るのがやっぱりオベの方が多くなってきますから。

 

加藤:ちょっと心配してますね。

 

――お話的にそういう段階に来ていますね。…ラインハルトと離れて寂しいですか?

 

加藤:結構。二章の最後、エンディングのみんなで出陣するところも、キルヒアイスは先に補給艦を叩きに行っているから居ないんですよ。居ないからこそ、場当たりを客席で観てたんですけど、かってに涙出ました。

 

永田:エエェーッ!(笑)。

 

加藤:自分がラインハルトの後ろに立っていないのがなんか悲しくなって。そう、こんなやからいまも泣きそう。

 

永田:へえーっ!

 

加藤:ラインハルトの立場が悲しくなってきて。

 

永田:うん。

 

加藤:そのぐらい感じたから。今回も途中から違う作戦で、ラインハルトとは違うところに行っているので…。嬉しい気持ちもあるんですよ、もうすぐで “宇宙が手に入る” から。でも、本当に大丈夫なのか、という不安もある。それはラインハルト自身も思っている。お互い思っているけど、キルヒアイスは「大丈夫ですよ。絶対手に入ります」って言って、ラインハルトは「そうだよな」って言って行く。賭じゃないけど、確信はあるけど、ない。

 

永田:そうだね。確信はあるけど、ない。不安もあるんだよな。

 

加藤:わからない気持ちだけど、だからこそ嬉しいけど不安もある。だから「絶対次、生きて会おうな」ってなる。思ってるけど、お互いになんか普通に、それが様式美として布石なのか「絶対死なない、絶対生きて会おうな」って言って別れる。言葉にはないんですよ、台詞には。でも本当にそういう気持ちで僕らお芝居していて、そこが伝わるか。

 

永田:うん。いつ死ぬかわからないしね。命のやり取りだし。

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、加藤さんが永田さんのラインハルトが原作の本を超えた瞬間があると思ったというシーンなどについて話してくださったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■永田:オベはこっちを利用しているんだと思います。キルヒアイスとは違います

 

■永田:「二人で姉上を取り戻すために行こう」って言って決めたかなと

 

■加藤:その瞬間だけアンネローゼよりラインハルトが上に立った。好きな順が

 

■永田:全力で生きている瞬間を楽しんで 加藤:全部観に来て欲しい

 

 

 

<舞台『銀河英雄伝説 Die Neue These ~第三章 嵐の前~』>
【東京公演】2019年10月24日(木)~10月27日(日) Zepp DiverCity(TOKYO)
【大阪公演】2019年11月2日(土)~11月3日(日・祝) Zepp Namba(OSAKA)
公式サイト
https://www.gineiden.jp/

 

<関連リンク>
舞台 銀河英雄伝説 公式 Twitter
https://twitter.com/gineiden_stage
永田聖一朗 Twitter
https://twitter.com/Nagatan_0709_
永田聖一朗 オフィシャルサイト
https://www.sui-inc.net/nagata-seiichiro
加藤将 Twitter
https://twitter.com/_sho_kato
加藤将 オフィシャルサイト
https://kato-sho.com/

 

 

銀河英雄伝説 関連記事:

⇒すべて見る

 

永田聖一朗 関連記事:

⇒すべて見る

 

加藤将 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

※永田聖一朗さん&加藤将さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは11月23日(土)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

加藤将さん=撮影・NORI

加藤将さん=撮影・NORI

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額450円

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. りこ より:

    もう本公演は終了してしまいましたが、なるほどなあと思えることも、やっぱりそうだったんだとなることも書かれており、答え合わせのように楽しく記事を読みました。ブランケットのくだりが好きです。笑
    加藤さんの文章からも熱が伝わりましたし、第四章でまた会いたいなと強く思えました。素敵な記事をありがとうございました。

  2. まゆか より:

    お二方が本当に三章までを通じて役と向き合ってきたことが伝わるインタビューでした。
    演じてきたからこそ想像できる役の心情や理解の仕方が読んでいて興味深く感動しました!

    第三章本当に内容が濃くてたくさんの方の熱を感じる作品でした。
    楽しかったです!毎公演大切に観劇しようとおもいます。


最近の記事

■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.