激動の時代を生きた女性の40年、大竹しのぶの醍醐味あふれる舞台『女の一生』 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

激動の時代を生きた女性の40年、大竹しのぶの醍醐味あふれる舞台『女の一生』

筆者: 達花和月 更新日: 2020年11月21日

森本薫さんが戦前「文学座」に書き下ろして1945年4月から上演され続けてきた舞台『女の一生』が、段田安則さんの演出で、2020年11月2日から11月26日まで新橋演舞場で上演中です。杉村春子さんが947回にわたって演じ、平淑恵さんや山本郁子さんが演じてきた主人公の布引けいを、大竹しのぶさんが演じます。そのほか、高橋克実、段田安則、宮澤エマ、多岐川華子、服部容子、森本健介、林翔太、銀粉蝶、風間杜夫のみなさんが出演しています。大竹さんは、少女時代の快活なけいを高めの声でテンポ良く表現し、結婚後は声を低く大人の女性へと変化させ、代わりに少女時代の明るさを消し去り、けいを取り巻く状況の変化をも巧みに表現します。大竹さんが少年役を演じたミュージカル『にんじん』や、女盛りから腰の曲がった高齢女性までを演じた舞台『三婆』を拝見した時にも感じたように、年齢や境遇の変化を自然かつ鮮明に表現される大竹さんならではの醍醐味あふれる舞台でした。

『女の一生』ゲネプロより=撮影・達花和月
『女の一生』ゲネプロより=撮影・達花和月

時代は終戦直後の1945年、木枯らしが吹き渡る夜。辺り一面焼け野原の廃墟に座っていた壮年の婦人(大竹しのぶさん)の元に、彼女と同じ世代と思しき紳士(高橋克実さん)が道をたずねるシーンから始まります。低い声音で、どこかぶっきらぼうな口調の婦人に対し、年齢に比して若さを感じる快活な口調の紳士、ふたり暫く当たり障りのない会話を交わしたあと、紳士が暇乞いをして立ち去りかけた刹那。去り際に婦人が口ずさんだ歌をきっかけに、お互いをかつて一緒に暮らしていた、布引けいと、提栄二と認めて久々の邂逅、というところで場面転換のための幕が下り、再び幕が上がると、舞台は二人が出会った40年前に一気に遡り、そこから4年後、10年後、13年後、17年後、そして40年後と、明治・大正・昭和の激動の世相を織り込んだ、けいの半生が綴られていきます。

舞台『女の一生』の作者、森本薫さんについて書かれたウィキペディアによると、「初演は空襲の間隙を縫うように渋谷東横映画劇場で上演され、戦後の1946年に初演台本のプロローグとエピローグを病床の森本が戦後版へ改訂し、森本が没した翌月に再演された」とのことで、初演が戦前の作品ではあるものの戦後のシーンから始まる構成で上演されています。

旅順陥落を祝う、提灯行列の賑やかな声が響く1905年正月。清国との商いで財を成した堤家は、夫に先立たれ一家の主となったしず(銀粉蝶さん)を、義弟の章介(風間杜夫さん)が支えて家業を守っていました。しずの誕生日を祝う一家団らんの場面、彼女は詰襟の学生服姿の息子たちに囲まれ、長男の伸太郎(段田安則さん)から肖像画を、次男の栄二から貝細工の飾りがほどこされた赤い櫛をそれぞれ贈られたあと、次女のふみ(宮澤エマさん)の歌を聴こうと、家族と奥の部屋に入ります。

『女の一生』ゲネプロより=撮影・達花和月
『女の一生』ゲネプロより=撮影・達花和月

誰も居なくなった庭続きの部屋に、やがて開いていた木戸を通り、下げ髪に三尺帯の少女、布引けいが上がり込みます。無人の部屋の卓上に、栄二が母に贈った櫛が置かれているのを見つけ、出来心で手に取り、そのまま髪に挿してみたところを、戻ってきた栄二に見つかり、「泥棒」と大騒ぎになります。盗もうとしたわけじゃないと、まくし立てるように自分の境遇を語るけい。彼女は戦災孤児で、身を寄せていたおばからひどい仕打ちを受け続けた挙句に見捨てられ、帰るところがありませんでした。寄る辺ない身の上、そして自らと同じ、今日が誕生日だと語るけいを哀れんだしずは、使用人として彼女を拾い上げます。

『女の一生』ゲネプロより=撮影・達花和月
『女の一生』ゲネプロより=撮影・達花和月

※アイデアニュース有料会員限定部分には、ゲネプロルポの後半を掲載しています。

<有料会員限定部分の小見出し>

■芽生えはじめた恋慕、次男・栄二役の高橋と心が浮き立つように

■自らの恋心を切り捨て、伸太郎の妻となることを受け入れ…

■彼女の覚悟と生き様を見据える叔父・章介、風間が熟練の演技で

■けいと伸太郎、夫婦のつかの間の温かみを大竹・段田が細やかに

<『女の一生』>
【東京公演】2020年11月2日(月)~11月26日(木) 新橋演舞場
公式サイト
https://www.shochiku.co.jp/play/schedules/detail/enbujyo_20201031/
激動の時代を生きた女性の40年

『女の一生』 関連記事:

⇒すべて見る

大竹しのぶ 関連記事:

⇒すべて見る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SHINOBU avec PIAF [ 大竹しのぶ ]
価格:3054円(税込、送料無料) (2020/11/19時点)


全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2020年11月掲載分
■ 2020年10月掲載分
■ 2020年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.