「クラシック音楽を作った心の力を」、渡部玄一・佐賀龍彦・渡辺大輔鼎談(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「クラシック音楽を作った心の力を」、渡部玄一・佐賀龍彦・渡辺大輔鼎談(下)

筆者: 村岡侑紀 更新日: 2021年7月14日

2021年7月14日(水)と7月15日(木)に、彩の国さいたま芸術劇場音楽ホールで上演されるストーリー・コンサート『クララ-愛の物語-』の作・演出を手掛けられた渡部玄一さんと、シューマンとブラームスの2役をWキャストで演じる佐賀龍彦さん(LE VELVETS)と渡辺大輔さんの3人のインタビュー、後編です。朗読劇に取り組まれるにあたっての思い、前回に引き続きクララを演じられる水夏希さんのこと、シューマンやブラームスの人物像や音楽の特徴について伺いました。

佐賀龍彦さん(左)と渡辺大輔さん(右)=撮影・NORI
佐賀龍彦さん(左)と渡辺大輔さん(右)=撮影・NORI

ーー朗読劇については、いかがですか。

渡辺:僕は一度、このストーリー・コンサートと同じようなシチュエーションの作品に出させていただいたことがあります。お能で和の世界、音楽は雅楽が流れていました。袴を身に付けていたこともあるかもしれませんが、和の世界ならではの独特の緊張感がありました。今回、その時のことを思い出しています。

佐賀:僕は朗読劇への出演は初めてで、ミュージカルも朗読もどちらも経験されている方に「どうしたらいいですかね」と聞いてみました。ともすれば、「本と自分」の世界になってしまうんじゃないかと気になったんです。でも、基本的には芝居と一緒だよって言っていただけたので、気が楽になりました。動きの制約はあるけれども、芝居をするときと同じように、シューマンならシューマンとして、その場にいればいいんだと。

渡部:シューマンとブラームス。二役は大変ですよね。

佐賀:同じ幕の中で、シューマンからブラームスに切り替わるシーンがあるのですが、そこがすごく難しくて。稽古でいただいたアドバイスを踏まえながら自分で作っているところなんですけれども、なかなか。

渡辺:演じ分けの指示は、演出家の方によって全く違うと感じています。僕がこれまでに経験したパターンだと、完璧に演じ分けてとか、色をつけるのはお客さまだから淡々と演じて、とか。役者に任せるということもありました。

ーー色々なパターンがあるのですね。

渡辺:渡部さんと佐賀さんのお話を伺って、今回はこういう感じなのかなと想像できたので、家に帰ったら整理して稽古の日に備えようと思います。音楽の世界観を理解して、その力を借りながら次のシーンに活かしたいなと感じました。お客さまには詳しくは明かさないような音楽の背景なども、演じる側にとってはパワーになると思うんです。そういう背景があるからここは熱を入れてお客さまを誘導したいな、とか。音楽の力が強そうなので、早く合わせたいです。

ーーAチームでクララ役を演じる伊波杏樹さんとは?

渡辺:伊波さんとは以前ミュージカルで共演したことがあるので、今回もコミュニケーションは取りやすそうだと思っています。

ーーBチームのクララ役は、2019年の再演にも出演した水夏希さんですよね。

渡部:水さんはクララにとても詳しいですよ。クララという人物のことがお好きで、興味を持っていらっしゃるからかもしれません。僕も何冊も本を読んでいますが、忘れていることもあるんです。この前も、水さんとクララの子どもの数が7人だったか8人だったかという話をしていたら、「8人です」って即答してくださって。よく調べられていますし、とても勉強家の方です。この『クララ-愛の物語-』の台本づくりにも、初演のときからご提案をいただいているんです。せっかくクララのこういうエピソードがあるのであれば、それがわかるようなセリフにするのはどうでしょう?とかですね。

渡辺:僕は以前、朗読劇で水さんの相手役をさせていただいたことがありました。そのときも、すごくいろいろ調べられていました。水さんに寄り添って行けば間違いないなと感じました。

佐賀:僕も「しっかりと寄り添って行きたい」と思います。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、前回に引き続きクララを演じられる水夏希さんのこと、シューマンやブラームスの人物像や音楽の特徴についてなど、インタビュー後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■佐賀:水さんとご一緒することで、クララは柔らかいだけではなく芯があるのだと

■渡辺:ノンフィクションは、調べながら想像することができるのが面白いです

■佐賀:音大入試のピアノ課題曲がシューマン。自分で歌詞をつけて覚えました

■渡部:クラシック音楽を作り上げた、彼らの「心の力」を感じていただけたら

<ストーリー・コンサート『クララ-愛の物語-』>
【埼玉公演】2021年7月14日(水)~7月15日(木) 彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール
公式サイト
http://www.tokyo-eg.com/index.php

