「切なさと希望」、『クララ-愛の物語-』渡部玄一・佐賀龍彦・渡辺大輔鼎談(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「切なさと希望」、『クララ-愛の物語-』渡部玄一・佐賀龍彦・渡辺大輔鼎談(上)

筆者: 村岡侑紀 更新日: 2021年7月13日

ストーリー・コンサート『クララ-愛の物語-』が、彩の国さいたま芸術劇場音楽ホールで2021年7月14日(水)と7月15日(木)に上演されます。2018年に長野県上田市で初演、2019年に東京でクララ生誕200周年を記念して再演されたこの作品の作・演出を担当する読売日本交響楽団のチェリスト・渡部玄一さんと、クララを愛するシューマンとブラームスの2役をWキャストで演じる佐賀龍彦さん(LE VELVETS)と渡辺大輔さんの3人にインタビューしました。2日連続で掲載し、インタビュー(上)では、本格的なクラシック演奏と朗読で構成されたコンサートの魅力、作品が生まれた背景などについて話していただいた内容を紹介します。(下)では、朗読劇に取り組む思い、前回に引き続きクララを演じられる水夏希さんのこと、シューマンやブラームスなどについて伺った内容を紹介します。

佐賀龍彦さん(左)と渡辺大輔さん(右)=撮影・NORI
佐賀龍彦さん(左)と渡辺大輔さん(右)=撮影・NORI

ーー佐賀さんと渡辺さんは、それぞれ別のチームでシューマンとブラームスの2役を演じられるわけですが、稽古はご一緒ですか?

渡部:稽古はチームごとに分けています。先日、水さんと佐賀さんのBチームの稽古が終わったところで、これから伊波さんと渡辺さんのAチームです。だから、この3人で顔を合わせるのは初めてだよね。

佐賀:はい。僕は2回稽古させていただいたところです。

渡辺:僕は、台本は読んでいるのですが、稽古はこれからなんです。まさかの稽古前の取材で(笑)。

ーーでは、まずは、ストーリー・コンサート『クララ愛の物語』が生まれたきっかけを教えてください。

渡部:チェロ留学から帰国して仕事を探していたときに、病院で演奏をして欲しいというお話をいただいたんです。音楽がお好きなお医者さんで、患者さんにぜひクラシック音楽をと。喜んで行かせていただいてピアニストと一緒に演奏したものの、反応が芳しくなかったんです。シーンとしてしまって。この雰囲気ではダメだと思いまして、即興で曲にまつわるエピソードをちょっとお話してみたんですよ。そして、その後に演奏すると反応がまるで変わったんです。ノリがよくなって。本来、演奏家が舞台で話すのは、クラシックの世界では邪道とされていたのですが、これはすごく大事なことだと思いました。

ーー曲にまつわるエピソードを伺うのは、たしかに楽しいです。

渡部:高嶋ちさ子さんも、そういう形式のコンサートをされていますよね。彼女の舞台に僕が出たこともありますし、僕も独自に「語り」を入れるコンサート活動を続けていたんです。最初は自分で語りを担当していたのですが、話の部分をよりしっかりと作り上げた構成にして、プロの俳優さんと一緒に届けた方がいいんじゃないかと思うようになって、より舞台演劇的な要素を加えて生まれたのがこの『クララ愛の物語』です。

ーー佐賀さんと渡辺さんは、このストーリー・コンサートという形式の朗読劇に、どのような印象を持たれていますか。

佐賀:僕が所属しているLE VELVETSというヴォーカルグループも、クラシックをカバーしているんです。お客様に曲の内容や背景を理解していただきたいと渡部さんがおっしゃっていたのとまさに同じ考え方で、僕たちのコンサートでもMCを入れています。同じような思いをきっかけに生まれた作品に携わらせていただけて嬉しいです。

渡辺:僕は、すごく難しそうな作品をいただいたなと思いました。芸術家であり、作曲家であるという人たちの物語ですし、ましてやシューマンとブラームスの2役です。稽古に入ったら、渡部さんに伺いたいことがいっぱいあります。ミュージカルでもいつも感じるのですが、演者だけで表現できない部分は、音楽や照明などに助けられているんです。今回、僕は朗読のみなので、演者としての表現はミュージカルに比べると限られてくると思いますが、素晴らしい音楽の力で、表現をパワーアップして、お客さまにお届けしたいです。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、作品の印象や、朗読と音楽が融合することの魅力について、ブラームスの曲にまつわるエピソードなど、インタビュー前半の全文と写真を掲載しています。7月14日(水)掲載予定のインタビュー「下」では、朗読劇に取り組まれるにあたっての思い、前回に引き続きクララを演じられる水夏希さんのこと、シューマンやブラームスの人物像や音楽の特徴についてなどの、インタビュー後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■佐賀:朗読と音楽とでは「感じる心の動きの角度」が違うと思うので、多角的になる

