YouTubeで学ぶ英語:(73)ジミー・ファロン 20年前の差別的な言動を真摯に謝罪 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

YouTubeで学ぶ英語:(73)ジミー・ファロン 20年前の差別的な言動を真摯に謝罪

筆者: 松中みどり 更新日: 2020年7月11日

芸能人の“不倫”、大騒ぎになって番組降板となる日本。アメリカでは、不倫だの浮気だので芸能界を追われることはないようです。しかし、差別的言動は別。致命的な傷となって番組が打ち切りになったりします。今回は、20年前の過ちを真摯に謝った大物司会者ジミー・ファロンの動画を取り上げます。

YouTubeのJimmy Addresses Past Mistakes and Speaks to NAACP President Derrick Johnson The Tonight Show Starring Jimmy Fallon チャンネルより

YouTubeのJimmy Addresses Past Mistakes and Speaks to NAACP President Derrick Johnson The Tonight Show Starring Jimmy Fallon チャンネルより

それは20年前のこと。コメディアンとして人気バラエティー番組『サタデー・ナイト・ライブ』にレギュラー出演していたJimmy Fallon ジミー・ファロンさんは、顔を黒く塗って、黒人コメディアンChris Rock クリス・ロックさんの物真似を披露しました。その動画が最近ネット上で話題になり、Black Lives Matter 運動の盛り上がりの中で、「ジミーは謝罪すべき」、「ジミー・ファロンは終わり」といった声が拡散されていったという経緯がありました。

新型コロナウイルスの影響で自宅から放送中の自分の名前を冠した番組 “The Tonight Show Starring Jimmy Fallon ジミー・ファロンのトゥナイトショー”の冒頭、ジミーさんの語りの前半部分を聴いて、(  )の中を書き取ってください。1番から6番までは各ひとつの単語、7番は6つの単語からできている文章が入ります。

Welcome to “The Tonight Show.” Seeing what is going on in our country, I’m not going to have a normal show tonight. I’m going to have a different kind of show. I’m going to start this personally and then expand out because that’s where we all need to start  with ourselves and looking at ourselves in the ( 1 ). And I had to really examine myself –really examine myself in the ( 1 ) this week because a story came out about me on “SNL” doing an impression of Chris Rock in (  2  ). “トゥナイトショー”へようこそ。この国で何が起きているのかを見て、今夜は普通のショーではなく、違う種類の番組をやろうと思っています。まず個人的なことから始め、それから話を広げていきたいのです。自分自身から、鏡の中の自分を見つめることから始める必要があるからです。私は今週、鏡の中の自分をじっくり吟味しなければなりませんでした。なぜなら、私が『SNL:サタデーナイトライブ』で黒塗りをしてクリス・ロックの物真似をしていたことが話題になったからです。

And I was horrified. Not of the fact that people were trying to cancel me or cancel the show, which is scary enough. But the thing that ( 3 ) me the most was, How do I say, “I love this person? I respect this guy more than I respect most humans. I’m not a ( 4 ). I don’t feel this way.” ゾッとしました。私が降板させられるとか、番組が打ち切りになるかもしれないからではなく、もちろんそれも十分に恐ろしいことですが、最も悩ましかったのは、どうやってこのことを伝えられるかということ。「僕は彼(クリス・ロック)を愛してるんだ、誰よりも尊敬しているんだ、僕は差別主義者じゃない。こんな風に思っていない」ということをどう表したらいいのかということでした。

And instead, what I kept getting advised was to just stay ( 5 ) and to not say anything, and that’s the advice, because we’re all afraid. And I took it for a minute. I took the advice, and thought, “God, I’m going to do this wrong. You’re right. I’m going to say something and get myself into even more trouble. I’m going to make this ( 6 ). I don’t know what to do.” 逆に、ずっとアドバイスされていたのは、何も言わずに静かにしているのがいいということでした。それは、皆が恐れをいだいているから出てきたアドバイスです。私はそのアドバイスを受け止めました。そして思ったのです。「そうだ、僕は間違いをやらかしそうだ。君たちの方が正しい。僕は間違ったことを言って、さらにトラブルに巻き込まれ、事態を悪化させるだろう。どうしたらいいか分からない」と。

So I thought about it, and I realized that I can’t not say I’m horrified and I’m sorry and I’m embarrassed. And what that small gesture did for me was break my own silence. And what then I started to do was talk to some experts, some of which are here tonight and this week, and I realized that the silence is the biggest crime that white guys like me and the rest of us are doing. Staying silent. We need to say something. (       7       ). And we need to stop saying, “That’s not okay,” more than just one day on Twitter. そして、考えました。そして気が付いたんです。ゾッとした気持ちや申し訳ない気持ち、恥ずかしいと思っている気持ちを、言わないわけにはいかないということに。私は沈黙を破ることにしました。専門家に話をすることから始めました。専門家の何人かは今夜、番組で話をしてくれます。そうする中で、私のような白人がやっている最大の罪は、黙っていることだと分かったのです。沈黙を続けることこそ、罪です。私たちは何を言わなければならないんです。そして、言い続ける必要があるんです。Twitterで1日だけ「これは良くないことだ」とつぶやくだけで終わるなんてことを止めなければならないんです。

