「面白いふたりが来た」、『ミス・サイゴン』駒田一&伊礼彼方&東山義久鼎談(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

「面白いふたりが来た」、『ミス・サイゴン』駒田一&伊礼彼方&東山義久鼎談(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2020年5月18日

 

ミュージカル『ミス・サイゴン』でエンジニア役を演じる、駒田一さん、伊礼彼方さん、東山義久さんの鼎談をお届けします。エンジニア役を演じるのは3回目の駒田さん、今回が初めてとなる伊礼さん、東山さんに、エンジニア役の魅力や、なぜ演じたいと思ったかについてなどを伺いました。(このインタビューは、『ミス・サイゴン』全公演の中止が決まる前の製作発表時に実施したものです)

 

※編集部注:ブロードウェイ・ミュージカル『ミス・サイゴン』は、新型コロナウイルス感染症拡大にかかわる政府及び各地方自治体の方針等を踏まえて、各地ツアー公演を含めて全公演を中止とすることが、2020年4月8日に発表されました。

 

駒田一さん(中)、伊礼彼方さん(右)、東山義久さん(左)=撮影・岩村美佳

駒田一さん(中)、伊礼彼方さん(右)、東山義久さん(左)=撮影・岩村美佳

 

 

――エンジニア役の魅力について伺わせてください。なぜこの役を演じたいと思いましたか? 駒田さんは3度目になりますね。

 

駒田:劇団フォーリーズの時から『キャバレー』でいうとMCのような、狂言回し的な役をやらせてもらうことが非常に多く、僕自身も好きで、そういう役をいつも狙っていたんです。つまり、お客様との会話ができる、お客様に直接投げかけることができる役が非常に好きで、その究極がエンジニアだと実は思っているんです。そういいながら、器用な狂言回しではなく、「僕ってこうなんだよ」という人間の泥臭い瞬間を、あえて格好をつけながらも、人間の色みたいなもの、匂いが出てくる役がエンジニア。さらには、舞台上でキレたり大きな声を出したりするって、すごく面白いじゃないですか(笑)。

 

――なるほど(笑)。

 

駒田:だって役者って、何でもできるんですよ? 殺人者になることもできますし、お姉さんになることもできますし、盗みもできちゃう。エンジニアは、アメリカに行きたいということは実現しなかったり、本当に人間として面白い、泥臭い。生き延びるために嘘をついてでも人を傷つけてでも、自分だけは生き延びていこうという、その信念は本当に強いものがあるから、それを自分のなかに当てはめた時に、面白いなと思ったんです。とにかくやりたい役でしたね。

 

伊礼:僕も、もともとそういう役が好きで、遡ると『エリザベート』をやっている時に一番魅力に感じたのはルキーニ役で、いつかこれをやりたいなと思っていました。まだ叶っていませんが、まだまだチャンスはあるのかな。いまだにやりたい役ではあるのですが。

 

駒田:本当に良い役だからね。

 

伊礼:これまで、僕はそういう役は全然やっていませんでしたが、昨年『ジャージー・ボーイズ』でトミー役を演じました。物語が4つの季節の構成になっていて、その最初の「春」を、狂言回し的に舞台を立ち上げ、コントロールすることを味わいました。プレッシャーで責任ある役どころではありましたが、場をコントロールする、立ち上げることは、非常に楽しいなと思えたんですよね。一さんと重複しますが、その最たるものがこの『ミス・サイゴン』のエンジニアなんじゃないかなと思っていて、一度チャレンジしたい思いがどんどん強まっていきました。『ジャージー・ボーイズ』を経験してから、その思いが強くなったんです。でも演じるのに適した年齢もありますし、役の経験がなければできないところがあるので…。

 

駒田:そうね、年齢ってあるよね。

 

伊礼:はい。だから、いつかはやりたいと思っていた役のひとつではあるのですが、この年齢で叶ったことは非常に光栄ですし、嬉しいです。

 

東山:僕は『ミス・サイゴン』を観たことはあるのですが、自分が演じると思って観ていなかったという意味では、ちゃんとした印象が明確に残っていなかったんです。ある時のコンサートで、『アメリカン・ドリーム』を歌ってみたらと勧められて挑戦したら、自分に合っている合っていないではなく、すごくパフォーマンスをしやすかったんです。そのコンサートのなかでは、『アメリカン・ドリーム』をそのままの形で披露したわけではないのですが、勉強のために市村(正親)さんや、一さんが歌ってらっしゃる映像など、いろいろと見せていただいていたら、海外のバージョンでは、スキンヘッドで芝居をしている方がいたり、すごくいろんなタイプのものが出てきたんです。僕は役に対する欲が、今まで本当にないんですよ。「この作品に携わってみたい」ということはあるのですが、あんまり欲はないほうで、来た役を一生懸命やる。そして、次にその作品を再演する時、僕と一緒の役の人と飲みたいと思うんです。彼方と一緒に、謝(珠栄)先生の『眠れぬ雪獅子』というオリジナル作品をやったのですが、本当に大変だったんです。次に再演があったら、同じ役をやっていたみんなで飲みに行きたいねというくらい。オリジナル作品は、ゼロから作れるという、最高に面白いことができるじゃないですか。そういう意味では、『ミス・サイゴン』のように、ずっと上演されている作品の役を演じたいという欲は、これまであまりありませんでした。でも、このエンジニアだけはすごく違って、やはり観れば観るほど、欲というか、「僕がやったらどうなるんだろう。すごく面白いな」と思ったんです。

