キム・ヨンソク、北翔海莉出演 「かぶく」音楽劇『ハムレット』開幕 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

キム・ヨンソク、北翔海莉出演 「かぶく」音楽劇『ハムレット』開幕

筆者: アイデアニュース編集部 更新日: 2019年10月23日

 

音楽劇『ハムレット』が2019年10月22日(火)、天空劇場(北千住 東京芸術センター21F)で開幕しました。演出は藤間流八世宗家・藤間勘十郎さんが担当。ハムレット役は韓国のアーティスト「CROSS GENE」(クロスジン)の末っ子でボーカルを担当するキム・ヨンソクさんが演じ、ハムレットの友人ホレーシオ役は大橋典之さん、オフェーリア役は栗原沙也加さん、オフェーリアの兄レアティーズ役は野島直人さん、クローディアス役は根本正勝さん、ポーニアス&墓堀り人役はルー大柴さん。そしてハムレットの母ガートルード役は元宝塚歌劇団トップスターの北翔海莉さんが演じます。アイデアニュースでは先日、キム・ヨンソクさんのインタビューと、北翔海莉さんのインタビューを掲載しましたが、舞台写真と初日挨拶コメントが届きましたので、ご紹介します。

 

音楽劇『ハムレット』より=(C)2019 ArtistJapan

音楽劇『ハムレット』より=(C)2019 ArtistJapan

 

<初日挨拶コメント>

 

【初日を迎えて、意気込みなど】

 

藤間「演出家になり10年少し経ちまして、まさか西洋の演劇を自分が演出することになるとは思いませんでしたが、良い機会と良いキャストに恵まれまして今日を迎えることができました。何もわからないので脚本の戸部さん、音楽の橋本さんにお任せている部分もありました。みなさまにしてみたらシェイクスピアのお芝居というより歌舞伎をやっているような感覚だったのではないかと。シェイクスピアが好きな方にはこれはハムレットですか?と、はてなマークがつくような作品になってしまったかもれしませんが、歌舞伎のかぶくという精神で作ったつもりです。歌舞伎は日本を代表する伝統芸能、芸術、演劇でございます。その精神のもと新しい音楽劇ハムレットを作った次第です。どうぞご理解をいただきまして、ご見物願えればと思っております」

 

ヨンソク「今まで色々な作品に出演しましたが、このハムレットは新鮮でチャレンジすることがたくさんありました。このチャンスを生かして次につなげていけたらと思っています」

 

ルー大柴「43年ぶりにシェイクスピアをやりました。当時はペーペーで貴族の役か何かをやっていましたが、今回私は墓堀とポローニアスの2役演じております。若くて素晴らしいハムレットの若い力を借りながらやりました。素晴らしいアクター、アクトレスたちでございます。そして藤間先生ありがとうございます。みんなとTogetherできて本当に楽しいひと時でございます。本日初日を迎えることができHappyでございます」

 

北翔「以前父親役はやったことはありますが母親役は初めてで、この作品で勉強させていただけて良かったと思っております。ご宗家とは何作かご一緒させていただいておりますが、この洋物で演出家の名前を聞いた時に、これは他の人には表現できないハムレットになると、稽古前から自信がありました。緊張の幕開けでございますが精一杯ご宗家の想いをしっかり舞台で表現したいと思っております」

 

音楽劇『ハムレット』より=(C)2019 ArtistJapan

音楽劇『ハムレット』より=(C)2019 ArtistJapan

 

【見どころ、注目してほしいシーン】

 

藤間「全部観ていただきたいです。今日のゲネプロまでが私たちの物ですが、初日あきますと演者の物ですから、役者のみなさんがどうこの役を演じるか、というところを注目してみていただけたらと思っております。私たちが尊敬する先輩であります松本白鴎さんが『役者は一人一人が総合芸術でなくてはならない、何でもできなきゃいけない』とよく言われます。ここにいらっしゃるみなさんも一人一人が総合芸術でございますので、その人の培ってきた芸をなるべくこの舞台で発揮できるようにと考えてやって参りました。今の時点で私の手を離れ、後は皆さんの作品でございます。一人一人の芸を見ていただけたら私は幸いでございます」

 

ヨンソク「全部に見どころがございます。特に“早替え”とか“変身”する所が見どころで、またバルコニーで歌うのは初めてで、そこも注目して観てください。千秋楽まで全力で駆け抜けたいと思います。最後まで応援よろしくお願いします」」

 

ルー大柴「お芝居があり、音楽があり、歌舞伎の所作を取り入れて、まさにTogetherなエンターテイメントで今までにない形で色々な面白さが出ていると思います。ぜひ楽しんでいただきたいです」

 

北翔「ハムレットの狂気とともに一緒に歌うシーンで素敵な楽曲を作っていただきました。ただ歌うのではなく、芝居や色々な感情をめいっぱい表現しながらそのナンバーを歌いたいと思っています。今回客席だけではなくバルコニーを使っての演出もあり、お客様と一体となってお客様も出演者の気持ちで一緒に共感していただけたら嬉しいです」

 

音楽劇『ハムレット』より=(C)2019 ArtistJapan

音楽劇『ハムレット』より=(C)2019 ArtistJapan

 

音楽劇『ハムレット』より=(C)2019 ArtistJapan

音楽劇『ハムレット』より=(C)2019 ArtistJapan

 

 

<見どころ>

 

・歌舞伎の様式美をふんだんに取り入れた藤間勘十郎の演出。場内をキャストが駆け回ります。早替え、見得(みえ)、ツケ、人間でないキャラクターが登場(※黒子のようなキャラがおります)

 

・韓国でアーティストとして活躍中のキム・ヨンソクが日本語で古典作品に挑戦、そして歌声を響かせます。

 

・初の母親役を北翔海莉が熱演、ガートルードは本当に悪女だったのか?

 

・野島直人演じるレアティーズ、実は妹を想っていたという新たな解釈に!

 

・オフィーリア栗原沙也加は入水のシーンで幻のハムレットと踊る。

 

・悪だけではない人間の弱さを持ち合わせた根本正勝の迫力のクローディアス!

 

・ルー大柴は悲劇の物語の中で2役かつ道化としても活躍

 

・この作品のために作られた橋本賢悟による珠玉の楽曲、和の鳴り物とピアノ、ワルツに鳴物など洋と和のコラボをご堪能ください。

 

(C)2019 ArtistJapan

 

音楽劇『ハムレット』より=(C)2019 ArtistJapan

音楽劇『ハムレット』より=(C)2019 ArtistJapan

 

音楽劇『ハムレット』より=(C)2019 ArtistJapan

音楽劇『ハムレット』より=(C)2019 ArtistJapan

 

 

<音楽劇『ハムレット』>
【東京公演】2019年10月22日(火)~10月25日(金) 天空劇場(北千住 東京芸術センター21F)
音楽劇『ハムレット』公式サイト
https://artistjapan.co.jp/
東京芸術センター(天空劇場)
http://www.art-center.jp/tokyo/

 

 

 

 

音楽劇『ハムレット』 関連記事:

⇒すべて見る

 

キム・ヨンソク 関連記事:

⇒すべて見る

 

北翔海莉 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

<アイデアニュース編集部>アイデアニュース編集部として作成した記事の一覧は ⇒こちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.