「アリスには『世の中を変えてやる!』ではない強さが」、水夏希インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

「アリスには『世の中を変えてやる!』ではない強さが」、水夏希インタビュー(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2020年10月13日

2020年10月15日(木)から11月1日(日)に博品館劇場で上演されるミュージカル『アルジャーノンに花束を』に、アリス・キリアン役で出演する水夏希さんのインタビュー、後半です。水さんが演じるアリスという女性についてのほか、コロナによる自粛期間からこれまでについて、2020年11月に出演するタンゴの公演などについても伺いました。

水夏希さん=撮影・岩村美佳
水夏希さん=撮影・岩村美佳

――水さんから見て、アリスという女性は、どんな人物に見えていますか? 性格だったり、生き方などいかがでしょうか?

台詞にもありますが、弱い人間なんだなと思います。誰でもそうですが、自分の信念があって研究してきたけれど、そこに失敗も成功もあり、頭で考えることに気持ちがついていかない。頭で気持ちをぐっと動かすことや、気持ちに頭が引っ張られてしまうところ。そういうところが、とても人間らしいなと思います。意志が強くて研究を続けている研究者ですが、そうではない部分もあって、人間らしい人だなと思います。

――アリスは、その研究生活のなかで、オンオフの切り替えができるという感じではない状況ですよね。そういうところは演じていていかがですか?

宝塚のときがまさにそうだったんですよね。なのですごくやりにくい、みたいなことはないですね。ただ、オギちゃんと作品をやる時に言われるのが、「革命を起こすような人じゃなくしてね」と(笑)。今回はまだ言われてませんけど。やっぱり「意志が強い」みたいになると、どうしても革命系になってしまうので(笑)。「そうじゃない強さもあるじゃない?」という話で。

――自ら動かしそうなエネルギーではなくて?

「世の中を変えてやる!」ではない強さだということは、すごく思いますよね。みんながたくさんやっている研究ではなくて、国をあげて秘密裏に行われる、脳科学の人体実験になるじゃないですか。そういうところに関わっているという自負もあり……。そこを続けていく強さもあるけれども、だからと言って、ニーマンやストラウスみたいに「学会でこれを発表してやる!」みたいな、そういう研究者としてのモチベーションじゃないというか……。そこが、若干私と違うのかな、という気はします。私だったら、研究発表のためと思ってしまうかもしれないから。これは人類の進歩には必要な実験です!みたいになってしまうかも(笑)。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、水夏希さんがコロナによる自粛期間からこれまでをどのように過ごしてきたかや、2020年11月に出演するタンゴの公演などについても伺ったインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

<有料会員限定部分の小見出し>

(自粛期間中は)スペイン語の勉強を。今は仕事がスタートしたからストップしています(笑)

■タンゴはふたり。「振り覚えられる」とひとりで踊っているうちは、タンゴにならない

■タンゴやシャンソンは、経年による深みが顕著に表れるジャンル。続けていきたい

■『アルジャーノンに花束を』、スルーしていることにフォーカスするきっかけになれば

<ミュージカル『アルジャーノンに花束を』>
【東京公演】2020年10月15日(木)~11月1日(日) 博品館劇場
公式サイト
https://music-g-h.com/stage/algernon/

<関連リンク>
水夏希オフィシャルサイト 
http://aqua2013.co.jp
水夏希オフィシャルFC AQUA STAFFのブログ
https://ameblo.jp/aquastaff2013/
水夏希オフィシャルFC AQUA Twitter 
https://twitter.com/aquastaff2013

<『Gran Tang 2020』>
【東京公演】2020年11月22日(日)~11月24日(火) イイノホール (地下鉄霞が関駅直結)
http://aqua2013.co.jp/schedule/stage/gran-tang-2020/
https://almamusica.jp/#info20200829

『アルジャーノンに花束を』 関連記事:

⇒すべて見る

水夏希 関連記事:

⇒すべて見る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Todos del Tango -タンゴのすべて- (CD)
価格:3300円(税込、送料別) (2020/10/5時点)


※水夏希さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは11月12日(木)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

水夏希さん=撮影・岩村美佳
水夏希さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. はっち より:

    ストレスで鬱屈としているような時でも、プラスに考えて前を向いていける水さん、さすがです!
    11月のタンゴ公演も楽しみです。
    水さんのお芝居はもちろんですが、水さんのダンスが大好きなので、ダンス続けてほしいです。
    アルジャーノンに花束を楽しみにしています。

  2. ちゅーた より:

    舞台やタンゴへの情熱溢れる、とても貴重なお話、ありがとうございました。
    11月の公演、楽しみにしております!


最近の記事

■ 2020年10月掲載分
■ 2020年9月掲載分
■ 2020年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.