ラミン・カリムルーと佐藤隆紀が共演、『CHESS THE MUSICAL』上演決定 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

ラミン・カリムルーと佐藤隆紀が共演、『CHESS THE MUSICAL』上演決定

筆者: アイデアニュース編集部 更新日: 2019年8月31日

 

ABBAのベニー・アンダーソン、ビョルン・ウルヴァース作曲、『エビータ』『ジーザス・クライスト・スーパースター』のティム・ライス原案・作詞のミュージカル『CHESS THE MUSICAL』が、2020年1月25日(土)から梅田芸術劇場メインホールで、2020年2月1日(土)から東京国際フォーラム ホールCで上演されることが、2019年8月30日、発表されました。第一弾キャストとして、アナトリー役に『オペラ座の怪人』などで知られるラミン・カリムルーさん、アービター役に『レ・ミゼラブル』『エリザベート』などに出演している佐藤隆紀さん(LE VELVETS)、スヴェトラーナ役にエリアンナさん、モロコフ役に増原英也さんが、発表されました。演出・振付は、『キューティーブロンド』の振付や『ウエディング・シンガー』の演出・振付などを担当し、2017年には『パジャマゲーム』で来日して振付を担当したニック・ウィンストンさんが、ロンドン初演版台本を用いた新演出で担当します。プレスリリースと公式ページの内容から、ご紹介します。

 

ラミン・カリムルーさんと佐藤隆紀さん(LE VELVETS)

ラミン・カリムルーさんと佐藤隆紀さん(LE VELVETS)

 

 

この度、2020年1月に大阪・梅田芸術劇場メインホール、2月に東京国際フォーラムホールCにて『CHESS THE MUSICAL』の上演が決定致しました。

 

本作は、1984年にリリースされたコンセプトアルバムからスタートし、マレー・ヘッドが歌う「One Night in Bangkok」が全米3位、また「I know him so well」は全英1位にチャートインし、一躍大ヒットとなりました。

 

1986年にロンドンでミュージカル作品として開幕し、1989年までロングランを記録。楽曲は、クラシック的なものから、ポップス、ロックと幅広いメロディで構成されておりこれまでに世界各国で上演されています。

 

また2008年にはロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでイディナ・メンゼル(「アナと雪の女王」「ウィキッド」)、アダム・パスカル(「レント」)、そして全世界で2,500万枚以上のアルバム・セールスを誇るアメリカの生んだスーパー・スター、ジョシュ・グローバン他、豪華キャストによるコンサート版が上演され、話題を呼びました。

 

日本では、2012年、2013年にコンサート版、2015年にはミュージカル版を上演し大成功を収めた人気作品。

 

そして、今回2020年のオリンピックイヤーに相応しく、日英キャストでの共演が実現。ニック・ウィンストン演出・振付によるロンドン初演台本を用いた新演出版をお届けいたします。

 

注目のキャストにはアナトリー役に『オペラ座の怪人』『レ・ミゼラブル』『ラブ・ネバー・ダイ』ウエストエンドで主演を務め日本でも『プリンス・オブ・ブロードウェイ』『4Stars』等で来日し人気を博す世界的なミュージカルスター、ラミン・カリムルー。アービター役にはヴォーカルグループLE VELVETSから活躍の場を広げ『レ・ミゼラブル』『エリザベート』等、今や日本のミュージカル界を牽引する佐藤隆紀が決定。

 

第二弾キャストは後日発表予定。実力派キャストが顔を揃えます。

 

ABBAが作った圧倒的な旋律、パワフルなサウンドは、初演から30年以上経った今も尚、国境や世代を超えて音楽ファンを魅了し続けています。どうぞご期待下さい。

 

<第一弾キャスト>
アナトリー役 ラミン・カリムルー
アービター役 佐藤隆紀(LE VELVETS)
スヴェトラーナ役 エリアンナ
モロコフ役 増原英也PRESS RELEASE

 

<演出・振付 ニック・ウィンストン>
イギリスの演出家、振付家。
『フォッシー』(ロンドン公演)のオリジナルキャストとして活躍後、演出家・振付家へ転身。現在、ロンドンミュージカル界で、トップ10に入る振付家として注目を集める。ウェストエンド公演『アニー』、『ルーザーヴィル』『ホリッド・ヘンリー』『オズの魔法使い』の振付を担当し、『フラッシュモブ』を演出。レスターにあるカーブ・シアターで提携アーティストとして活動し、そこで『グリース』『キューティーブロンド』の振付、『ダウンタウン物語』『真夏の世の夢』『ウエディング・シンガー』を演出、振付。その他の担当作品に、『キス・ミー・ケイト』『スウィーニー・トッド』『フォーリーズ』『カラミティ・ジェーン』など。2017年トム・サザーランド演出の『パジャマゲーム』にて来日、振付を担当。

 

【演出家コメント】
冷戦を背景にした、愛についての壮大なロック・オペラ『CHESS』の演出家・振付家として、再び日本に戻ることができて光栄です。この新たなプロダクションをお客様に体験していただけることが楽しみで仕方ありません。素晴らしいキャストとオーケストラが、この象徴的なスコアをお届けいたします。革新的なクリエイティブ・チームと私は、愛されつづけているこの政治スリラーに新鮮な動力を与え、劇場での痺れる一時を生み出します。

 

『CHESS THE MUSICAL』のロゴ

『CHESS THE MUSICAL』のロゴ

 

<『CHESS THE MUSICAL』>
作曲:ベニー・アンダーソン / ビョルン・ウルヴァース
原案・作詞:ティム・ライス
演出・振付:ニック・ウィンストン
出演:
ラミン・カリムルー 佐藤隆紀(LE VELVETS)
エリアンナ 増原英也
飯野めぐみ 伊藤広祥 大塚たかし 岡本華奈 河野陽介 柴原直樹
仙名立宗 染谷洸太 菜々香 二宮 愛 則松亜海 原田真絢
武藤 寛 森山大輔 綿引さやか 和田清香(五十音順)

 

<公演日程>(予定)
〔大阪〕2020年1月25日(土)~1月28日(火) 梅田芸術劇場メインホール
〔東京〕2020年2月1日(土)~2月9日(日) 東京国際フォーラム ホールC
一般発売:10月26日(土)
お問合せ:梅田芸術劇場(10:00~18:00)
〔大阪〕06-6377-3800 〔東京〕0570-077-039

 

<公式ホームページ>
https://www.umegei.com/chessthemusical2020/
公式Twitter:@musical_chess
https://twitter.com/musical_chess
企画・制作・主催:梅田芸術劇場

 

 

『CHESS THE MUSICAL』 関連記事:

⇒すべて見る

 

ラミン・カリムルー 関連記事:

⇒すべて見る

 

佐藤隆紀 関連記事:

⇒すべて見る

 

<アイデアニュース編集部>アイデアニュース編集部として作成した記事の一覧は ⇒こちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
■ 2019年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.