■渡辺:僕たちは「目」で追われる存在。お客さまを引き込んで音にバトンタッチしたい

■渡辺:儚くて切ない物語。でも、希望も感じたんです。恋が本物の愛に変わっていく

■渡部:シューマンの手紙を引用して「この曲はクララのために」というエピソードも

<ストーリー・コンサート『クララ-愛の物語-』>
【埼玉公演】2021年7月14日(水)~7月15日(木) 彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール
公式サイト
http://www.tokyo-eg.com/index.php

<関連リンク>
渡部玄一 オフィシャルサイト
https://tokyo-eg.wixsite.com/genichi-watanabe
渡部玄一 facebook
https://www.facebook.com/genichi.watanabe
渡部玄一コラム 「音の運んでくるもの」
http://www.tokyo-eg.com/modules/column/
LE VELVETS オフィシャルサイト
https://www.le-velvets.com
佐賀龍彦 オフィシャルTwitter
https://twitter.com/V_T_Saga
LE VELVETS オフィシャルTwitter
https://twitter.com/Le_Velvets/
LE VELVETS YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC177smUWHIKdpnuVyEDWoCA
渡辺大輔 オフィシャルサイト
https://www.bmi-inc.jp/artist/
渡辺大輔 オフィシャルtwitter
https://twitter.com/Daisuke_W1106
渡辺大輔 オフィシャルブログ
https://lineblog.me/watanabe_daisuke/
渡辺大輔 オフィシャルファンクラブ
https://watanabedaisuke.net/

『クララ-愛の物語-』 関連記事:

⇒すべて見る

渡部玄一 関連記事:

⇒すべて見る

佐賀龍彦 関連記事:

⇒すべて見る

渡辺大輔 関連記事:

⇒すべて見る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 LE VELVETS / WORLD MUSICAL 【CD】
価格:3313円(税込、送料無料) (2021/7/4時点)


※佐賀龍彦さんと渡辺大輔さんのサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは8月13日(金)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

渡部玄一さん(中央)と佐賀龍彦さん(左)と渡辺大輔さん(右)=撮影・NORI
渡部玄一さん(中央)と佐賀龍彦さん(左)と渡辺大輔さん(右)=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>村岡侑紀(むらおか・ゆき) ライター 広告制作会社に入社し、コピーライターとしてキャリアをスタート。その後、化粧品メーカーのマーケティング担当として多くのブランドを育成。現在は、ベンチャー企業で広報を担当している。さまざまなフィールドに立ってきたが、共通するのは「誰かや何かの魅力を伝える」こと。趣味は、舞台鑑賞や美術館巡り。作品はもちろん、そこに携わる方々の魅力を伝えたいという思いで、ライターに。 ⇒村岡侑紀さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. Tann! より:

     以前、宝塚版の三人の物語「翼ある人々」を、Twitter上で教えて貰いしっとりした感動を覚えました。今回のストーリー・コンサートはあの”三人の愛の物語”と、そこから紡ぎ出される音楽を、じっくりと堪能できるのに
    …このコロナ禍でなければ遠征しております。
     (渡辺大輔さんも是非朝夏まなとさんがヨハネスを演じておられる「翼ある人々」を御覧になってください。)

  2. かるがも母さん より:

    今回は開催日時の関係上観に行く事は叶いませんでしたが、お二人のお話を読んで「少し雰囲気が分かって嬉しい」と言う気持ちと「行けなくて悔しい」と言う気持ちがせめぎ合っています(笑)

  3. ボックちゃん より:

    渡辺大輔さんの 役の背景を考え抜いて作り込まれた演技と 表現力にいつも感動します。
    今回もとても楽しみです。

  4. かか より:

    渡辺大輔さんは稽古前から読み込んで作り込まれてるんだなと凄いなと思いました。

最近の記事

■ 2021年7月掲載分
■ 2021年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
ボールペン 「ミャンマーへ送る春の花」Facebookページより
¥0(税込)
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.