「歌っている時に『中川さん』を感じる」、中川晃教・宮尾俊太郎対談(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

「歌っている時に『中川さん』を感じる」、中川晃教・宮尾俊太郎対談(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2020年4月10日

 

ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』に、主人公チェーザレ役で主演する中川晃教さんと、チェーザレの忠臣ミゲル役の宮尾俊太郎さんのインタビュー、後半です。幅広い世代が集まったこの作品でどのように各世代が動いているか、そしてその背景にあるものなどについて話してくださったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。(このインタビューは、2020年3月中旬に実施したものです)

 

※編集部注:この作品は2020年4月13日(月)から5月11日(月)まで明治座での上演が予定されていましたが、新型コロナウイルスの影響で、全ての公演を中止することが4月8日に発表されました。作品の製作委員会は「事態が収束し、皆様がお楽しみいただけるような環境が整いましたら、改めて本公演をお届けしたいと考えております」としています(公式ページより)。

 

中川晃教さん(左)と宮尾俊太郎さん(右)=撮影・岩村美佳

中川晃教さん(左)と宮尾俊太郎さん(右)=撮影・岩村美佳

 

 

――『チェーザレ 破壊の創造者』をこの座組みで明治座さんで、この規模で作られること自体にワクワクしているお客様もたくさんいらっしゃるかと思います。例えば、別所(哲也)さん、岡(幸二郎)さん、今(拓哉)さんが歌い始めただけで、うわっとなったりする。そのあたりはいかがお考えですか?

 

宮尾:僕は岡さんしかご一緒したことがなくて。今まで共演された方はいますか?

 

中川:僕も岡さん、今さん、藤岡(正明)氏しかいなくて、別所さんをはじめ他の皆さんは初めてですね。岡さんとは何やったの?

 

宮尾:『ロミオ&ジュリエット』です。当時僕は歌ってはいませんが。

 

中川:踊りでしたね。

 

宮尾:今回のキャスト、ミュージカル好きなお客さまから見たら…逆にどうなんですか?

 

――例えば、往年の『レ・ミゼラブル』ファンでしたら、バルジャン役の別所さん、ジャベール役の岡さんと今さん、お三方が揃ってるだけでワクワクすると思います。

 

中川:実は僕もそういうの疎くて。ただ、今の質問を聞いて、ぼんやりと想像したのは、別所さんとは今回初めてですが、別所さんが舞台上に出てきて歌っただけで、「おっ!」ってなるじゃないですか。その後に岡さんが出てきて、若い子たちの群像劇みたいなのが始まって、ミゲルとか僕たちがいて、次の瞬間に、今さんがまたふっと出てくる。今、確固たる実力と名声があって、しかもミュージカル界の中で、オリジナルミュージカルを作るとなった時に、その船に「いいよ」と手を挙げてちゃんと乗ってくれる、そういう人たちが集まっているのを、舞台が開いた時に自分がもし客席にいたら、「これは何がこれから始まるんだ?」と、ワクワクドキドキみたいなのはやっぱりすごくありますよね。僕はその中にいる人間なのに、今の質問で、ちょっと想像しただけで、ハッとするところがありました。別々に稽古していたりしますし、別所さんが出てくると、僕なんかはまだピリッとしたりします。そういう夢の座組ではあるのかもしれません。

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、幅広い世代が集まったこの作品でどのように各世代が動いているか、そしてその背景にあるものなどについて話してくださったインタビューの後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■宮尾:ふらふらしない先輩、個性の強い36・7歳世代、「おりゃー!」って模索する世代

 

■中川:宮尾さんはすごく人を大切にする、根本的にそういう性格の方なんだろうな

 

■中川:バランス取れてるなぁ、と。いい感じのスペイン団が、空気を出してくれてます

 

■宮尾:バレエダンサーは寿命が早い。第2の人生が始まる時に、死んだ時を想像する

 

■宮尾:中川さんが歌っている時や表現している時に、初めて「中川さん」をバンッと感じる

 

■中川:いい環境を明治座さんに与えていただいている。それをお客さまに観ていただきたい

 

 

<ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』>
【東京公演】2020年4月13日(月)~5月11日(月) 明治座 (この公演は中止になりました)
公式サイト
https://www.cesare-stage.com
公式ツイッター
https://twitter.com/cesare_stage

