YouTubeで学ぶ英語:(66)不法滞在であってもCOVID-19の検査は受けられるべき | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

YouTubeで学ぶ英語:(66)不法滞在であってもCOVID-19の検査は受けられるべき

筆者: 松中みどり 更新日: 2020年3月28日

今日の動画で話をしている女性はCoalition for Humane Immigrant Rights(移民の人権を守る団体)の事務局長アンジェリカさんです。不法入国、もしくは在留資格がない人であっても、新型コロナウイルスの検査や治療を安心して受けられるべきだというお話です。

YouTubeのWhy undocumented immigrants should have access to COVID-19 testing Democracy Now!チャンネルより

YouTubeのWhy undocumented immigrants should have access to COVID-19 testing Democracy Now!チャンネルより

トランプ大統領の政策は、不法滞在の外国人が医療機関を訪れた場合には国外退去させるといった内容があり、今回の緊急事態においても、COVID-19の検査を受けることを躊躇したり、治療を受けられないのではないかと心配している人たちがいます。しかし、人道的な意味でも、すべての人の健康を守るためにも、それではいけないとアンジェリカさんは語ります。最初の部分を聴いて、(  )の中を書き取ってください。

There is ( 1 ) reason that any person going for testing should actually be (   2    )that immigration will somehow come in (        3        ) with them.  (新型コロナウイルスの)検査に来る人たちが、入管に見つかってしまうのではないかという恐れを抱く理由は全くない。

では次に、アンジェリカさんが話す「私たちの健康は、相互依存の関係にある」という部分を聴いて、(  )の中を書き取ってください。

I want to let listeners understand that across this country,(  4  ), undocumented (  4  ), don’t have the same access to the resources ( 5 ) to others. So this is a moment in which we say, because we are all (   6   ), where we all actually are dependent on other people’s health for our own health, we need to make sure that (  4  ) have access to all the same level of care. 皆さんにまず理解していただきたいことがあります。この国では、移民、特に滞在許可証を持たない移民の人たちは、他の人のようには医療資源を利用することが出来ないということです。今こそ、移民の人たちが皆と同じレベルの医療を受けられるようにしなければなりません。私たちは持ちつ持たれつ、他の人が健康でなければ私たちも健康ではいられないという依存関係にあるのですから。

動画の後半、アンジェリカさんは言います。「今回の緊急事態で仕事を失い、大変な目にあっているのは同じでも、そのことで不法移民の人たちは何の支援も受けられない。彼らは、私たちの国を支えている人たちなのに、見捨てていいわけがない」と。人道的な彼女の力強い言葉を聴いて、(  )の中を書き取ってください。

The last thing I also want to say with this is that immigrants are also the ones that are being( 7 ) off all over this country, who are losing their jobs, and they don’t have access to (   8  ) benefits, either. So, whether it’s access to care or access to just some level of economic support, they’re completely (  9  ) out. And I want to tell America, we are part of this country. Immigrants are part of this country. We are the ones who have taken care of your children, of your ( 10 ), who are putting food on your table right now. And just do not forget us, and make sure that immigrants are included in this moment of great ( 11  ) for the rest of our -for our entire country. 最後に申し上げたいことは、移民の人たちもまた、国中で解雇されているということ。仕事を失った彼らは、失業手当を受けることは出来ません。つまり彼らは、医療的なケアも、経済的なサポートも、完全に対象外なのです。私はアメリカに暮らす全ての人に言いたい。私たちはみんな、この国の一部であります。移民も同じ、この国の一部。移民は、みなさんの子どもたちの世話をしています。お年寄りの介護を担っています。今この瞬間にも、みなさんの食卓に食べ物を並べているのが移民なのです。忘れないでください。国全体を覆っているこの大きな危機に、移民の人たちは、どうしようもなく巻き込まれているのです。

アンジェリカさんは、1986年に設立されたThe Coalition for Humane Immigrant Rights (CHIRLA)という団体の事務局長です。彼女の話を聴いていると、思い起こされるのは日本の入国管理局のこと。在留資格のない外国人が長期に収容されている入管で、人権侵害に抗議するためのハンストが繰り返しおこなわれています。今回のコロナウイルスの影響はどうなのだろうと、大変気にかかります。誰の命であっても、かけがえのないもの。人道的な見地からも十分で、平等な対策が取られることを望みます。

<有料会員限定部分の小見出し>

■聴き取りの答えと解説

■Democracy Now !のCOVID-19に関するもう一つの動画

<関連リンク>

●The Coalition for Humane Immigrant Rights (CHIRLA) ホームページ
⇒ https://www.chirla.org/

●Democracy Now !  ホームページ
https://www.democracynow.org/

●Democracy Now ! Youtubeページ
⇒ https://www.youtube.com/user/democracynow/featured

●nCoV2019.live ホームページ
⇒ https://ncov2019.live/

YouTubeで学ぶ英語: 関連記事:

⇒すべて見る

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主宰。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2020年10月掲載分
■ 2020年9月掲載分
■ 2020年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.