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、どういう状況でエンジニア役に決まったと知ったのかと、その時の気持ち、市村正親さんと駒田さん伊礼さん東山さんの4人でエンジニアを演じることについてなどについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。5月19日(火)掲載予定のインタビュー「下」では、『ミス・サイゴン』の歌の特徴や、オーディションや歌稽古の様子、最後にひと言ずつ話していただいたメッセージなど、インタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■東山:本当にエンジニアという役ができれば、どこでも通用するのではないかと思います

 

■駒田:なんかね、合う、良いと思う。面白いふたりが来たので、面白くなるだろうねって

 

■駒田:ひとりでやりたいのが極論。でもいろんな状況があるなかで、組む楽しさを見つけていく

 

■伊礼:4人だと、自分の回数が減るということじゃなくて、稽古を積めないまま出るのが怖い

 

■伊礼:必死ですよ、すでに始めていますが。歌稽古1回。一応、全部とりました。2日に分けて

 

■東山:体に金のタイツをはいている時に発表(笑)。僕より仲間がびっくりしていた

 

 

<ミュージカル『ミス・サイゴン』>
【プレビュー公演】2020年5月19日(火)~5月22日(金) 帝国劇場(中止)
【東京公演】2020年5月23日(土)~6月28日(日) 帝国劇場(中止)
【北海道公演】2020年7月3日(金)~7月6日(月) 札幌文化芸術劇場 hitaru(中止)
【長野公演】2020年7月10日(金)~7月12日(日) まつもと市民芸術館(中止)
【大阪公演】2020年7月16日(木)~7月19日(日) 梅田芸術劇場メインホール(中止)
【静岡公演】2020年7月25日(土)~7月27日(月) アクトシティ浜松 大ホール(中止)
【富山公演】2020年7月31日(金)~8月2日(日) オーバード・ホール(中止)
【愛知公演】2020年8月13日(木)~8月16日(日) 愛知県芸術劇場 大ホール(中止)
【福岡公演】2020年8月20日(木)~8月30日(日) 博多座(中止)
【埼玉公演】2020年9月4日(金)~9月6日(日) ウェスタ川越 大ホール(中止)
公式サイト
https://www.tohostage.com/miss_saigon/

 

<関連リンク>
駒田一オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/hajipyon/
伊礼彼方オフィシャルウェブサイト
https://ireikanata.com/
伊礼彼方オフィシャル instagram
https://www.instagram.com/irei_kanata/
伊礼彼方 Twitter
https://twitter.com/irei_kanata
KANATA LTD.伊礼彼方 Twitter
https://twitter.com/kl_official_
東山義久オフィシャルサイト-DD park
http://www.higashiyama.gr.jp/yoshihisa/
東山義久 instagram
https://www.instagram.com/yoshihisa_higashiyama/
DIAMOND DOGS-DIAMOND DOGS オフィシャルサイト
https://diamonddog-s.com/
DIAMOND DOGS オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/diamonddog-s/

 

 

 

 

『ミス・サイゴン』 関連記事:

⇒すべて見る

 

駒田一 関連記事:

⇒すべて見る

 

伊礼彼方 関連記事:

⇒すべて見る

 

東山義久 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

※駒田一さんと伊礼彼方さんと東山義久さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは6月18日(木)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

駒田一さん(中)、伊礼彼方さん(右)、東山義久さん(左)=撮影・岩村美佳

駒田一さん(中)、伊礼彼方さん(右)、東山義久さん(左)=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. 鳥子 より:

    読みながら、今頃は帝劇に通っていたはずなのに…と思っていました。
    仕方のないことですが、とても残念です。
    四者四様のエンジニアを観れる日が来ることを祈っています。

  2. いととも より:

    公演が中止になってしまった事は仕方ないとは思いつつも、呆然としてしまいました。

    私自身、初サイゴンで彼方エンジニアを楽しみにしていたのですが、必ず観られる未来がある事を信じています。

  3. よーこ より:

    4人のエンジニアを観る予定でいました。それぞれの個性あるエンジニアをとても楽しみにしていました。
    次回、必ず4人が舞台に立たれることを願っています。
    そして、楽しい記事をありがとうございました。

  4. うつつ より:

    市村さん、駒田さんはもちろん、新エンジニアの個性溢れるお二人のご活躍を楽しみにしていました。公演中止はとても残念ですが、御三方の笑い声が聞こえてくるようなインタビュー記事を読んで未来への活力にしたいと思います。

    掲載ありがとうございました。後編も楽しみにしています。

  5. れもん より:

    公演中止となってしまったのは残念ですが、
    こうして記事にして発表くださってありがとうございました。
    そのときの気持ちを知ることが出来ました。

    次もあります!
    その日を楽しみにしてます。

  6. ゆうかママ より:

    今回は残念でしたが、いつか必ず東山さんのエンジニアが観れることを信じてます。

  7. はるき より:

    駒田さんもですが、伊礼さん、東山さんのようないろいろな経歴をもった方がエンジニアに選ばれて、「新しい『ミス・サイゴン』になるだろう!!」ととても楽しみにしていました。
    今期は上演されず残念でなりません。
    また上演されることが決まった時には、この方々のエンジニアが観れることを願ってます。

  8. あんこ より:

    公演中止になってしまったにも関わらず、公開していただきありがとうございました。拝読できてとても嬉しかったです。また観劇できる日を楽しみにしています。


最近の記事

■ 2020年6月掲載分
■ 2020年5月掲載分
■ 2020年4月掲載分
■ 2020年3月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.