「雪に後ろから声はかけない」、『ゆびさきと恋々』前山剛久インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「雪に後ろから声はかけない」、『ゆびさきと恋々』前山剛久インタビュー(上)

筆者: 村岡侑紀 更新日: 2021年6月3日

2021年6月4日(金)から6月13日(日)まで本多劇場で上演され、6月12日(土)にはライブ配信も実施されるミュージカル、A New Musical『ゆびさきと恋々』に出演する前山剛久さんにインタビューしました。インタビューは上下に分けて2日連続で掲載し、「上」では、この作品で前山さんが演じる逸臣(いつおみ)と自身の比較や、作品を通して伝えたいこと、2.5次元舞台のステージで培ってこられた表現力や役づくり、稽古着へのこだわりなどについて話してくださった内容を紹介します。「下」では、前山さん自身の大学生時代のことや、「30歳までに帝国劇場に出る」という目標を2021年8月5日開幕のミュージカル『王家の紋章』で達成されること、 これからの抱負などについて伺った内容を紹介します。

前山剛久さん=撮影・NORI
前山剛久さん=撮影・NORI

ーーご自身と逸臣には、似ている部分はありますか。

あまり似ていないなと思います。例えば、僕も海外旅行は好きですが、仲のいい友達と楽しくという感じで、それに対して逸臣はバックパッカーなんです。それに、彼は海外でも田舎の方に行って現地の子どもたちと触れ合ってという感じで、そういうトライって自分はできていなかったから、すごく尊敬できる存在です。だから、演じていてすごく楽しいです。それと、彼は本当にクール。そこも違うなと思います。

ーー前山さんはクールではないんですか?

クールぶることはありますが、逸臣ほどクールではないです。あと。僕はけっこう人見知りなんですよ。だから、逸臣にはびっくりしちゃうところもあります。雪に会った瞬間に、いきなり頭ポンポンってするとか。

ーードキッとしますよね。

リアルだと、なかなかできないですよね(笑)。逸臣は海外の生活が長い人だからということもあるんでしょうけど、クールだけど情熱的っていうのが彼の魅力だと思います。そういう面が自分にもあるといいなあと、演じながら思っています。

ーー前山さんにポンポンされたら、みんな嬉しいと思いますよ(笑)。

本当ですか。ありがとうございます。違うからこそ演じられると思う一方で、演じているうちに、自分自身と逸臣のキャラクターが混ざり合ってくるような感覚もあります。

ーーご自身の要素が役に入っていくような感じですか?

逸臣が言ってるのか、僕が言ってるのかわからなくなる感覚になることがあります。稽古が進むにつれて「逸臣はクールだ」ってこともあまり意識しすぎないようになりました。純粋に感じたままで喋るようになってきましたね。最初は、漫画のイメージをまずは守って、クールにクールにと思っていたんですけれど、そうすると「逸臣って何考えているのかわかんない」という状態で芝居が進行しちゃうようで。だから稽古中にちょっと感情を出すことを意識しています。役と自分を混ぜ合わせていこうかなと。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、2.5次元舞台のステージで磨かれた表現力や、手話の魅力、稽古着へのこだわりなどについて話してくださったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。6月4日(金)掲載予定のインタビュー「下」では、小さい頃にカラオケで褒められて歌が好きになったエピソードや、前山さん自身の大学生時代のこと、「30歳までに帝国劇場に出る」という目標を2021年8月5日開幕のミュージカル『王家の紋章』で達成されること、 これからの抱負などについて伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■3次元の自分に寄りすぎず、2次元の漫画になり過ぎず、「真ん中」を目指す

■聾者の雪には、後ろから声をかけられない。そこは役者として燃えている部分

■手話を使えば、物理的な距離が離れていても気持ちを伝えられると気づいた

■役が決まったら、まず「その役っぽい服」を買います。稽古の服も役に合わせて

<A New Musical『ゆびさきと恋々』>
【東京公演】2021年6月4日(金)~6月13日(日) 本多劇場
公式サイト
https://yubisakimusical.westage.jp/
チケット 8,800円(全席指定・税込)
聴覚障がいのあるお客様を対象とした「タブレット型字幕ガイド付きチケット」ネット予約
https://l-tike.com/yubisaki-guide

<A New Musical『ゆびさきと恋々』ライブ配信>
配信日時:2021年6月12日(土) 18:00開始 ※アーカイブ配信あり
視聴券購入URL:
https://w.pia.jp/t/yubisakimusical/
販売期間:2021年5月15日(土)10:00~6月18日(金)21:00
料金:3,500円(税込)
配信サイト:PIA LIVE STREAM

<関連リンク>
前山剛久オフィシャルサイト
https://www.watanabepro.co.jp/mypage/10000043/
前山剛久オフィシャルTwitter
https://twitter.com/maechan_we_taka
前山剛久 Instagram
https://www.instagram.com/maechan_we_taka/
前山剛久 オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/takahisa-maeyama-we/
俳優集団D-BOYS オフィシャルサイト
https://www.d-boys.com

『ゆびさきと恋々』 関連記事:

⇒すべて見る

前山剛久 関連記事:

⇒すべて見る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

舞台「十二夜」 [ 前山剛久 ]
価格:7400円(税込、送料無料) (2021/5/28時点)


※前山剛久さんの写真1カットを、有料会員1名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは7月3日(土)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

前山剛久さん=撮影・NORI
前山剛久さん=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>村岡侑紀(むらおか・ゆき) ライター 広告制作会社に入社し、コピーライターとしてキャリアをスタート。その後、化粧品メーカーのマーケティング担当として多くのブランドを育成。現在は、ベンチャー企業で広報を担当している。さまざまなフィールドに立ってきたが、共通するのは「誰かや何かの魅力を伝える」こと。趣味は、舞台鑑賞や美術館巡り。作品はもちろん、そこに携わる方々の魅力を伝えたいという思いで、ライターに。 ⇒村岡侑紀さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. さくさく より:

    前山さんのインタビュー記事ありがとうございます!
    ゆびさきと恋々を観劇前に拝読しておりましたが、改めて読み返して、原作では見られなかった逸臣像を客席で体感したなと感じると共に、有言実行されてる前山さんが本当にかっこいいなと感じました。
    舞台を観やすくする為に、共演者と試行錯誤しながら様々な工夫をされていたことを知り、それは観劇する側にとって凄く有難いことだなと感謝の気持ちで一杯です。
    稽古着やその作品期間の私服のお話は、何度か耳にしたことがありましたが、素材や形までの細かい部分までは耳にする機会が少なかったので、お話を伺えて嬉しかったです!

最近の記事

■ 2021年9月掲載分
■ 2021年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.