「母親役も毒を飲む役も初めて」、音楽劇『ハムレット』北翔海莉インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「母親役も毒を飲む役も初めて」、音楽劇『ハムレット』北翔海莉インタビュー(上)

筆者: 望月美寿 更新日: 2019年10月19日

 

2019年10月22日(火)に東京の天空劇場で開幕する音楽劇『ハムレット』ではハムレットの母・王妃ガートルード役を、2019年11月2日(土)から京都・博多・東京で上演される舞台『海の上のピアニスト』では天才男性ピアニスト・ノヴェチェント役を演じる北翔海莉さんにインタビューしました。上下に分けて、上では音楽劇『ハムレット』についての話を中心に、下では舞台『海の上のピアニスト』についての話を中心に、2日連続で掲載します。

 

北翔海莉さん=撮影・伊藤華織

北翔海莉さん=撮影・伊藤華織

 

 

――まずは音楽劇『ハムレット』への出演を決められた理由を教えてください。

 

ハムレットは何年にもわたって世界各国で上演されてきている作品なので、みなさんのイメージもあると思うんです。私としては、今回の音楽劇『ハムレット』は藤間勘十郎先生が演出されるということが大きかったですね。先生だったらどういう演出になるんだろう。想像がつかない、普通ではない、常識的ではない舞台になるに違いない、と思ったんです。和物の先生が洋物にチャレンジするというところにものすごく惹かれて、それが出演の決め手になりました。

 

――予想がつかないだけに期待が高まりますね。

 

着物を着ない、三味線も使わない。でもすごくカブくものになると思います(笑)。お能の舞台も藤間勘十郎文芸シリーズも、『ふたり阿国』もそうなんですが、私は今年だけで6作品、先生とご一緒させていただいているんです。すべて着物を着ている中で、この『ハムレット』だけが洋装なので、さあどうなりますか、もう今から楽しみです。

 

――藤間勘十郎先生との最初の出会いは?

 

宝塚歌劇団を退団してから、お能の人間国宝の梅若玄祥先生の作品にチャレンジさせていただいたんですが、その間狂言の振り付け家の先生としてお会いしたのが最初でした。その後、先生のもとで『恐怖時代』で和物の七五調のセリフに挑戦したんですが、恐ろしく怖かったですね。できないと思いました。そのあとミュージカルの『ふたり阿国』や『怪談 牡丹灯籠』でもご一緒させていただきました。知識も引き出しもない状態で、それまでやったことのないものに挑戦する。自分の恥をさらすのがいつも藤間先生の前だったんです(笑)。なので私は0から宗家に育てていただいた、という感じですね。経験がないことをやるのは恐怖心が99%だけど、残りの1%のほうに楽しみと価値があると思っています。

 

――稽古場での先生は、どのような感じなのでしょうか。

 

先生は何をやってもうまい。作曲家としても振付家としても演出家としても役者としても、すべてにおいて才能が素晴らしい方です。知識も引き出しも豊富なのでアイデアが底知れず出てくるんです。私と同世代なのにこんなに違うのか!と思いますね。稽古場では「こういうバージョンがある、またはこんなバージョンもある」と何通りもいろいろなやり方を見せてくださる。日本舞踊がベースにあるからだと思いますが、女性を演じてもとにかく色っぽい。妖艶な感じもうぶな感じも素敵で本当に尊敬しています。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額450円)限定部分では、音楽劇『ハムレット』でハムレットを演じる韓国のアーティストのキム・ヨンソクさんについての話から、じつは北翔さんはK-POPや韓国ドラマにはまっていた時期があり、「韓国ドラマを体育座りで5時間見てぎっくり腰になった」ということもあったというお話など、インタビュー前半で伺った全文と写真を掲載しています。10月20日掲載予定のインタビュー「下」では、『海の上のピアニスト』についてのお話を中心に、コンサートや松竹新喜劇など今後の予定などについて話してくださったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■王妃ガートルードは悪女のイメージですが、台本をしっかり把握して…

 

■お父さんはやったことあったけど。イケメンの息子が生まれて喜ばしいかぎり

 

■当時は韓流スターにはまっていて、休演日は新大久保に行ってました(笑)

 

■私が和物もやるし、いろいろやるからでしょうね。役立つ出会いが多いんです

 

 

 

 

<音楽劇『ハムレット』>
【東京公演】2019年10月22日(火)~10月25日(金) 天空劇場(北千住 東京芸術センター21F)
音楽劇『ハムレット』公式サイト
https://artistjapan.co.jp/performance/hamlet/
東京芸術センター(天空劇場)
http://www.art-center.jp/tokyo/

 

<舞台『海の上のピアニスト』>
【京都公演】2019年11月2日(土) 京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)
https://artistjapan.co.jp/cms/wp-content/uploads/2019/06/novecento_kyoto_20190613_f.jpg
https://artistjapan.co.jp/cms/wp-content/uploads/2019/06/novecento_kyoto_20190613_b.jpg
【福岡公演】2019年11月5日(火)~11月6日(水) 博多 電気ビル みらいホール
https://artistjapan.co.jp/cms/wp-content/uploads/2019/08/novecento_hakata_20190809_f.jpg
https://artistjapan.co.jp/cms/wp-content/uploads/2019/08/novecento_hakata_20190809_b.jpg
【東京公演】2019年11月13日(水)~11月15日(金) 天空劇場(北千住・東京芸術センター 21階)
https://artistjapan.co.jp/cms/wp-content/uploads/2019/03/novecento_tokyo_20190326.jpg
https://artistjapan.co.jp/cms/wp-content/uploads/2019/04/novecento_tokyo_20190408_2.jpg

 

<関連リンク>
北翔海莉公式サイト
https://hokushokairi.co.jp/

 

 

音楽劇『ハムレット』 関連記事:

⇒すべて見る

 

『海の上のピアニスト』 関連記事:

⇒すべて見る

 

北翔海莉 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

※北翔海莉さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは11月19日(火)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

北翔海莉さん=撮影・伊藤華織

北翔海莉さん=撮影・伊藤華織

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額450円

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>望月美寿(もちづき・みとし)  アジアのエンタメを中心に執筆中のフリーライター。編集プロダクションをへて27歳でフリーライターに。ジャッキー・チェン全盛期には香港映画を中心に執筆。「スクリーン」「キネマ旬報」連載をへて怒涛の韓流ブーム到来と同時に仕事のほとんどが韓流関係になる。衛星劇場の番組「田代親世のどっぷり韓国ドラマ」シリーズに出演中。韓流以外は舞台、ミュージカル、台湾俳優などなど。いま一番面白いのは大衆演劇の世界。今日もどこかでインタビュー(^^♪   ⇒望月美寿さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.