 

<関連リンク>
中川晃教オフィシャルサイト
http://www.akinori.info/
中川晃教オフィシャルTwitter
https://twitter.com/nakagawa1982aki
宮尾俊太郎|メンバー情報|K-BALLETCOMPANY
http://www.k-ballet.co.jp/members/miyao_shuntaro.html
宮尾俊太郎オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/shuntaro-miyao/
宮尾俊太郎Twitter
https://twitter.com/shuntaromiyao

 

 

 

 

『チェーザレ 破壊の創造者』 関連記事:

⇒すべて見る

 

中川晃教 関連記事:

⇒すべて見る

 

宮尾俊太郎 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

※中川晃教さん&宮尾俊太郎さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは5月10日(日)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

中川晃教さん(右)と宮尾俊太郎さん(左)=撮影・岩村美佳

中川晃教さん(右)と宮尾俊太郎さん(左)=撮影・岩村美佳

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. けい より:

    まさに「芸は人なり」と思わせて頂ける奥深いインタビュー、ありがとうございました。お二人ともしっかりした人生哲学をお持ちだからこそ素晴らしいパフォーマンスで魅了して下さるのだと思います。お二人を始め多彩なキャストの皆様がディスカッションを重ねて一から作り上げてこられた「チェーザレ 破壊の創造者」がこのような事態になってしまったことは残念で仕方ないですが、中止ではなく延期と捉えて、明治座で幕が開いてルネッサンス時代の若者達のキラキラした青春ドラマに胸躍らせる日を楽しみに待ちたいと思います。

  2. のこ より:

    素敵なインタビューを残してくださって、ありがとうございます。
    上下の記事共に、中川さんと宮尾さんの思いを、深いところまで伺えて嬉しかったです。
    いつの日かこの公演を拝見することができるよう、祈っております!

  3. いなっち より:

    インタビュー記事を読めば読むほど、観劇したかったなあと深く感じました。世の中が落ち着いて、上演が決まりましたら、またチケットを買って出かけたいと思います。払い戻しのお金は、そのときのためにとっておきます。

  4. Weeber より:

    作品が「深い」が故に悩みつつのお稽古の様子が伝わってきて(松田さん鈴木さん対談記事からも)、そこから生まれるものを「見たい!」という気持ちが更に強くなりました。
    改めてこの作品が明治座さんで拝見できる日を待ちます。
    「チェーザレ上演への熱」が記事の形で残ることが嬉しいです。有難うございます。

  5. アキコ より:

    上下とも読み応えのあるステキなインタビューをありがとうございました!
    中川さんと宮尾さんのお互いに刺激を与え合う関係性が、チェーザレとミゲルを彷彿とさせます。多くを語らずとも、同じ方向を見て感じているような。そしてカンパニーの熱量も想像通りで魅力的です。ここから生まれるチェーザレを本当に楽しみにしていました。
    今回の中止措置はとても残念ですが、ご英断だと思います。正直ホッとしました。環境が整った時に改めてこの素晴らしいカンパニーでチェーザレを上演してくださる事を信じて待ちたいと思います!

  6. イエティ より:

    読み応えのある記事でした!
    読んでいてオリジナルミュージカル・チェーザレの世界を観たくてたまらなくなりました!!今回は叶いませんでしたが、いつか必ず魅せて頂けると楽しみにしています!

  7. P より:

    すてきなインタビューをありがとうございました。
    読めば読むほど「ああ観たかった…」という思いでいっぱいになってしまいます。
    いつか必ず上演されることを切に切に望みます。

  8. リナ より:

    (下)の更新ありがとうございます!
    やばい藤岡さんと横山さん、見たかった……
    いい感じのスペイン団、見たかった……
    宮尾さんはよく話を聞くタイプ、中川さんは意外に突き放すタイプなのですね。
    宮尾さんのバレエダンサーについてのお話も、中川さんのミュージカル論も深くて、読みごたえ抜群でした。
    いつかチェーザレが上演される時も、それ以外でもお二人の共演が見たくなりました!
    ありがとうございました。


最近の記事

■ 2020年6月掲載分
■ 2020年5月掲載分
■ 2020年4月掲載分
■ 2020年3月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.