YouTubeで学ぶ英語:(62) 2019年を振り返る動画で学ぼう | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

YouTubeで学ぶ英語:(62) 2019年を振り返る動画で学ぼう

筆者: 松中みどり 更新日: 2020年1月11日

年末になると、1年を振り返るテレビ番組や雑誌の特集号が作られます。今回の「YouTubeで学ぶ英語」はTIMEが選んだ2019年のまとめで学びましょう。

YouTubeの2019 A Year In Review=TIMEチャンネルより

YouTubeの2019 A Year In Review=TIMEチャンネルより

では、アメリカの波乱の政治模様から始まる部分を聴いて、(  )の中を書き取ってください。

2019 began with a ( 1 ) as the newly elected Speaker of the House challenged president Trump amid a government ( 2 ). 2019年は政治的な決闘で幕を開けた。新しく選出されたアメリカ合衆国下院議長が、政府閉鎖の最中、ドナルド・トランプ大統領に挑戦したのだ。

“President Trump has chosen to hold hostage critical services with health, safety and ( 3 ) of the American people.” 「トランプ大統領はアメリカ人の健康、安全、福祉といった重要な サービスを人質にとることを選んだのです」

While the Muller report loomed, ( 4 ) of Donald Trump began as a possibility. And an election in Ukraine somehow played a role in the drama of that possibility becoming a reality. ミュラー報告書が提出されると、ドナルド・トランプ弾劾の可能性が高まった。ウクライナの選挙もまた大きな役割を果たし、弾劾の可能性が現実味を帯びた。

I’m announcing the House of Representatives moving forward with an official ( 4 ) inquiry. 「合衆国下院は弾劾への正式な審議に向けて動くことを宣言する」

Scam by the Democrats to try and win an election that they’re not going to win in 2020. 民主党員によるこの詐欺行為は、このままでは2020年の選挙で勝てないから、何とかしようとして行われているものだ。

The evidence of the president’s misconduct is overwhelming and uncontested.「大統領の不正行為の証拠は膨大で、それなのに議論の対象になっていない」

Whistle (    5   ) needs to come before Congress as the material witness because he worked for Joe Biden. 「告発者は重要参考人として議会に来るべきだ。彼はジョー・バイデンの下で働いていたのだから」

アメリカでは昨年も多くの人命が銃によって奪われました。しかし、世界にはEnough is enough と決断できる政治家もいました。若きニュージーランド首相のジャシンダ・アーダーンさんの言葉を聴いて、(  )の中を書き取ってください。

And while gun reform laws seem (     6    ) in some places. 銃規制に関する改革法案は、他の(アメリカ以外の)ところでは可能性があるようだ。

Within ten days of this horrific act of terrorism*, we will have announced reforms which will, I believe,  make our communities (    7     ). 「この恐ろしいテロ行為の10日以内に、我々のコミュニティをより安全にすると、私自身が信じている改革案を発表するつもりだ」

*ニュージーランド・クライストチャーチにあるモスクが襲撃され、50人が死亡し、多数の負傷者を出した2019年3月のテロ事件。

昨年は、TIME誌が選ぶ「今年の人」にもなった、グレタさんなど、若い世代の発言や行動力が目立った年でした。(  )の中を書き取ってください。

While the risks of climate change keep (    8    ) the next generation of leaders made the planet their (      9        ).  気候変動のリスクが高くなり続け、次世代のリーダーたちは、この惑星を優先事項とした。

Entire ecosystems are collapsing, we are in the beginning of a mass (      10      )  and all you can talk about is money.「生態系全体が崩壊しかかって、大量絶滅が始まっているというのに、話すことはお金のことだけだなんて!」

People are dying every day. 「人が毎日死んでいるんですよ」

2019年に話題になったことは、~地球温暖化、テロ行為と銃規制の問題、自国第一主義、貿易摩擦…etc~どれも2020年の私たちに大きく関係することです。今年も目を開き、耳を澄ませて世界のニュースを知り、賢い判断が出来るように、「YouTubeで学ぶ英語」を利用していただけたら幸いです。

<有料会員限定部分の小見出し>

■聴き取りの答えと解説

<関連リンク>
●TIME ホームページ⇒
https://time.com/
●TIME Faccebook ⇒
https://www.facebook.com/time
●TIME 雑誌ホームページ ⇒
https://time.com/magazine/
●TIME Twitter ⇒
https://twitter.com/TIME
●TIME  YouTubeチャンネル ⇒
https://www.youtube.com/channel/UC8Su5vZCXWRag13H53zWVwA

YouTubeで学ぶ英語: 関連記事:

⇒すべて見る

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主宰。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2020年10月掲載分
■ 2020年9月掲載分
■ 2020年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.