ふだんの軽妙なおしゃべりを封印し、真摯に語るジミーさん。冒頭の語りの後半部分を聴いて、(  )の中を書き取ってください。8番と9番は各ひとつの単語、10番は6つの単語からできている文章が入ります。

I realize I needed to get (  8  ) about how to stop the silence and the fear of saying the wrong thing by not being silent and stepping out and stepping up. But I need to be — We all need to be talking about this. And I spoke to someone incredible and brilliant who I think can help us all out a little bit here in this incredibly sensitive and in-our-face subject that we need to deal with. 私は、沈黙を破る方法や、間違ったことを言ってしまうのではないかという恐れを払拭するやり方を学ぶ必要がありました。黙るのではなく、参加し、向上することです。しかし、まず私は、いえ私たち皆は、話し合う必要があります。私は大変すばらしい人と話をしました。信じられないほど微妙で、私たち全員にかかわりのあるこの問題を取り扱うときに、私たちを助けてくれる人です。

We cannot try to ( 9 ) this again. It’s not going to get buried. It’s not going away. We can’t just hope that everyone loves each other. We can’t say, “Be the change,” and just sit around tweeting, “Be the change, be the change.” What is the change? How do I change? How do I do it? What do I do? Can I wear a T-shirt? Is there a color? Is there a sign? Is there a way to do this? I don’t know. もう二度とこの問題を葬り去るような真似はできません。この件は、埋もれることも、消えてなくなることもないのです。皆が互いに愛し合うことを願うだけではダメなんです。「変化を起こそう」と言うだけでは、Twitterで「変化を起こそう」とつぶやくだけではダメ。どうしたら良いんでしょう。何をしたらいいんでしょうか。Tシャツを着る?着るべき色は?プラカードを出す?何かいい方法ある?分からないですよね。

So let’s start talking with some people about this and try to get proactive and activated in this love, in this change cycle. So let’s figure out how we’re going to get along with each other. Let’s figure out how we’re going to stop this senseless violence that erupts and disrupts the entire country and now the world. The world is screaming, and it is angry, and we all need to figure out a way to take the anger, which, of course, is just sadness and fear, and do something with it and try to actually dig this up. This is such a long root in the ground. It is so long and deep, but we got to get in there, and we have to dig it up. I don’t know how else to do it. I’m clearly not an expert. I’m clearly a late-night talk show host, (      10       ). So let’s go. Let’s reform. Let’s talk. Let’s do it. だから、このことについて話し合いましょう。この愛と変化のサイクルの中で、積極的に関りを持っていきましょう。どうしたら仲良くやっていけるのかを考えましょう。この無意味な暴力を止めるにはどうしたらいいか考えるんです。暴力はこの国で、また世界で吹き荒れ、混乱を引き起こしています。世界は悲鳴を上げ、怒りを感じています。どうやったらその怒りを受け止められるのかを考える必要があります。怒りは、もちろん悲しみと恐れです。地中にあるとても長い根っこをなんとか掘り起こしていかなければ。とても長くて深いけれど、なんとかそこに降りていって掘り起こさなければならないと思うのです。もう他にどうしたらいいかわかりません。私はもちろん専門家ではありません。私は深夜のトークショーの司会者です。もうすでにやらかしてしまった人間です。だから、さあ、やってみましょう。改革をおこすんです。話をしましょう。今こそ。

これまでも、顔を黒く塗って黒人の真似をする“ブラックフェイス”は批判されてきました。最近のBlack Lives Matter の盛り上がりによって、20年前のジミー・ファロンの動画までも、SNSで拡散される事態になったわけです。冒頭にも書きましたが、差別的な言動は芸能人にとって致命的なアメリカ。批判を無視して番組を下ろされたり、仕事がなくなったりした人がかなりいるようです。しかし今回、ジミーさんはこの真剣な謝罪に続いて、多くの黒人指導者や黒人の友人を番組に読んで熱心に話を続け、その姿勢が高く評価されました。有料部分では、この後出演した全米黒人地位向上協会( NAACP)代表のデリック・ジョンソン氏の発言を解説しています。どうぞご利用ください。

<有料会員限定部分の小見出し>

聴き取りの答えと解説

■全米黒人地位向上協会( NAACP)代表のデリック・ジョンソン氏の発言

<関連リンク>

●The Tonight Show Starring Jimmy Fallon Facebookページ

https://www.facebook.com/FallonTonight

●The Tonight Show Starring Jimmy Fallon Twitterページ

https://twitter.com/FallonTonight

●The Tonight Show Starring Jimmy Fallon YouTubeチャンネルページ

https://www.youtube.com/channel/UC8-Th83bH_thdKZDJCrn88g

YouTubeで学ぶ英語: 関連記事:

⇒すべて見る

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主宰。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2020年10月掲載分
■ 2020年9月掲載分
■ 2020年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.