「会話劇だから…じゃなくて、雑食もどうぞ!」、『十二夜』青木豪インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

「会話劇だから…じゃなくて、雑食もどうぞ!」、『十二夜』青木豪インタビュー(上)

筆者: 達花和月 更新日: 2020年3月4日

 

【2020年3月27日、編集部追記】
大阪公演につきましては、新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴い、会場である近鉄アート館が、3月末まで行われるすべての公演を中止となり、劇場と一部日程を変更して実施されます。詳細は公式サイトをご確認ください。

 

青木豪さんの上演台本・演出によるシェイクスピア喜劇『十二夜』が、2020年3月20日(金・祝)から東京・本多劇場で、3月29日(日)から大阪・近鉄アート館で上演されます(当初は3月6日開幕予定でしたが新型コロナウイルスの影響で、3月6日(金)~3月19日(木)の公演は中止となりました)。出演は、ヴァイオラ役の前山剛久さん、オーシーノ役の新納慎也さん、オリヴィア役の納谷健さん、ほかのみなさん。“神社で人々が遊んでいる様子”をコンセプトに上演された2013年の初演でも上演台本・演出を担当した青木豪さんにインタビューしました。※このインタビューは開幕日変更が決まる前に実施したものです。

 

青木豪さん=撮影・NORI

青木豪さん=撮影・NORI

 

 

――キーヴィジュアルがとても面白いですね。皆さん上半身は普通に扮装写真、腰から下はトランクス姿(笑)。

 

そうそう。これは僕じゃなくてデザイナーと制作チームのアイディアなんですよ。新納慎也くんが「これ、下半分を折っておけば良かったのに」って。めくってトランクスが出てきたらより面白かったね、と(笑)。

 

――(笑)。2013年の初演との違いは、どういうところでしょうか。

 

とにかくキャスティングですね。2013年のときは「D-BOYS」を中心とした「D-BOYS STAGE」でやらせていただいていたんです。せっかく「ワタナベエンターテインメント」さんなので、僕から、もう絶対ミッキー・カーチスさんにお願いしたいって言って(笑)。『KAMIKAZE TAXI』(1995年)という映画に出演していたミッキーさんがすごい好きだったので、「一度、ご一緒できるものならば」と思って懇願して、ミッキーさんと坪倉由幸さん以外は「D-BOYS」の若い俳優でやりました。今回は、前山剛久くんと『お気に召すまま』(2016年)でご一緒したときの女性役が良かったのと、その後、『刀剣乱舞』(2018年・2019年)でブレイクしたという話を聞いたので、「いまだ、組むならば!」と思って(笑)。

 

ちょうど、劇団四季で『恋におちたシェイクスピア』(2018年)を演出させていただいて、あれは物語自体が『十二夜』で終わるのですが、『十二夜』は楽しかったし、ちょうど(渡辺)ミキさんと、「じゃあ、あれを前ちゃん(前山剛久さん)とやれないかな」と、最初は四方山話みたいな感じで始まったものが実現した感じです。初演のメンバーもとても良かったんですけど、前ちゃんが変わるわけだから、他もみんな全部変わった方が良いかな、と。坪倉さんは「D-BOYS」じゃないというのもあって続投なんですけど、まったく同じ再演というのもなかなか出来辛いし、今回は「Dステ」公演でもないので、それだったら前回とは違うものを、ということで、いま組んでみたい方々にお声掛けしました。

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、ヴァイオラ役の前山剛久さん、オーシーノ役の新納慎也さん、オリヴィア役の納谷健さんら出演者のほか、スタッフについて話してくださったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。3月5日(木)掲載予定のインタビュー「下」では、小学生時代にぬいぐるみ劇団の木馬座から、宝塚歌劇団、劇団四季などの作品を観るようになった青木豪さんの幼い日々から、男子校で演劇部に入っていた高校時代、2012年にイギリスに留学して感じた英国と日本の演劇をめぐる状況の違いなどについて語ってくださったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■ヴァイオラ役の前山くんと話しながら、どうやったらピュアな女性になっていくかなと

 

■オーシーノ役の新納さんは、自分を客観的に見て、笑えるところを制御しながらできる人

 

■オリヴィア役の納谷くんは身体能力が高くて、ワイヤーアクションのような芝居に

 

■西洋の芝居をやるときは笠松さんに音楽を頼みたいなと。松岡さんは本質をわかってくださった

 

 

<舞台『十二夜』>
【東京公演】2020年3月20日(金・祝)~22日(日) 本多劇場
(※新型コロナウイルスの影響で3月19日(木)までの公演は中止となりました)
【大阪公演】2020年3月29日(日)~31日(火) 近鉄アート館(中止)
(※会場日時変更)2020年3月29日(日)~30日(月)COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール
※開場は開演の45分前。
※3月30日(月)19:00に予定されていたアフターイベントは中止とさせていただきます。
※3月31日(火)13:00公演は中止とさせていただき、該当チケットはお振替対象チケットとなります。

公式サイト
https://12th-night.westage.jp/

 

<キャスト>
ヴァイオラ:前山剛久
オーシーノ:新納慎也
オリヴィア:納谷健
セバスチャン:三好大貴
マルヴォーリオ:坪倉由幸
フェステ:清水宏
アントーニオ:木場允視
フェイビアン:根本大介
船長/ヴァレンタイン:宮澤和之
マライア:阿南健治
サー・アンドルー・エイギュチーク:春海四方
サー・トービー・ベルチ:小林勝也
【楽隊】ギター:助川太郎、アコーディオン:佐藤芳明

 

<関連リンク>
青木豪オフィシャルサイト
http://www.gring.info/aoki.html
株式会社キューブ 青木豪
http://www.cubeinc.co.jp/members/prf/028.html

 

 

 

 

『十二夜』 関連記事:

⇒すべて見る

 

青木豪 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

※青木豪さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは4月4日(土)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

青木豪さん=撮影・NORI

青木豪さん=撮影・NORI

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2020年8月掲載分
■ 2020年7月掲載分
■ 2020年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.