「音楽の世界観が壮大」、舞台『海の上のピアニスト』北翔海莉インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「音楽の世界観が壮大」、舞台『海の上のピアニスト』北翔海莉インタビュー(下)

筆者: 望月美寿 更新日: 2019年10月20日

 

2019年10月22日(火)開幕の音楽劇『ハムレット』ではハムレットの母・王妃ガートルード役を、2019年11月2日(土)から京都・博多・東京で上演される舞台『海の上のピアニスト』では天才男性ピアニスト・ノヴェチェント役を演じる北翔海莉さんのインタビュー、後半です。インタビュー(下)では、『海の上のピアニスト』を中心にお話を聞きました。

 

北翔海莉さん=撮影・伊藤華織

北翔海莉さん=撮影・伊藤華織

 

 

――では、ここからは『海の上のピアニスト』について教えてください。昨年(2018年)末に続いての再演ですね。

 

はい。ありがたいことに。でも初演は「こんなに稽古時間が少なくて本当にできるんだろうか」という状態だったんです。みんな忙しくて一緒に稽古できる日が1週間のうち数日くらいで、不安しかなかったんです。しかも私のセリフの量が多すぎて…。実は最初、朗読劇だと聞いていたので安心して引き受けたんです。なのに「北翔さんは暗記してください」という演出家からの要望がありまして。「ええーっ」「喜多村(緑郎)さんは読んでいるのに、私だけ暗記!?」と(笑)。そんなこともあってなかなか大変でした。

 

――話が違うよ、という感じだったんですね。

 

最初はそうだったんですよ。でも、鍵盤男子の大井(健)さんのピアノが鳴ると自然に物語の世界に引き込まれていって、知らない間にセリフも覚えていました。私たちは一心同体、ふたりでひとつの役だったので。あれはまるで魔法にかかったみたいな1週間でしたね。

 

――船の上で暮らし続ける音楽家の役を演じていかがでしたか?

 

私自身、飛鳥Ⅱや日本丸とか、船でのショーのお仕事も多かったので、海の上でパフォーマンスする人の気持ちや海の上での生活もある程度わかっていました。役には入りやすかったです。未知の世界の人物の人生なのに、すごくわかる感じがしました。ただ、陸に降りない生活がどんなものなのか、そこはわかりませんでしたが。

 

――出演者は3人ですか?

 

はい。本当に3人だけなんです。それにしても新派の喜多村さんと私と鍵盤男子という面白い組み合わせをよく考えたと思います。すごいですよね。

 

――舞台セットも印象的でしたね。

 

天空劇場という劇場そのものが船のデッキみたいなんです。そこまで計算されてなかったはずですが、舞台稽古で「あれ?デッキみたい」となりました。劇場の作りがまるで装置のようだったので、不思議な空間でしたね。そこまで広いステージでもないし、舞台転換があるわけでもないんですが、船の中での一生の話をきちんと表現できる、面白い作品でした。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額450円)限定部分には、『海の上のピアニスト』の楽曲やピアノ一本で表現する世界観について、ノヴェチェントという男性を演じることについて、コンサートなど今後の予定について伺ったインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■激しい波も、穏やかな海のイメージもピアノ一本で。音楽の世界観が壮大

 

■ノヴェチェントは男性ですが、純粋な少年の心のまま一生涯過ごした人

 

■クリスマスあたりに2つコンサートをやります

 

■音楽劇『ハムレット』と『海の上のピアニスト』、よろしくお願いいたします

 

 

 

 

<音楽劇『ハムレット』>
【東京公演】2019年10月22日(火)~10月25日(金) 天空劇場(北千住 東京芸術センター21F)
音楽劇『ハムレット』公式サイト
https://artistjapan.co.jp/performance/hamlet/
東京芸術センター(天空劇場)
http://www.art-center.jp/tokyo/

 

<舞台『海の上のピアニスト』>
【京都公演】2019年11月2日(土) 京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)
https://artistjapan.co.jp/cms/wp-content/uploads/2019/06/novecento_kyoto_20190613_f.jpg
https://artistjapan.co.jp/cms/wp-content/uploads/2019/06/novecento_kyoto_20190613_b.jpg
【福岡公演】2019年11月5日(火)~11月6日(水) 博多 電気ビル みらいホール
https://artistjapan.co.jp/cms/wp-content/uploads/2019/08/novecento_hakata_20190809_f.jpg
https://artistjapan.co.jp/cms/wp-content/uploads/2019/08/novecento_hakata_20190809_b.jpg
【東京公演】2019年11月13日(水)~11月15日(金) 天空劇場(北千住・東京芸術センター 21階)
https://artistjapan.co.jp/cms/wp-content/uploads/2019/03/novecento_tokyo_20190326.jpg
https://artistjapan.co.jp/cms/wp-content/uploads/2019/04/novecento_tokyo_20190408_2.jpg

 

<関連リンク>
北翔海莉公式サイト
https://hokushokairi.co.jp/

 

 

音楽劇『ハムレット』 関連記事:

⇒すべて見る

 

『海の上のピアニスト』 関連記事:

⇒すべて見る

 

北翔海莉 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

※北翔海莉さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは11月19日(火)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

北翔海莉さん=撮影・伊藤華織

北翔海莉さん=撮影・伊藤華織

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額450円

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>望月美寿(もちづき・みとし)  アジアのエンタメを中心に執筆中のフリーライター。編集プロダクションをへて27歳でフリーライターに。ジャッキー・チェン全盛期には香港映画を中心に執筆。「スクリーン」「キネマ旬報」連載をへて怒涛の韓流ブーム到来と同時に仕事のほとんどが韓流関係になる。衛星劇場の番組「田代親世のどっぷり韓国ドラマ」シリーズに出演中。韓流以外は舞台、ミュージカル、台湾俳優などなど。いま一番面白いのは大衆演劇の世界。今日もどこかでインタビュー(^^♪   ⇒望月美寿さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.