<関連リンク>
渡部玄一 オフィシャルサイト
https://tokyo-eg.wixsite.com/genichi-watanabe
渡部玄一 facebook
https://www.facebook.com/genichi.watanabe
渡部玄一コラム 「音の運んでくるもの」
http://www.tokyo-eg.com/modules/column/
LE VELVETS オフィシャルサイト
https://www.le-velvets.com
佐賀龍彦 オフィシャルTwitter
https://twitter.com/V_T_Saga
LE VELVETS オフィシャルTwitter
https://twitter.com/Le_Velvets/
LE VELVETS YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC177smUWHIKdpnuVyEDWoCA
渡辺大輔 オフィシャルサイト
https://www.bmi-inc.jp/artist/
渡辺大輔 オフィシャルtwitter
https://twitter.com/Daisuke_W1106
渡辺大輔 オフィシャルブログ
https://lineblog.me/watanabe_daisuke/
渡辺大輔 オフィシャルファンクラブ
https://watanabedaisuke.net/

『クララ-愛の物語-』 関連記事:

⇒すべて見る

渡部玄一 関連記事:

⇒すべて見る

佐賀龍彦 関連記事:

⇒すべて見る

渡辺大輔 関連記事:

⇒すべて見る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

La scene Daisuke Watanabe Stage Photobook [ 渡辺大輔 ]
価格:4400円(税込、送料無料) (2021/7/4時点)


※佐賀龍彦さんと渡辺大輔さんのサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは8月13日(金)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

佐賀龍彦さん(左)と渡辺大輔さん(右)=撮影・NORI
佐賀龍彦さん(左)と渡辺大輔さん(右)=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>村岡侑紀(むらおか・ゆき) ライター 広告制作会社に入社し、コピーライターとしてキャリアをスタート。その後、化粧品メーカーのマーケティング担当として多くのブランドを育成。現在は、ベンチャー企業で広報を担当している。さまざまなフィールドに立ってきたが、共通するのは「誰かや何かの魅力を伝える」こと。趣味は、舞台鑑賞や美術館巡り。作品はもちろん、そこに携わる方々の魅力を伝えたいという思いで、ライターに。 ⇒村岡侑紀さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. うさ より:

    今まで音楽家や曲の背景についてあまり知らずにクラシック聴いていました。今回、朗読劇のストーリー付きでそれぞれにかかわる曲を聴くというのがとても新鮮だったのと、朗読で景色が見えて、演奏・歌声も素晴らしくて、とても素敵な公演でした。
    今後クラシックを聴くときには背景も見ながら聴いてみたいと思いました。
    ここで渡辺さん佐賀さんの役に対する想いやいろいろなお話も聴けて楽しかったです。
    素敵な対談記事をありがとうございました。

  2. りんりん より:

    渡辺さんの役作りが奥深く、念入りに下調べされていることが知れて、興味深い記事でした。
    7月14日に拝見しましたが、渡辺さんと伊波さんの息ピッタリの朗読、クラシック音楽と歌の融合が素晴らしかったです。
    お二人共、声のトーンや話し方のテンポを年齢により変化されていたので、それぞれの人物像や情景が想像できました。
    贅沢なひとときを過ごすことができ幸せな時間になりました。

  3. シトラス より:

    本日マチソワを拝見しました。
    上は昨日読ませていただいて、下は、観劇後に読ませていただきました。
    渡辺さんが、いつも、凄く下調べをしてその人バックグラウンドを考えながら、演じられるので、今回も期待していました。
    ここにも話題に出ていますが、シューマン、ブラームス共に真面目です。
    そして、ブラームスがクララを支える行動はなかなか出来る事ではありませんね。
    なんというか、見ていて、渡辺さんに似ている部分があると思いました。自分にも厳しい所は、特にです。
    後、ブラームスが交響曲第一番に、20年の歳月をかけたのが納得しました。
    久しぶりに、ブラームス聞きます。
    そして、今回の朗読劇は、お能にも似ていると友達と話をしていました。
    耳と頭を働かせ、素敵な音と声に癒されました。
    楽しかったです。

  4. ゆう より:

    今日、これからマチソワしてきます。予めこのようなインタビューを拝見できるとまた、見方が変わってより楽しめると思います。ありがとうこざいました。渡辺さんは稽古前だったとのことで、上演後の感想も伺いたいと思いました。

最近の記事

■ 2021年10月掲載分
■ 2021年9月掲載分
■ 2021年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.