「帝国はフレッシュ。泥臭くひたすら話し合って」、米原幸佑&藤原祐規対談(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「帝国はフレッシュ。泥臭くひたすら話し合って」、米原幸佑&藤原祐規対談(下)

筆者: 達花和月 更新日: 2019年10月31日

 

2019年10月24日(木)からの東京公演を終え、2019年11月2日(土)から11月3日(日・祝)までZepp Namba(OSAKA)で上演される『銀河英雄伝説 Die Neue These ~第三章 嵐の前~』に出演される米原幸佑さんと藤原祐規さんのインタビュー、後半です。後半は、米原さんと藤原さんの対談の途中からと、藤原さんのソロインタビュー部分を掲載します。(このインタビューは東京公演開幕前に行ったものです)

 

藤原祐規さん=撮影・NORI

藤原祐規さん=撮影・NORI

 

 

――藤原さんは現場の居方について、オーベルシュタインの影響はありますか?

 

藤原:あまりないです。ないかもしれないですけど、同盟で幸ちゃんがやってるように、僕も帝国ではやっぱり一番年上なんで、稽古場では押し付けにならない程度でアドバイスできたらいいなと思っていますね。や、でも正直「銀英伝」をやるまで、こんなポジションではなかったですね。というのも「銀英伝」第二章のパンフ撮影のときに、幸ちゃんに「フッキーやったら大丈夫か。頼むよ、帝国」って言われたんですよ。よく覚えてるんですけど。

 

米原:うん、言った。

 

藤原:なんか、こんなことを言う奴じゃなかったのになって。

 

米原:オイオイ。

 

藤原:そこでも、顔合わせのときにも「あ、こういう意味か!」って思ったんですけど、なんというか、良い意味でも悪い意味でも「若い」というか。すごいフレッシュで。

 

米原:うん。

 

藤原:元気よくて「やったるぞ!」って感じなんですけど、やっぱり経験はそんなにない子が居るから。彼らよりは多少経験がある僕がアドバイスできる範囲内でって。これを幸ちゃんは、第一章からやってたんやなっていうことですね。

 

米原:うん、そうですね、第一章のときはわりと自分のこともしつつ、大岩さんからは「周り見たってな!」みたいな感じやったんで。

 

藤原:僕も軽くは言われてましたね、「頼むよ」みたいな。

 

――やはり役としても、座組のポジション的にも…。

 

米原:オジサンですよ。

 

藤原:中間管理職といいますか。

 

米原:いやホンマねぇ、今回「銀英伝」に関しては、上も下もたくさん居るので。本当にその間に阻まれる世代だなと。

 

――中間管理職ポジションのお二人の目には、このカンパニーはどのように映っていますか?

 

米原:僕はさっき結構一通り言ったんで、ちょっと藤原さん。

 

藤原:やっぱり可愛いですよね、みんな。過ごしている時間も長いから、愛着じゃないですけど、やっぱり頑張ってくれたら嬉しいし、ミスしたら「なんでやねん!」と思ったりとか。“はじめて参加して、そのまま終わる舞台” とはちょっと違う感覚にはなってきてるなって思います。あと帝国と同盟で別れているので、同盟が良いシーン創ったら「やべっ!」って思って刺激を受けたりとかもありますし。シリーズものだからかもしれないですけどちょっと違う。やっぱり、カンパニーがちょっと成熟してきた感じはします。

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、同盟・帝国それぞれのチームの様子などについて話してくださった対談の後半部分と、藤原さんソロインタビューで、第二章でオーベルシュタインを実際に演じての思いや、第三章に入っての新たな発見などについて藤原さんに伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■米原:同盟は、自分のシーンは自分で責任持ってやるのが個性。帝国はフレッシュ

 

■藤原:二人を見るんですけど、その時の気持ちって小姑に近いというか

 

■藤原:立ってるのって意外と疲れるんですよ。キッチリ立っているのって

 

■藤原:DVDの一章、二章を見ていただくと、より楽しめるんじゃないかと

 

 

 

 

<舞台『銀河英雄伝説』>
【東京公演】2019年10月24日(木)~10月27日(日) Zepp DiverCity(TOKYO)(この公演は終了しています)
【大阪公演】2019年11月2日(土)~11月3日(日・祝) Zepp Namba(OSAKA)
公式サイト
https://www.gineiden.jp/

 

<関連リンク>
舞台 銀河英雄伝説 公式 Twitter
https://twitter.com/gineiden_stage
藤原祐規 Twitter
https://twitter.com/fukey0424
藤原祐規 アミュレート
http://amuleto.jp/talents/FujiwaraYuki.html
米原幸佑 Twitter
https://twitter.com/kosk0313
米原幸佑 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=3128

 

 

銀河英雄伝説 関連記事:

⇒すべて見る

 

藤原祐規 関連記事:

⇒すべて見る

 

米原幸佑 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

※米原幸佑さんと藤原祐規さんのサイン色紙と写真(米原さんソロ1枚と藤原さんソロ1枚の計2枚)を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは11月30日(土)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

米原幸佑さん=撮影・NORI

米原幸佑さん=撮影・NORI

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額450円

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. まい より:

    第二章に続き、今回も素敵な記事をありがとうございました。
    藤原さん演じるオーベルシュタインの存在感や異質さ、所作のうつくしさ、全てがとても印象的でした。
    役柄についてや役との関係性などのお話どれも興味深かったです。
    米原さんとの対談もとても嬉しかったです。
    ありがとうございました。


最近の記事

■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.