「歌が好きだし自信もある」、音楽劇『ハムレット』キム・ヨンソクインタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「歌が好きだし自信もある」、音楽劇『ハムレット』キム・ヨンソクインタビュー(上)

筆者: 望月美寿 更新日: 2019年10月10日

 

韓国の人気アーティスト「CROSS GENE」(クロスジン)の末っ子でボーカルを担当するキム・ヨンソクさんにインタビューしました。ヨンソクさんは2019年10月22日~25日まで東京の「天空劇場」(北千住 東京芸術センター21F)で上演される音楽劇『ハムレット』で主役のハムレットを演じます。音楽劇『ハムレット』は、歌舞伎の演出家で振り付け師として知られ、ニコニコ超会議の歌舞伎演出を行うなど、新たな挑戦でも話題の藤間流八世宗家・藤間勘十郎さんが演出を担当。ハムレットの友人ホレーシオには大橋典之さん、オフェーリアに栗原沙也加さん、オフェーリアの兄レアティーズに野島直人さん、クローディアスに根本正勝さん、ポーニアス&墓堀り人にルー大柴さん。そしてハムレットの母ガートルードに元宝塚歌劇団男役トップスターの北翔海莉さんという個性豊かなキャストが集結。シェークスピアの名作が、洋式の音楽・コスチュームに和楽器の鳴物を加えたオリジナルな演出でどのように蘇るのか、期待が高まっています。日本デビューしてはや7年のヨンソクさんに、その意気込みを日本語で語ってもらいました。

 

キム・ヨンソクさん=撮影・伊藤華織

キム・ヨンソクさん=撮影・伊藤華織

 

 

――ヨンソクさんはアイデアニュースには初登場ですね。

 

はじめまして。キム・ヨンソクと申します。よろしくお願いします。

 

――さっそくですが音楽劇『ハムレット』への出演が決まった経緯を教えてください。

 

今年(2019年)の2月に『星の王子さま』に主演したんです。そのときスタッフの皆さんと仲良くなって。僕は今、日本でミュージカルや舞台をしているんですが、もっともっと古典に挑戦したい、と伝えたところ、『ハムレット』をやることになりました。

 

――ということは、これはヨンソクさんの希望からうまれた舞台なのですね?

 

そうなんです。

 

――すごいですね!

 

僕、挑戦が好きなんです。その話が出たとき、その場でOKしました。絶対やりたいと思いました。

 

――なぜ古典作品をやってみたかったのですか?

 

これまでは身近にいる学生の役とかが多かったので。もともと古典に興味があり、古典が好きで、古典を知ることができたら個人的にもプラスになるし成長できるじゃないですか。とても魅力だと思いました。

 

――数多い古典の中でもシェークスピアの「ハムレット」を選ばれた理由は? これまでに「ハムレット」を題材にした映画や舞台を見たことはありましたか?

 

「ハムレット」はもちろん韓国でも有名ですが、僕が大好きなミュージカル俳優のホン・グァンホさんが、創作ミュージカル『ハムレット・アライブ』で主役を演じられていたんです。その動画を見て、僕もやりたいと思いました。

 

――ホン・グァンホさんは素晴らしいミュージカルスターですね。

 

歌も演技もすごくうまい方で尊敬しています。以前、同じミュージカルフェスティバルに出たことがあるんですよ。僕は午前、先輩は午後の出演で同じステージに立つことはできなかったんですが、近くで見られて嬉しかったです。勉強になりました。

 

――今回は音楽劇ということですが。

 

稽古はこれからですが「ストレートプレイとミュージカルの中間くらい」と聞いています(笑)。

 

――劇中には「生きるべきか死ぬべきか」などの有名なセリフが出てきますが。

 

たくさんありますよね。もしかしたら歌で歌うかもしれません。そこをぜひ期待して見に来てください!(笑)。

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、藤間勘十郎さんが演出されることや、共演するルー大柴さんや野島直人さんについて、そして、音楽劇『ハムレット』に出演することについて「CROSS GENE」のメンバーの反応がどうだったかなどについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。10月11日掲載予定のインタビュー「下」では、キム・ヨンソクさんが自身の道を決めるきっかけになった韓国でのミュージカル『ALTAR BOYZ』出演や、現在、韓国で出演中の舞台『私の家になぜ来たの?』について、また将来やりたいというミュージカルの役などについて話してくださったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■外国人の僕と歌舞伎で有名な勘十郎さんがコラボ。想像するだけでも楽しい

 

■歌舞伎を劇場で見たことはないです。ネットで見ましたが白塗りとか面白そう

 

■ルー大柴さんは面白い方。野島直人さんは韓国ミュージカル『パルレ』の主役

 

■僕は「CROSS GENE」の末っ子。メンバーみんなに「頑張って」と言われました

 

 

 

 

<音楽劇『ハムレット』>
【東京公演】2019年10月22日(火)~10月25日(金) 天空劇場(北千住 東京芸術センター21F)
音楽劇『ハムレット』公式サイト
https://artistjapan.co.jp/
東京芸術センター(天空劇場)
http://www.art-center.jp/tokyo/

 

<関連リンク>
CROSS GENE公式サイト
https://artist.amuse.co.jp/artist/cross_gene/
https://www.crossgene.jp/profiles

 

 

『ハムレット』 関連記事:

⇒すべて見る

 

キム・ヨンソク 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

※キム・ヨンソクさんのサイン色紙と写真1カットを、3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員限定ではありませんので、どなたでもご応募できます。この下の応募フォームからご応募ください。応募締め切りは11月10日(日)です。(このプレゼントの募集は終了しました)

 

キム・ヨンソクさん=撮影・伊藤華織

キム・ヨンソクさん=撮影・伊藤華織

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額450円

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>望月美寿(もちづき・みとし)  アジアのエンタメを中心に執筆中のフリーライター。編集プロダクションをへて27歳でフリーライターに。ジャッキー・チェン全盛期には香港映画を中心に執筆。「スクリーン」「キネマ旬報」連載をへて怒涛の韓流ブーム到来と同時に仕事のほとんどが韓流関係になる。衛星劇場の番組「田代親世のどっぷり韓国ドラマ」シリーズに出演中。韓流以外は舞台、ミュージカル、台湾俳優などなど。いま一番面白いのは大衆演劇の世界。今日もどこかでインタビュー(^^♪   ⇒望月美寿さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.